ECモールデータ活用法 | 楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、各ECモールにおけるデータ活用法 | デジタルコマース注目TOPIX presented

ECモールデータ活用法,楽天市場,Yahoo!ショッピング,Amazon,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

「コマース」領域を事業の大きな柱の1つとし、クライアントのデジタルマーケティングを支援している電通デジタルが、国内でEC事業の売り上げを拡大する上では欠かせない販売チャネルとなっている「日本3大ECモール」について、それぞれの特徴、活用ポイントをお伝えします。



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


日本3大 ECモールデータ活用法 選手権

ECモールデータ活用法,楽天市場,Yahoo!ショッピング,Amazon,

楽天市場のデータ活用ポイント

店舗全体または商品別の売り上げ、アクセス人数(ユーザー数)、転換率(コンバージョン率)といったECにおける重要指標を確認できます。

▶︎ 自店が所属しているジャンルでの「売上」や「アクセス人数」「転換率」「客単価」などの平均値が比較可能。改善目標にしやすいKPIを掲げることが容易になります。

▶︎ メールマガジン「R-Mail」の開封率や、メルマガ経由での転換率などのデータや、メルマガのヒートマップ分析も可能。

▶︎ 楽天IDで統合された消費行動分析データによる、ファネルの可視化の実現し、「誰に何をどのような内容で売れたのか」というインサイトを具体化することができる。

Yahoo!ショッピング&PayPayモールのデータ活用ポイント

Yahoo!ショッピング内で使える顧客管理システムで、モール内で指定のPRオプション広告を指定の料率で設定することで利用できます。

▶︎ 顧客管理システム「STORE’s R∞」の数値データを基に、リピート施策や休眠顧客の掘り起こしが可能に。

▶︎ 同ツールはダッシュボードで、前日のストア客数や売上状況を確認。年齢や性別などの基本属性に加え、居住地域、Yahoo!プレミアム会員割合、購入額などの購買データにより、どんなユーザーに利用されているかを明確化。

▶︎ 把握された利用ユーザー像を対象に、ディスカウントクーポンを配信するなどの再訪促進の実行。

Amazonのデータ活用ポイント

Amazonでも、店舗の売上傾向や数値を把握することができるダッシュボードを確認できますが、重要な指標ほどAmazon独自の指標だったりするので、まずは用語を理解することから始まります。

▶︎ 商品ページでカート獲得ができている場合の表示率を示す「カートボックス獲得率」。広告を出していても、同商品を別出品社にカートを奪われたりするので、売れ筋商品の担当者ほど胃が痛くなる仕様です。

▶︎ 購入率/CVRをなぜか「ユニットセッション率」と申します。数値が低い商品は、商品ページ内容を見直しが必要です。大方必要とされる情報が不足しているケースが多いですが、レビュー数が多い商品は例外も。

▶︎ 広告経由売上に対する広告コストの割合を示すのがACOS/エーコスです。数値が低い方が優秀ですが、商品自体のポテンシャルに左右されるように、他メディアなど露出度や認知の高い商品の数値は低くなる傾向にありますが、認知の高さとカートボックス獲得率は反作用するので、商品そのもののROASは低下する可能性も。

モールだからこそ目を向けるべきは相対評価

モールである以上、基本的な条件や環境は同一もしくは同質であるワケで、同じジャンルの競合先や、同じ商品を扱う卸先や並行品取扱店など、「良いモノを扱っているから売れる」などの常識だけが正義という真っ当な世界ではありませんから、競合先との相対的な比較と目標設定こそがモール運用に欠かせないでデータ活用術なのです。
ついでにいうと、取扱契約を無視した卸先や商品価値を押し下げるだけの販売店を見つけ出すのも、モールデータ活用の利点だったりします。

情報源: 楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、各ECモールにおけるデータ活用法 | デジタルコマース注目TOPIX presented

GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA