GoogleShopping,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングトレンド

GoogleShopping 全面刷新で広告強化よりもモール化が進んでしまう | BCラボ ブランドEC研究所

「売り買いの場」が変化劇的プレイヤーシフトなECにおいて、小売広告の優先権はAmazonやソーシャルに細分化してしまいました。覇権を取り戻すべく刷新された GoogleShopping ですが、広告よりも別の支配権を目論んだような気がしてなりません。


“Selling and buying places” change In the dramatic player shift of EC, retail advertising priority has been subdivided into Amazon and social. GoogleShopping has been revamped to regain hegemony, but it doesn’t feel like you’re looking for another dominion over advertising.



Google(グーグル)は「Googleショッピング(グーグルショッピング)」を刷新し、「Google Express(グーグルエクスプレス)配送サービス」の一部と統合しました。また、「Showcase Shopping Ads(ショーケースショッピング広告)」のリーチを拡大するとともに、ブランドは費用を支払って、他の小売事業者のグーグルショッピングキャンペーン内で、自社製品を宣伝できるようになります。


GoogleShopping 新機軸

・グーグルエクスプレス配送サービスと一部統合
・グーグルディスカバーにて広告枠を大量新設
・他社ショッピング枠に、自社商品の宣伝を可能に

日本に関しては、「即日配送サービス」のエクスプレスは関係ありませんし、その存在自体がバスることもなかったグーグルフィードの名前変えサービスに露出枠が増えたところで、広告意義が高まるとも思えません。

検索結果自体に、量よりも質が問われている状況で広告枠を増やせないのはGoogleのジレンマですが、YouTubeなどのメジャーサービスも含めて「露出枠の拡大」に努める分、気合いが入っていると思われます。

Googel検索自体が小売業者に限定されてものではないでのすが、こと小売広告市場においては、Amazonやfacebook、Instagramに広告費を奪われている状況を見過ごすことはできませんから、「Amazon広告パクリ」と言われるようが、涼しい顔して大義名分を唱える次第です。

「人々がGoogleで商品を見たり探したりしていれば、その場でそのまま買えるようにする」のがGoogleShoppingのサービスというワケです。

Instagramもチェックアウト機能導入時に、同じようなこと言ってましたね。


As for Japan, the same day delivery service express has nothing to do with it, and I don’t think the significance of advertising will increase as the number of exposure slots increases for Google Feed’s name change service, which itself did not take a bus.

It is Google’s dilemma that the search results themselves can not increase the advertising space in the situation where the quality is more important than the amount, but I am motivated by the effort to “ expand the exposure frame ” including major services such as YouTube Seems to be

Googel search itself is not limited to retailers, but in the retail advertising market, you can not overlook the situation where Amazon, Facebook and Instagram are depriving advertising expenses, so “ Amazon Advertising , But with a cool face and reciting the cause.

“If people are looking at or searching for products on Google, they can buy them on the spot” is the Google Shopping service.

Instagram also said the same when the checkout function was introduced.



便利なのか余計なお世話なのか

これらの機能や連携は、広告そのものの強化というよりは、事業価値へのコミットが強く感じられます。店に呼び込む力よりも、商品を売る店そのものになるんだと、その集合体であると。

探すことが前提のショッピングモールですし、デジタルスクリーンという平面上での見た目に、Amazonとの事業区分を曖昧にさせています。

「売れる場所」という評価こそが、事業価値と拡大素地であるならば、画像を載せただけのインスタグラムが進むべき先に、ショッピングレジが設置されているのは、極めて自然な成り行きなのでしょう。

見つけた・欲しい・買う・届くが最短で実現できれば、小売業者にも消費者にも有益であり、グーグルが検索という事業で積み重ねたナレッジを基にしているという言い分も頷けます。

その最短ルートで見つけて購買決意しレジに並んだところへ、GoogleShopping広告機能は、「いやいやお客さん、手に取った商品より、もっと安くてイイものありまっせ」と、宣伝プラカードをチラつかせて囁いてくるのです。

これを邪魔と言わないのであれば、衝動買いはこの世から消滅してゆくのでしょう。


These functions and coordination seem to have a strong commitment to business value rather than strengthening the advertising itself. It is a collection of products that sells products rather than the ability to attract them.

It is a shopping mall that is supposed to be searched for, and it makes the business division with Amazon vague when viewed on a plane called a digital screen.

If the evaluation of “sellable place” is the business value and expansion base, it would be quite natural for a shopping register to be set up where Instagram with only images should go.

If you can find, want, buy, and deliver in the shortest possible time, it will be beneficial to both retailers and consumers, and it can be said that Google is based on the knowledge accumulated in the search business.

In the place where it was found on the shortest route and decided to buy and lined up at the cash register, the Google Shopping advertising function flickered an advertising placard saying, “ No, no customer, there is something better than the product you picked up ” Let me whisper.

If you do not disturb this, impulse buying will disappear from this world.


BCラボ ソリューションラインナップ






AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. クレカ情報漏えい事故,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    クレカ情報漏えい事故 危機意識乏しい中小ECサイトにロックオン | BCラボ ブランドEC研究所

    拡大一途の クレカ情報漏えい事故 ですが、その増加ぶりは危機意識を麻痺…

  2. MAツール調査レポート,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    MAツール調査レポート マーケティングの 「個客シフト」を浮き彫りに

    顧客というマス的なマーケティング思考から、個客というパーソナルにシフト…

  3. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    LINEマーケティング

    LINE広告 圧倒的リーチ力で実現する永続的なEC共栄圏

    当初 LINE広告 への投資は、資本豊富なナショナルクライアントを対象…

  4. Yahoo!トップページに広告掲載,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    アドテク

    Yahoo!トップページに広告掲載 成功者の証をアナタに

    ほぉ Yahoo!トップページに広告掲載 って、何百人の諭吉さんを派遣…

  5. 令和のEC市場,2018年EC市場,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    令和のEC市場 ターニングポイントEC化率10%への攻防は長期戦へ | BCラボ ブランドEC研究所…

    平成という時代がついに拭えなかった「不況」「市場縮小」という構造変化は…

  6. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 総合ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
PAGE TOP