GoogleShopping,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

EC News HeadLine

GoogleShopping 全面刷新で広告強化よりもモール化が進んでしまう | BCラボ ブランドEC研究所

「売り買いの場」が変化劇的プレイヤーシフトなECにおいて、小売広告の優先権はAmazonやソーシャルに細分化してしまいました。覇権を取り戻すべく刷新された GoogleShopping ですが、広告よりも別の支配権を目論んだような気がしてなりません。



Google(グーグル)は「Googleショッピング(グーグルショッピング)」を刷新し、「Google Express(グーグルエクスプレス)配送サービス」の一部と統合しました。また、「Showcase Shopping Ads(ショーケースショッピング広告)」のリーチを拡大するとともに、ブランドは費用を支払って、他の小売事業者のグーグルショッピングキャンペーン内で、自社製品を宣伝できるようになります。


GoogleShopping 新機軸

・グーグルエクスプレス配送サービスと一部統合
・グーグルディスカバーにて広告枠を大量新設
・他社ショッピング枠に、自社商品の宣伝を可能に

日本に関しては、「即日配送サービス」のエクスプレスは関係ありませんし、その存在自体がバスることもなかったグーグルフィードの名前変えサービスに露出枠が増えたところで、広告意義が高まるとも思えません。

検索結果自体に、量よりも質が問われている状況で広告枠を増やせないのはGoogleのジレンマですが、YouTubeなどのメジャーサービスも含めて「露出枠の拡大」に努める分、気合いが入っていると思われます。

Googel検索自体が小売業者に限定されてものではないでのすが、こと小売広告市場においては、Amazonやfacebook、Instagramに広告費を奪われている状況を見過ごすことはできませんから、「Amazon広告パクリ」と言われるようが、涼しい顔して大義名分を唱える次第です。

「人々がGoogleで商品を見たり探したりしていれば、その場でそのまま買えるようにする」のがGoogleShoppingのサービスというワケです。

Instagramもチェックアウト機能導入時に、同じようなこと言ってましたね。


便利なのか余計なお世話なのか

これらの機能や連携は、広告そのものの強化というよりは、事業価値へのコミットが強く感じられます。店に呼び込む力よりも、商品を売る店そのものになるんだと、その集合体であると。

探すことが前提のショッピングモールですし、デジタルスクリーンという平面上での見た目に、Amazonとの事業区分を曖昧にさせています。

「売れる場所」という評価こそが、事業価値と拡大素地であるならば、画像を載せただけのインスタグラムが進むべき先に、ショッピングレジが設置されているのは、極めて自然な成り行きなのでしょう。

見つけた・欲しい・買う・届くが最短で実現できれば、小売業者にも消費者ぬも有益であり、グーグルが検索という事業で積み重ねたナレッジを基にしているという言い分も頷けます。

その最短ルートで見つけて購買決意しレジに並んだところへ、GoogleShopping広告機能は、「いやいやお客さん、手に取った商品より、もっと安くてイイものありまっせ」と、宣伝プラカードをチラつかせて囁いてくるのです。

これを邪魔と言わないのであれば、衝動買いはこの世から消滅してゆくのでしょう。

BCラボ ソリューションラインナップ






AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. LINE公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ポイントブランド,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    選ぶべき ポイントブランド その導入が選ばれるスマホECの条件 | BCラボ ブランドEC研究所

    ニッポンがポイント天国となった背景に、提供事業者の決算に関わるオトナな…

  3. Z世代の購買力,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    Z世代の購買力を牽引するYouTube、すべてはお前の仕業か | BCラボ ブランドEC研究所

    見聞きした時代の背景が違うワケで、世代間ギャップは隔絶のモノですが、溝…

  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化

    マスマーケの「不特定多数」には、多勢に・同時に・同一内容を発信する情報…

  5. WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS,WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【ECおまとめ定期便】WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社TOPICS | BCラ…

    令和最初の開催となった WEB&デジタルマーケティングEXPO出展社…

  6. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    不正アクセスと情報漏洩 ヤマダとコジマを襲った異なる手口とリスク | BCラボ ブランドEC研究所

    不正アクセスと情報漏洩 ニュースの常習化は、その重大性が麻痺するほどに…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. モバイル表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ポイントブランド,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. フルフィメント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP