hachidori,中小企業,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

グローバルEC

中小企業 生き残りと成功への道標はグローバルEC | BCラボ ブランドEC研究所

日本の 中小企業 における「輸出」の重要性は増すばかりだですが、テクノロジーで効率化を図る他国競合と比較して、日本企業のソレは導入も進捗具合が遅いと。グローバル物流のフェデックスが行なった調査によって、 中小企業 の課題と成長余地が明らかとなりました。グローバルECの可能性が切り開かれてゆきます。


Although the importance of “export” in Japanese small and medium-sized businesses is only increasing, it is said that the introduction of Japanese firms is slower than the competition from other countries that are improving efficiency with technology. A study conducted by FedEx Global Logistics identified the challenges and room for growth for SMEs. The potential of global EC will be opened up.


近年、越境Eコマースを駆使して積極的にビジネスを海外に拡大する中小企業の例を耳にする機会が増えてきました。では他国と比較した場合、日本の中小企業の貿易活動と、それをサポートするテクノロジー活用の実態はどうなのでしょうか?

情報源: 【徹底解説】中小企業の貿易とテクノロジー活用〜ECが中小企業の貿易を変える〜|ECのミカタ



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


中小企業 に増す輸出の重要性

資源と輸入し、技術で加工・製品化し、海外で売る。これがニッポンを世界の経済大国に押し上げた「輸出」のチカラです。海外市場に目を向けることが、ニッポンで生まれた企業に宿命付けられた運命なのかも知れません。


Imported as resources, processed and commercialized with technology, and sold overseas. This is the power of “export” that has pushed Japan into the world’s largest economy. Looking to overseas markets may be the fate of a company born in Japan.


・日本の中小企業が輸出から得る収入額
  2016年:総収入の35%
  2018年:総収入の41%
  6ポイントアップし、輸出による収入比率は高まり、重要性は年々増してゆきことに。
 
当然ながら少子高齢化とシュリンクが確実視される市場だけに依存することは、成長も可能性も放棄するようなものです。現時点においても「輸出」は身近で欠かせない存在であることは間違いありません。


Of course, relying solely on markets where birthrate and aging and shrinking are certain is akin to giving up growth and potential. There is no doubt that “exports” are at hand at present.


中小企業 輸出市場も取引先も多様化へ

・北米市場
 アメリカ:29%
 カナダ:9%

・中南米市場
 ブラジル:4%
 メキシコ:3%
 アルジェリア: 2%
 チリ:2%

・ヨーロッパ市場
 ドイツ:13%
 イギリス:13%
 フランス:9%

・アフリカ市場
 南アフリカ:2%
 ガーナ:1%
 ウガンダ:1%

・中東市場
 サウジアラビア:3%
 トルコ:3%
 UAE:3%

・中央・南アジア
 インド:19%
 バングラディッシュ:5%
 パキスタン:4%

現時点においても、様々な国々に輸出が切り開かれています。新興国のシェアが引き上がることは間違いありませんが、どの国の成長率がオイシいとか、市場がデカくてヤバすぎとワクテカするよりも、「あらゆる国と人のニーズに対応する」ことが大事なようです。


At present, exports are open to various countries. There is no doubt that emerging countries’ market share will rise, but it is more important to “ meet the needs of every country and people ” than to determine which country’s growth rate is Oishi and the market is too big and awkward It looks like


世界の中小企業はグローバル対応のためにデジタル化が振興

取引先の多様化によって、輸出の懸念や課題は、為替レートや顧客開拓などが挙げられます。無論、英語表記とドル決済対応だけでもその市場は十分に広がりますが、競合となる他国のデジタル活用シーンと比較すれば、その利用率は極めて低く、対応遅延や投資の停滞は、市場での競争力低下を意味します。

成長要因となるデジタル活用の軸は、ECであり、つまりはグローバルECです。グローバルECが収益増加に貢献すると見込まれています。

ただその活用度はまだまだといったところで、アジア地域でも日本の利用率は平均の半分以下という体たらくなのです。


Due to the diversification of business partners, export concerns and issues include exchange rates and customer development. Of course, the market is sufficiently widened by using English notation and dollar settlement alone, but its usage rate is extremely low compared to competing digital utilization scenes in other countries. It means lower competitiveness.

The axis of digital utilization that is the growth factor is EC, that is, global EC. Global e-commerce is expected to contribute to revenue growth.

However, the degree of utilization is still low, and even in the Asian region, Japan’s utilization rate is less than half the average.


グローバルEC 利用率
・アジア太平洋地域平均:82%
・日本:40%

自国以外の顧客を開拓するため
・アジア太平洋地域平均:58%
・日本:21%

グローバルECなんて対応していないよ
・アジア太平洋地域平均:18%
・日本:60%

この「開き」は深刻であり、その熱量や勢いなどは雲泥の差でしょう。自国内ニーズの対応だけで「ある程度商売が成立する」現状は、ある意味幸福でもありますが、徐々に競争力を削がれているともいえます。
もはや「身近」となったデジタルテクノロジーの対応は急務なのです。


This “opening” is serious, and the amount of heat and momentum will be the difference between clouds and mud. The current situation where business can be established to some extent only by responding to domestic needs is, in a sense, a happiness, but it can be said that the competitiveness is gradually being reduced.
There is an urgent need to respond to digital technologies that are no longer “close”.


中小企業の成功には欠かせないデジタル活用

サプライチェーンや配送チャンネルの効率化におけるテクノロジー利用も、日本のソレは「後進国化」しており、経済環境的に「後進国」たる面々の追い上げを許しているのが現状のようです。


The use of technology in streamlining the supply chain and distribution channels has also seen Japan’s warfare as a “backward nation”, and the economic environment seems to be allowing the “backward nations” to catch up.


ソフトウェア・オートメーションの導入と活用
・アジア太平洋地域平均:77%
・日本:42%

モバイル決済の導入と活用
・アジア太平洋地域平均:73%
・日本:35%

AI/人工知能の導入と活用
・アジア太平洋地域平均:52%
・日本:16%

ビッグデータ/アドバンスト・アナリティクス
・アジア太平洋地域平均:68%
・日本:25%

小売面での顧客との接点で利用局面となる決済でも大きな開きがあるのが現状です。輸出先の多様化が拡大するなか、為替変動による影響、新たな顧客の獲得、新たなる物流・配送ソリューションの導入など、市場のシームレス化が世界では「勝手に進行」しているワケです。

海外へのビジネス拡大が中小企業の「生き残りを賭けた課題」であるとわかったいま、その課題に向き合い、テクノロジー導入の投資効率を含めた成功への道標は、グローバルECなのです。


At present, there is a large gap even in payments that are used at the point of contact with customers on the retail side. With the diversification of export destinations expanding, the seamlessness of the market, such as the impact of exchange rate fluctuations, the acquisition of new customers, and the introduction of new logistics and delivery solutions, is a reason that the world is arbitrarily proceeding on its own.

Now that we know that expanding our business overseas is a “survival challenge” for small and medium-sized businesses, the global EC is the guideline for success, including the investment efficiency of technology adoption.



BCLab.ソリューションラインナップ








この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. EC市場データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    グローバルEC

    EC市場データ 伸び代とトレンドと抱える課題の中心で愛を叫ぶ

    スマホが世界的なライフデバイスである以上、消費者向けビジネスの主戦場は…

  2. 2018EC市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    2018EC市場 18兆円規模に拡大し個人消費を支える存在に

    2018EC市場 は18兆円規模で全体の6.2%に。ファッション関連…

  3. B2B取引,展示会,広報宣伝,検討トリガー,MAツール,メルマガ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    B2B取引 新規獲得機会は展示会よりもウェブマーケティングにあり | BCラボ ブランドEC研究所

    B2B取引 において、新たな取引先の獲得に欠かせないのが「展示会」へ…

  4. 国内メジャーECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    国内メジャーECモール いまさら聞けないキホンの基

    国内メジャーECモール という括りに、アマゾン、楽天市場、ヤフーショ…

  5. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    WhatsAppビジネス で実現する訪日インバウンドのオムニチャンネル

    毎年観光客数を更新する観光立国ニッポンですが、訪日客にも買い物予算の限…

  6. PayPay,全国チェーン飲食店,吉牛,吉野家,松屋,全国6500店舗以上,#BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

    コマーストレンド

    PayPay が2月1日から吉牛や松屋など全国6500店舗以上の飲食チェーンで40%還元を実施

    初回の熱狂がまるで別会社の出来事のように「上限」に縛られた PayPa…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 総合ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP