グローバルEC市場レポート,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

グローバルEC

グローバルEC市場レポート ニッポン・中国・アメリカの今と未来 | BCラボ ブランドEC研究所

最新版「 グローバルEC市場レポート 」をお届けします。ウェブは改めて「世界との距離」を縮め,コミュニケーションの障壁を取り除き、ワールドワイドに相応しい様相を呈してきました。ECもその波に乗じて、自国消費者だけを顧客とすることが不自然なくらいグローバルECは加速度的に進行しているのです。

自分の国にはない魅力的なアイテムを求める動きは活発化し、その市場規模は約44兆円(2016年)と巨大になり、2020年には109兆円にも膨れ上がる見込みです。つまり来年にはわずか2年前程度から約2倍の市場が、通信とディスプレイ越しに存在しているという次第です。

この「急拡大市場」に進出するか否かはアナタ次第なのです。


グローバルEC市場レポート,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,世界の越境EC市場規模,ニッポンEC市場,中国市場,アメリカ市場,


グローバルEC市場レポート 世界の越境EC市場規模

グローバルEC市場レポート,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,世界の越境EC市場規模,ニッポンEC市場,中国市場,アメリカ市場,
拡大するグローバルEC市場は中国とアメリカが牽引役となり、毎年対前年20%以上!!!での成長が見込まれています。肝心の米中の経済摩擦による緊張は懸念点ではありますが、彼らにとってディスプレイの向こう側にいるのが自国内なのか海外なのかはさして問題ではありません。

薄い青は「日本のEC市場」です。グローバルEC市場の成長具合と比較しても、市場規模も成長性も「のんびり」しているかのよう。ちなみに2017年以降は実績から年5%成長という「超希望的観測」数値ですので、実現したとしても「お庭の外」の方が潤っていることは間違いありません。

グローバルEC市場レポート ニッポン・中国・アメリカの越境EC市場規模

グローバルEC市場レポート,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,世界の越境EC市場規模,ニッポンEC市場,中国市場,アメリカ市場,
3カ国に限定したグローバルECにおける消費規模です。グラフの低い日本の数値は「グローバルEC市場で日本消費者が支出している額」となります。全然伸びません。つまり「最大市場国に対してもお金を使わない」のがニッポンの消費者ということです。

逆に中国の消費額の拡大ぶりがハンパありません。一見の通りグローバルEC市場は中国が牽引することは明白です。わざわざ大陸に進出しなくと「アチラ」からディスプレイ越しに来店してくれるのです。


ニッポンがグローバルECにおける最大恩恵国になるのは間違いないことが認識されます。
真逆にニッポンの海外市場や商品への関心のなさといったら無慈悲なレベル。デフレプライスにクーポンやディスカウントが当たり前となった「超消極消費体質」で、中国製を買ってる始末ですが、中国市場では「涙を誘う」レベルで全然買ってくれません。

かような「手強い」消費者を相手にするよりも、海外消費者への苦労の方が見返りが大きい次第です。

グローバルEC市場でも最もオイシイのはニッポンなのです

グローバルEC市場レポート,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,世界の越境EC市場規模,ニッポンEC市場,中国市場,アメリカ市場,
かつての日米貿易摩擦時のアメリカ側の「苛立ち」がにわかに理解できる様相です。
日本は消費最大の2国から購入してもらっているけど、その相手の商品は全然買いません。つまりグローバルECにおいて、美味しいとこ取りしているのがわれらニッポンなのです。

来年には、わずか2国の海外消費者だけで、「もうひとつの楽天市場」が出来上がる状況です。

買わない日本人を相手にしている国内限定ECよりも、カートクリックしまくる消費大国のトップ2国の消費者たちが待ち受けているのがグローバルECなのです。

中国人・アメリカ人がグローバルECを使うワケ

グローバルEC市場レポート,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,世界の越境EC市場規模,ニッポンEC市場,中国市場,アメリカ市場,
中国人は「製品への信頼の担保(60.7%)」を求め、先進国たるアメリカ人は「価格の安さ」を挙げています。最大市場国より価格の安い商品とはなかなか難しいものですが、「国内にはないユニークな製品(35%)」や「商品の質(20%)」、「旅行時に見つけた商品(10%)」などには活路が見出せます。

いずれにしても作り手の信念と拘りがカタチとなって織りなす「メイドインジャパン」を「購入する理由」は両国で整っているワケです。

いざ!グローバルECへ まとめ

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた訪日インバウンドへの環境整備の進捗とその成果は、日常的な生活のシーンにも顕著化し始めました。加えて大阪万博の開催決定は、あらゆる消費機会に「外国人」の存在が不可欠になることを示しています。それはウェブ上に存在するECとて例外ではありません。

実店舗で見た・手に取った商品は、再び購入するキッカケを潜在的に植え付けることでしょう。旅行先での所持金だけに消費額を期待するより、帰宅後のリビングで継続的な購入環境を提供することで、リピートの購入機会を創出するのです。

これほど回収リターンが確実視される投資案件はそう多くはありません。その投資額も「一世一代の大勝負」ではなく、
「ミシュラン1つ星レストランの飲食代」ぐらいなものです。経費をちょっと見直すぐらいの誰もが捻出できる額で、世界の消費者をお迎えできるのですから、ECってほんと便利ですよね。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 越境EC購入総額,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. インバウンドビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    グローバルEC

    インバウンドビジネス Made in Japanバーゲンセール是正の好機へ

    世界が注目するMade in Japanは、ハイテクハードな完成品から…

  4. 越境EC最強タッグ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    グローバルEC

    越境EC最強タッグ で目指すは米中欧市場の三冠制覇 | BCラボ ブランドEC研究所

    海外ユーザーがジャパンのECサイトでモノを買うという行為は特別なことで…

  5. 越境ECのPayPal,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    グローバルEC

    越境ECのPayPal ジャパンの片隅で開国を宣言す | EC CUBE DAY 2019

    EC CUBE向けプラグインを提供したことで、ジャパンの自社ECサイト…

  6. BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    WhatsAppビジネス で実現する訪日インバウンドのオムニチャンネル

    毎年観光客数を更新する観光立国ニッポンですが、訪日客にも買い物予算の限…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. CVR基準,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. IDマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 新型コロナショック,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. ソーシャルコマース時代到来,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP