グローバルEC市場 最新動向を読む | BC Lab.ブランドコマース研究所

グローバルEC市場,,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

世界の越境ECで最も多く利用されているECサイトは「Amazon」、主要10か国の越境EC利用者数は約1億8200万人――。経済産業省が2018年4月にまとめた「電子商取引に関する市場調査」から、最新の グローバルEC市場 の動向を読み解く。

情報源: [越境ECまとめ]最も購入されるサイトはAmazon。日本から米中向け市場は約2兆円 | ネットショップ担当者フォーラム



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


グローバルEC市場 購入先事業者ランキング

世界31市場で越境ECを行ったユーザー2万8892人の利用先サイト・事業社ランキング
1位:Amazon:25%
2位:eBay:18%
3位:Alibaba/Aliexpress:14%
4位:Wish.com:8%
5位:Zalado:2%
6位:Apple:1%
6位:Asos:1%
その他:31%

グローバルEC 、利用者数ランキング

2015年指標。上位10カ国合計で1億8,200万人。
1位:中国:7,000万人
2位:アメリカ:3,400万人
3位:イギリス:1,400万人
4位:ドイツ:1,200万人
4位:フランス:1,200万人
6位:カナダ:1,100万人
7位:韓国:1,000万人
8位:日本:900万人
9位:イタリア:600万人
10位:オランダ:400万人

グローバルEC 、市場規模推移と予測

2020年:9,940億ドル/前年比20.3%増=約109兆円規模
2019年:8,260億ドル/前年比22.2%増=約90兆円規模
2018年:6,760億ドル/前年比27.5%増=約74兆円規模
2017年:5,300億ドル/前年比32.5%増=約58兆円規模
2016年:4,000億ドル/前年比31.6%増=約44兆円規模
2015年:3,040億ドル/前年比30.5%増=約33兆円規模
2014年:2,330億ドル/前年比25.5%増=約25兆円規模

グローバルEC 、国別市場規模

消費国、つまり「購入される国」としての越境B2C市場規模
1位:アメリカ:400億ドル=4兆4,000億円規模
2位:中国:390億ドル=4兆4,290億円規模
3位:イギリス:120億ドル=1兆3,200億円規模
4位:ドイツ:90億ドル=9,900億円規模
5位:カナダ:70億ドル=7,700億円規模
6位:フランス:40億ドル=4,400億円規模
7位:イタリア:30億ドル=3,300億円規模
7位:韓国:30億ドル=3,300億円規模
9位:日本:20億ドル=2,200億円規模
10位:オランダ:4億ドル=440億円規模

グローバルEC 、日本人の海外購入

2017年実績:2,570億円
・アメリカ市場で購入:2,327億円
・中国市場で購入:243億円

グローバルEC 、海外から日本へ

越境大国アメリカと中国から購入規模予測
2021年実績:4兆412億円
・アメリカ:1兆1,925億円
・中国:2兆8,487億円

2020年予測:3兆4,727億円
・アメリカ:1兆549億円
・中国:2兆4,178億円

2019年予測:2兆9,379億円
・アメリカ:9,302億円
・中国:2兆77億円

2018年予測:2兆4,508億円
・アメリカ:8,169億円
・中国:1兆6,339億円

2017年実績:2兆106億円
・アメリカ:7,128億円
・中国:1兆2,978億円

猛烈な貿易不均衡ですが日本事業者にはチャンスでしかない

揺るぎなきグローバルEC大国のアメリカと中国の消費の伸びに牽引されるように、日本市場は越境ECにおいて、「特需」のような市場拡大が見込まれています。
逆に日本人消費者のグローバルEC利用は極めて消極的ともいえ、貿易不均衡として両国から強烈なバッシングを受けることでしょう。特に中国なんかは、自国内需拡大以上に、外需に奪われる形ですから。
日本のEC事業社がグローバルEC対応をしない理由は存在しませんね。







BCLab.ソリューションラインナップ








 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA