GDPR規制,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

COMMERCE TREND

GDPR規制 ウェブ社会の未熟度を律する | BCラボ ブランドEC研究所

今年5月末に施行された GDPR規制 ですが、まともな対応をしているサイトはないというツッコミです。その対象がGoogleやFacebookなどの「別次元」の巨大ITカンパニーだと信じて疑わない「規制への過信」が対応をボヤかしているとも言えます。

ただし、これらの巨大カンパニーが制裁の対象となり、世界売上の4%を徴収されようが「対岸の火事」感は拭えません。より身近で「データ収集を生業としている」アドネットワークや分析ツールなどの「小物」たちが制裁対象として血祭りにあげられた時、本格的な対応が始まるような気がします。


2018年5月25日に発効したEUの新データ保護規則「 GDPR 」は、WEBサイトに対して「ユーザーの個人情報利用には同意が必要」と義務づけており、多くのWEBサイトで個人情報の利用に関するポップアップが出るなどの影響が出ています。そんな中、「企業がGDPRの発効に伴って行ったさまざまな変更は、上辺だけのパフォーマンスに過ぎない」という専門家の批判が出ています。

情報源: 「ほぼ全ての企業がEU一般データ保護規則(GDPR)を破っている」という主張 – GIGAZINE



Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


GDPR規制 対応を遅らせる曖昧な内容

GDPR への基本的な解釈では、世界中に繋がるウェブサイトにおいて「識別子データを取得する」機能を「オン」にしたサイトは「規制対象」であると理解出来ます。

このため、Googleアナリティクスなど「識別子データを取得する」が主なアクセス解析ツールの設置と利用は、それすなわち「規制対象サイト」との認識もありました。

実際には、「領域・該当者へのサービスの提供を主とした事業サイト」が対象となるため、アナリティクスツールの利用が即、規制対象とはなりえません。

条文を細かく見るに、色々と「対象外ケース」が浮かんできますが、あくまでも「そう理解される」だけで、厳密に対象内外を「ハッキリくっきり」と示す「具体的な」記述はないのです。
「現時点ではそう理解される・・・かな」と、なんとも曖昧でスッキリしないケースが多い為、「とりあえず様子見」といった判断を横行させていると言えるでしょう。

GDPR規制 EUが突き進むウェブ社会主義共和圏

巨大な制裁金が現実感を薄くしたとも言えますが、当面 GDPR は「EUが宣言したデータ鎖国宣言」に近いものがあり、こと領域へのサービス提供の姿勢を改めさせるには効力を発揮すると言えます。

これまでウェブサービスの多くは、スピード感やらを重きにおいてことから「とりあえずやってみて問題があったら直す」という未完で未成熟な状態でのサービスローンチを良しとしてきました。

「でへへ、やっぱ怒られちった、反省しまーす」と、明らかにサービスの質を「市場にブン投げ」て、利用者から修正データを回収するような旨です。

法的観点からも「これ多分きっとアウトでしょ」といっても、膨大なユーザーの支持がそれを継続の担保にさせていた感は拭えません。

まさにヤンキー気質がウェブというシームレスでグローバルな世界で猛威を振るう次第に、トラディッショナルで権威と規律を重んじるヨーロッパの主要国は、苦々しく不快な想いを募らせていたとこは想像に難くありません。

また世界基準のサービスを生み出せない現状、自国の消費者の「価値」を自由気ままに使い倒して、あげく「税金」も払わないような不届きな連中を懲らしめてやろうという思惑が介在しているハズです。

7月上旬、欧州議会が提案した「リンク税」は、ウェブの自由と本質的価値を損なうと「否決」されましたが、その投票結果は、賛成287・反対318と「僅差」なものでした。

法案の再審議は9月にも行われるので、クリエイティブ業界を中心とした賛成派のロビー活動の成否によっては、「欧州発の新たな規制」が誕生する可能性は高いとみられます。

自由を捨ててまで、権利を行使し、自国領域内でのウェブ経済圏を保護しようとする動きは、他国にも影響を与えることでしょう。少なくとも GDPR での「データ持ち出し対象地域」から外れている日本も、その弊害撤廃の為、 GDPR に追随することは間違いありません。つまり個人情報の該当領域の拡大です。

GDPR 厳格化へ向かうウェブ社会

日本のそれも追随が予想され、欧州とは遠かれ遅かれ、個人情報の取り扱いを含めたウェブサーブスのあり方も厳格化してゆくことが予想されます。

民泊、仮想通貨、ライドシェアなどをはじめ新たなるサービスは、慣例やルール下に想定されないイレギュラーケースでもあり、その普及には、「やっちまったもん勝ち」という「ヤンちゃな」姿勢だけでは、本質的価値や利便性が正しく理解されることはないでしょう。

法の行き届かない位置にいるからこそ、社会的責任を持った取り組み方が求められるハズです。

自由の根幹が「何をしてはいけないかを自発的に考える」ことだとすれば、GDPR への対応姿勢そのものが「ウェブ社会の成熟度」を示す容態とも言えるでしょう。




BCラボ ソリューションラインナップ





Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. QRコード,オムニなアジア,カゴ落ち ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    マーケティングデータ

    オムニなアジアで異質な東京お買い物事情 | BCラボ ブランドEC研究所

    越境ECの結果にコミット宣言なトランスコスモスが「アジア10都市オンラ…

  2. チャット利用意識調査,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    チャット利用意識調査 リピーターほど積極利用する導入効果 | BCラボ ブランドEC研究所

    決済機能も実装し、チャットボットソリューションの群雄割拠ぶりは相変わら…

  3. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    アマゾンジャパン 全商品ポイント1%付与から見える強かなローカライズ | BCラボ ブランドEC研究…

    全商品の1%ポイントを付与することを強制的に決定した アマゾンジャパン…

  4. 越境EC購入総額,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. ソーシャルコマース,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    ソーシャルコマースのメインステージ LINEとインスタは新機軸へ | 4月第3週 トピックスまとめ

    新料金体系にシフトしたLINE、ソーシャルの軸ともいえる「いいね」のカ…

  6. PayPal決済,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    COMMERCE TREND

    PayPal決済 グローバルECを成功へ導く3つの架け橋 | BCラボ ブランドEC研究所

    多国籍・多言語・多通貨に対応し、世界中の消費者に利用されるグローバルE…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. モバイル表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ポイントブランド,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. フルフィメント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP