fsコマースクリエーター,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングトレンド

fsコマースクリエーター スマホECが捗り平均124.65%の成長に貢献

EC構築プラットフォームとして存在感を示すフューチャーショップ。スマホEC最適化を見越した fsコマースクリエーター をリリースして1年が経過した調査では、その効果と実績が明らかに。レスポンシブ対応での更新手間などサイト管理面が注目されますが、本質的な機能価値はそれに限りません。


Future shop showing presence as an EC construction platform. A year after the release of fs-commerce creator in anticipation of smartphone EC optimization, a survey reveals its effects and results. Site management aspects such as responsive update effort are attracting attention, but the essential functional value is not limited to that.


SaaS型ECサイト構築プラットフォームfutureshopを提供する株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区、代表取締役:星野裕子、以下フューチャーショップ)は、CMS機能「commerce creator」をリリースしてから1年が経過したことに際して、その利用状況を調査した。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。



fsコマースクリエーター導入効果 月額流通額平均124.31%アップ

・571店舗から160店舗(導入済店舗80店舗、未導入店舗80店舗)を抽出して調査。流通額の昨年同月比は160店舗全体で平均114.49%の成長。そのうち、commerce creator導入済の80店舗は平均124.65%と、未導入店舗より高い。

・デバイス別では、スマートフォン経由の決済が成長を牽引。commerce creator導入済店舗では受注件数が平均138.26%の成長。

fsコマースクリエーター スマホEC強化に貢献す

そもそも「fsコマースクリエーター」ってなんぞやって方は下記リンクからおさらい頂くとして、簡単に申し上げれば、フューチャーショップがリリースした「スマホEC最適化」をコンセプトとしたEC構築プラットフォームとなります。

レスポンシブ対応などは当たり前と思われますが、ガラケー対応前提で作られたシステムではその当たり前はいくぶん放置されていた感が否めません。スマホ専用サイトを別途用意させるという手間を強いたワケですから。

また、外出先でスマホ閲覧し、カートインした商品を自宅のPCで支払いをしようものなら、入れたハズの商品はカートには見当たりません。会員IDでログイン情報を維持するのは、メジャーモールならあたり前となりましたが、自社ECではまだまだ。いわゆるデバイスまたぎのログイン情報保持機能は、このfsコマースクリエーターとEC CUBE4系でしか実現されません。

スマホオンリーな使い方がスタンダードとなる昨今で、このデバイスまたぎって必要なの?と疑問を抱かれるかもしれませんが、システム移行サイトの多くが、商品構成も価格構成も変わることなく、売上アップを果たしているのは、スマホEC最適化が進み、あらゆるデバイスと環境で同じアクセス状況を維持しているからに他なりません。

店頭とECのお買い物体験をシームレスにするのがオムニチャンネル施策なら、デバイス感の利用状況をシームレスにはするデバイスまたぎは必然的機能であり、スマホEC強化を掲げるなら当たり前の機能といえるでしょう。

ロイヤルカスタマーを醸成するに得るべき情報源が、制限著しいブラウザのcookie頼りというのでは、先の見通しに暗雲立ち込める次第です。さぁ、リニューアルすべきはいつなの?今でしょ!



In the first place, if you are a fs-commerce creator, you can review it from the link below. In short, it will be an EC construction platform based on the concept of “Smartphone EC optimization” released by Future Shop.

Responsive support seems to be a matter of course, but with a system built on the premise of garage support, it is undeniable that it was somewhat neglected. This is because it is not easy to prepare a dedicated smartphone site.

Also, if you browse the smartphone on the go and try to pay for the carted-in product with your PC at home, you will not find the product you put in the cart. Maintaining login information with a member ID has become commonplace in major malls, but is still far behind in-house EC. The function to retain login information across devices can only be realized with this fs commerce creator and EC CUBE4.

With smartphone-only usage becoming the standard these days, is it necessary to cross this device? You may be wondering, but many of the system migration sites are increasing sales without changing the product composition and price composition because smartphone EC optimization has progressed and the same access on all devices and environments It is nothing but maintaining the situation.

If it is an omnichannel measure to make the shopping experience at the store and e-commerce seamless, it is an indispensable function to cross over the device to make the usage situation of the device feeling seamless, and it can be said that it is a natural function if you raise smartphone EC .

The only source of information to build a loyal customer is relying on the browser’s cookie limit, which can only be a glimpse into the outlook. Now, when should we renew? Right now!



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ファッションテック,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ブラウザプッシュ通知,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    ブラウザプッシュ通知 かくも嫌われる無慈悲な結果も通知してしまう

    iPhoneのサファリブラウザで通知ができれば結果はもっと違うハズだと…

  3. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    不正アクセスと情報漏洩 ヤマダとコジマを襲った異なる手口とリスク | BCラボ ブランドEC研究所

    不正アクセスと情報漏洩 ニュースの常習化は、その重大性が麻痺するほどに…

  4. AppleCard,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    AppleCard 不正アクセスを撲滅し、泥酔ショッピングを増長させる仕様 | BCラボ ブランドE…

    デバイスで世間を賑わすApple発表会ですが、サービスに徹した今回の最…

  5. LINE利用調査,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE利用調査 公式アカウントをブロックする通知頻度

    一方的で画一的で無配慮な波状通知なメルマガまがいの運用ではアプリ価値さ…

  6. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 総合ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP