フルフィメント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティング用語大辞林

【知っトク?用語】フルフィメント 複雑化する在庫と流通と運営事情  | BCラボ ブランドEC研究所

フルフィメント といえばアマゾンなワケで、顧客第一主義を追求するひとつのカタチが フルフィメント を形成させ、その普及が顧客にとっての当たり前になったことで、ECの物流限界・配送コスト・人手不足問題が噴出したのは何とも皮肉な話ではありますが、モールのフルフィメント標準化と自社ECの3PL具合が加速すると思われます。


Speaking of Fulfillment, it is an Amazon Wake, and one form of pursuing customer-first is forming Fulfillment, and the spread of it became commonplace for customers. Although it is ironic, it seems that the standardization of mall malls and the 3PL of ECs will accelerate.



ECの注文から配送までの関連業務全般を意味する「フルフィルメント」。スムーズな配送を実現し、面倒な在庫管理や顧客管理を一手に任せられる代行サービスもあり、Amazonやヤマトなどの代行サービスを検討している運営者も多いのではないでしょうか。ここでは、改めてフルフィルメントとは何か、メリットとデメリットにはどのようなものがあるかということを解説し、実際の代行サービスについても紹介します。


フルフィメント ってどこからどこまで その業務範囲

本来フルフィメントはマーケティング用語であり「受注から決済に至るまでの業務全般」を示していました。販売促進活動以降の部分ですので、マーケティング用語といってもマーケティング業務外なのが実情です。


Originally, fulfillment was a marketing term that used to describe “all operations from order acceptance to settlement.” Since it is the part after sales promotion activities, the actual situation is that it is outside the marketing business even if it is called marketing terminology.


1:在庫管理
2:物流管理
3:商品梱包
4:発送業務
5:決済確認/入金管理
6:顧客管理
7:返品・クレーム対応

ZOZOTOWNが発表したフルフィメントサービスは、商品の撮影などのささげ業務なども含めているので、どこまでが「フル」かは事業者毎の考え方次第といったところですが、フルフィメントサービスを提供する側の事業メリットとしては、自社モールでの在庫充実と欠品解消の優先度引き上げなど、顧客との機会損失防止が挙げられます。

自社ECで導入が進むだろう3PL / 3rd Party Logistics は、上記の業務で1〜4までが主となるでしょう。委託業務幅はサービスの充実度や差別化で拡大する傾向にありますが、基本的には「売る為のマーケティング業務」と「売った後のアフター業務」に大分されるでしょう。

業務の選択と集中とはいえ、何から何まで業務を「ささげ」たら、一体何のために自社ECをやっているのか意味不明ですね。


The philosophy service announced by ZOZOTOWN also includes offerings such as product shooting, so it is up to the company to decide how full it is. Business benefits include preventing loss of opportunity with customers, such as increasing inventory at our own malls and raising the priority of eliminating shortages.

3PL / 3rd Party Logistics, which will be introduced by our own e-commerce, will mainly be 1 to 4 in the above business. The range of outsourcing business tends to expand with the level of service and differentiation, but basically, it will be largely divided into “marketing business for selling” and “after-sales business after selling”.

Despite the selection and concentration of operations, it is unclear what, if anything, “offers” what operations you are doing, what you are doing with your own EC.


フルフィメントのメリットから自社ECの3PL加速を予見する

フルフィメントサービスの恩恵は、注文受付以降にも発生する、多岐で時間的拘束もあり肉体的にも負担の大きい業務をスピーディにスムーズにして、業務効率が格段に引き上げることにあります。

これは購買したユーザーにも、最適な処理を最短の時間で確実に遂行することになり、購入品目と発送品目の入れ違いや間違いなどの発送ロスや時間的経過を削減することにつながります。

また働き方革命な昨今ですから、押し迫る配送時間に間に合うような強制オペレーションから業務負担が後押しされ、人員は増やせないけど残業が増えるという悪循環な業務環境に陥ることを防ぐことも期待されます。

そもそもECにおける送料無料や明日着などの「過度にも思える顧客サービス」が一般化することで、そのいびつな負荷が物流面のシワ寄せとして可視化した面があります。かつてキツくてキビシくてキタナい3k労働環境は忌み嫌われましたが、が、走れ止まるなと厳命された佐川男子が持て囃されたにもつかの間、もうすっかり人手不足な労働環境の代表格な配送業界において、業務効率化は物理的処理能力を超えているのが現状であり、拡大基調のECを支えるには不可能な局面にまで追い込まれています。

再配達の削減やラストワンマイル手段の多様化などの改善は、がん細胞に赤チンを塗る程度の気休めでしかなく、根本的には、絶対的な配送量を減らすか、配送元を減らすしかありません。量が減ることはありませんから、現実的な選択肢は配送元を削減可能にする3PLの普及しかないのです。

今後EC市場の拡大には、各事業社個々を発送元とするのではなく、発送元を一箇所の倉庫に集約することが欠かせなくなると推測されます。楽天市場スタイルは無くなってゆくことでしょう。この点無料出店で店舗数を増やすだけ増やすYahoo!ショッピングがどのように対応するか注目されますが、少なくとも店舗を持たない自社ECサイト運営事業者が自前で倉庫を整える必要性は皆無といっていいでしょう。

それと同じくらい配送効率が極端に悪いクリック&コレクトが主流になるとは思えませんので、今後フルフィメントのモールと自社ECの3PLの在庫連動が円滑なシステム構築先が、ZOZO株以上に「買い」な次第なのです。




The benefit of the fulfillment service is that it can quickly and smoothly perform a variety of time-bound and physically burdensome tasks that occur after an order has been received, thereby dramatically increasing operational efficiency.

This ensures that even the purchaser performs optimal processing in the shortest amount of time, reducing shipping losses and time lapses such as mistakes and mistakes between purchased and shipped items.

In addition, since the work style has been revolutionized, it is expected that the burden of operations will be boosted by forced operations in time for the imminent delivery time, and that it will be possible to prevent a vicious business environment in which the number of employees cannot be increased but the number of overtime work increases.

In the first place, with the generalization of “excessive customer service” such as free shipping and tomorrow’s arrival at EC, the distorted load has been visualized as wrinkles in logistics. In the past, I was hated of the tight, crisp, and kinky 3k working environment, but it was a typical example of a labor environment that was already completely short of labor, even though the Sagawa boy who was severely ordered not to stop running was buzzed with music In the delivery industry, business efficiency is currently exceeding physical processing capacity, and it is in a stage where it is impossible to support the growing EC.

Improvements such as reducing redistribution and diversification of the last mile means are only as restful as applying red tin to cancer cells, and fundamentally reduce absolute delivery volume or source. . The only viable option is the spread of 3PL, which can reduce the number of shipping sources, since the volume does not decrease.

In order to expand the e-commerce market in the future, it will be indispensable to consolidate shipping sources into a single warehouse instead of sending them to individual business companies. Rakuten market style will be gone. In this regard, it is noteworthy how Yahoo! Shopping will increase by increasing the number of stores by opening free stores, but at least there is no need for the own EC site operator who does not have stores to set up a warehouse on its own Let’s go.

It is unlikely that click and collect, which has extremely poor delivery efficiency, will become the mainstream, so in the future, a system construction destination that smoothly links inventory of 3PL of Fulfillment Mall and its own EC will be more “ buy ” than ZOZO stock It’s up to you.


BCラボ ソリューションラインナップ






AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 効果測定,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    【知っトク?用語】効果測定 CPA / ROI / ROAS KPI三兄弟 | BCラボ ブランドE…

    50万投資して100万円でリターンされることが明らかであれば、投資しな…

  2. パルス消費行動,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティング用語大辞林

    パルス消費行動 見せてもらおうか衝動買いとの格の違いとやらを

    雑誌メディア持ち得たの最大の効力は、秀でた情報パッケージからの思いがけ…

  3. ProgressiveWebApp,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    ProgressiveWebApp  / PWA【知っトク?用語】 | BCラボブランドEC研究所

    大概のECアプリが「サイトブラウズしているだけ」という現状、サイト自体…

  4. D2C,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    【知っトク?用語】D2C / Direct-to-Consumer | BCラボ ブランドEC研究所…

    D2C 自体は、特段新しい概念でもビジネスモデルでもありません。昔風…

  5. MEO,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティング用語大辞林

    【知っトク?用語】MEO / マップエンジン最適化  | BCラボ ブランドEC研究所

    マップエンジン最適化である MEO は、グーグルマップを筆頭に世界各国…

  6. アトリビューション,Attribution,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

    マーケティング用語大辞林

    【知っトク?用語】アトリビューション / アトリビューション分析:Attribution  | BC…

    「広告効果がない? アトリビューション 分析してますか?」に込められ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. EC構築システム市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. メジャーソーシャル最新動向,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP