ファッション世界選手権,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングデータ

ファッション世界選手権 in 楽天ラクマ インスタが牽引する韓国トレンド

ファッションやスタイルをカテゴライズにするに、「国別」で仕分けるのは偏見の温床ですが、読者というターゲットを選定するファッション雑誌においては、必然的に区分けされる要素です。つまり「わかりやすい」のですね。それでは、楽天フリマの調査データで伺う ファッション世界選手権 の開幕です。

楽天株式会社(本社: 東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリの楽天「ラクマ」は、「ファッションの参考にする国」に関するアンケート調査をインターネットで実施した。同調査は2016年から開始されており、今年で5回目となる。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

情報源: 楽天ラクマが最新ファッション意識調査を実施 韓国ファッション人気が拡大し、情報源はテレビからインスタへ移行傾向|ECのミカタ



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


開幕!ファッションでお手本にする国選手権

アメリカ
 10代:男性・34.5% / 女性・10.3% = 計44.8ポイント
 20代:男性・28.6% / 女性・11.8% = 計40.4ポイント
 30代:男性・41.4% / 女性・14.6% = 計56.0ポイント
 40代:男性・47.2% / 女性・12.4% = 計59.6ポイント
 50代:男性・33.5% / 女性・12.5% = 計46.0ポイント
 60代以上:男性・31.1% / 女性・10.6% = 計00.0ポイント
 男性総合 = 216.3ポイント
 女性総合 = 72.2ポイント
 総合 = 288.5ポイント

韓国
 10代:男性・17.6% / 女性・79.4% = 計97.0ポイント
 20代:男性・9.5% / 女性・46.7% = 計56.2ポイント
 30代:男性・4.4% / 女性・29.6% = 計34.0ポイント
 40代:男性・3.0% / 女性・20.0% = 計23.0ポイント
 50代:男性・2.1% / 女性・16.8% = 計18.9ポイント
 60代以上:男性・00.0% / 女性・13.0% = 計13.0ポイント
 男性総合 = 36.6ポイント
 女性総合 = 205.5ポイント
 総合 = 242.1ポイント

フランス
 10代:男性・16.0% / 女性・3.0% = 計19.0ポイント
 20代:男性・21.4% / 女性・11.4% = 計48.8ポイント
 30代:男性・12.3% / 女性・14.8% = 計27.1ポイント
 40代:男性・7.5% / 女性・22.1% = 計29.6ポイント
 50代:男性・11.0% / 女性・27.8% = 計38.8ポイント
 60代以上:男性・8.9% / 女性・34.1% = 計43.0ポイント
 男性総合 = 77.1ポイント
 女性総合 = 113.2ポイント
 総合 = 190.3ポイント

イタリア
 10代:男性・8.4% / 女性・1.7% = 計18.5ポイント
 20代:男性・16.7% / 女性・3.1% = 計19.8ポイント
 30代:男性・14.3% / 女性・5.8% = 計20.1ポイント
 40代:男性・18.9% / 女性・12.4% = 計31.3ポイント
 50代:男性・27.2% / 女性・13.5% = 計40.7ポイント
 60代以上:男性・28.9% / 女性・14.6% = 計43.5ポイント
 男性総合 = 114.4ポイント
 女性総合 = 51.1ポイント
 総合 = 165.5ポイント

イギリス
 10代:男性・4.2% / 女性・1.3% = 計5.5ポイント
 20代:男性・11.9% / 女性・10.2% = 計22.1ポイント
 30代:男性・12.8% / 女性・8.4% = 計21.2ポイント
 40代:男性・9.8% / 女性・7.6% = 計17.4ポイント
 50代:男性・8.9% / 女性・6.8% = 計15.7ポイント
 60代以上:男性・11.1% / 女性・5.7% = 計16.8ポイント
 男性総合 = 58.7ポイント
 女性総合 = 40.0ポイント
 総合 = 98.7ポイント

男女合計ポイントランキング
 1位:97.0ポイント:10代・韓国ファッション
 2位:59.6ポイント:40代・アメカジ
 3位:56.2ポイント:20代・韓国ファッション
 4位:56.0ポイント:30代・アメカジ
 5位:48.8ポイント:20代・フレンチカジュアル

全世代幅広く高い支持を得るアメカジですが、40代までと50・60代の考えるアメカジは「全く別モノ」と考える方が自然です。50代・60代がイタリア偏向を見るに、それは雑誌「LEON」の影響が色濃いと感がると、50代60代のアメカジは「Lightnig」であり、40代までのそれは「OCEANS」や「Safari」によるものと考えらえます。西海岸と陽キャとブルックリンの陰キャの違いのようです。

女性は、韓国がブッチギリのぴポイントを獲得しての首位に、フランス、アメリカ、イタリア、イギリスと続きます。10代から30代は韓国トレンドを追いかけ、40代以降はフレンチカジュアルが主流と大分されます。

世代別では、韓国とアメカジが支配しつつあるファッションシーンにおいて、20代でもフレンチが一定層を獲得しているのは、三栄書房「FUDGE」の貢献ということにしておきましょう。

ファッション世界選手権 その国のファッションを注目するワケ

アメリカ
・自分らしさの表現:41.2%

韓国
・安くて気軽に買える:66.3%

フランス
・信頼できるブランドがある:43.3%

イタリア
・信頼できるブランドがある:47.9%

イギリス
・その国の伝統的文化が好き:51.4%

それぞれのトップを抽出すると、その特徴が理解されます。
とにかく「安さ」の韓国ファッションに、対して自己表現のアメカジ、ブランド依存のフレンチ、イタリア。トラディッショナル以外に代名詞に乏しいイギリスと、ファッション以外の商材でもほぼ同じ理由が挙げられるかもしれません。

各国ファッションの情報源トップ3

アメリカ
1位:Instagram:32.9%
2位:雑誌:32.9%
3位:ブランドサイト:21.6%

韓国
1位:Instagram:54.7%
2位:YouTube:20.8%
3位:雑誌:20.7%

フランス
1位:雑誌:53.0%
2位:Instagram:24.7%
3位:ブランドサイト:24.2%

イタリア
1位:雑誌:52.7%
2位:ブランドサイト:25.1%
3位:Instagram:19.5%

イギリス
1位:雑誌:47.8%
2位:ブランドサイト:26.9%
3位:Instagram:24.9%

獲得ポイントランキング
1位:雑誌:207.1ポイント
2位:Instagram:156.7ポイント
3位:ブランドサイト:73.6ポイント
4位:YouTube:20.8ポイント

デジタルアプリで接触する楽天フリマにあって、各国ファッションに問わず「雑誌」が情報メディアとして依然多大な影響力を持ち合わせているという結果です。雑誌不況が叫ばれて久しいですが、ブランドファーストな40代以上にとっては、親和性の高いメディアでもあります。

安さが価値のファーストポジションにある韓国ファションへの指示は、トレンドへの迅速な対応が重要な分だけ、Instagramなどのようなデジタルメディアに一長の分があるようです。



現状では一過性のトレンドに、発行リスクは追えない事情も加味され、広告スポンサーとしても信頼性の欠ける韓国ブランド推しのファッション誌など成立するワケもなく、ついに若年層でのファッション雑誌がほぼ壊滅したということは、雑誌不況の要因は、韓国ファッションの台頭という「罪の擦りつけ」で締めたいと思います。


GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ファッションショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルトリガー サイト流入と購入へ 売れるSNSはどれだ!?

    コロナ禍による小売変革は、ECの社会的ポジションを引き上げましたが、検…

  3. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    アパレルEC利用実態 ユーザーとサイト担当者のニーズギャップがエグい

    ブランドの世界観やイメージの確立には神経質であっても、カートボタンの使…

  4. MOJ(ものすごくオシャレな女子)笑,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    マーケティングデータ

    MOJ(ものすごくオシャレな女子)笑 ものすごくオンライン女子へ変貌

    MOJ(ものすごくオシャレな女子)笑 何コレ思ったら、ファッション…

  5. データプライバシー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    データプライバシー 提供量とブランドロイヤルティが比例する素敵な世界

    EC大国にしてマーケティング先進国アメリカでさえ30%程度というのに、…

  6. Shufoo!の意識調査,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    マーケティングトレンド

    Shufoo!の意識調査 ショッピングの超効率化が変える夫婦円満スキル

    「晩ゴハン、何食べたい?」と不意の要望に、考え抜いた挙句のリクエストを…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ファッションブランド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. ブランドECの可能性,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. インスタショッピング機能,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. 有名通販企業EC担当者,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. アップセル,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP