ファッション小売,台湾市場 .越境EC 支払い Pay Payment チェック BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

導入事例

ファッション小売 大手が語るそう遠くない未来から自社EC像を探る | BCラボ ブランドEC研究所

ビームス、アーバンリサーチとファッション大手の早々たる面々が、 ファッション小売 の将来像を語ったセッションですが、開催された「ファッションワールド東京」というファッション展示会自体がガラガラでスカスカの閑散ぶりだったため、壮大なるビジョンも「大手だけが描ける我々には関係ない絵空事」に聞こえる次第で、ファション業界格差の加速を予見させる情景がコチラです。


Beams, urban research and early fashion giants talked about the future of fashion retailing, but the fashion exhibition itself called “ Fashion World Tokyo ” itself was spectacular because it was rattled and sparse and quiet. Here’s a scene that foresees the acceleration of the fashion industry disparity as soon as the vision sounds like “the picture affair unrelated to us, which only the majors can paint.”


10月22日〜24日の3日間、国内最大のファッションイベント「ファッションワールド東京 2018」が、東京ビックサイトにて開催されました。今回は、その中の特別対談セミナー「リアルとECの融合がもたらす未来〜ファッション小売10年後の将来像〜」の内容をお伝えします。
情報源: 加速するEC化、リアルとデジタルを融合した新時代の顧客体験



従来と変化の間で踠く ファッション小売

・ショッピングの場所も時間も、個人個人の最も手軽で身近なところに移行した。
・店の営業時間など気にすることなく、自分の都合でショッピングが可能に。

ウェブとスマホが個人のご都合主義を社会として容認させ常態化させてしまったと言えるでしょう。ブランドと顧客の関係性は完全にフラット化し民主化した状況で、従来の従属的な関係性が維持可能と考える方が不自然です。だからこそ、デジタルコマースのような新らしい取り組みは必然なのです。

ところが実際のところ、小売ビジネスの売上は、店舗が市場の95%を占め、ECなどは5%程度に過ぎません。現状で5%です。わずか5%で物流網は臨界点突破が目前というのに、その伸び代は「ありすぎて困る」ぐらいの膨大な成長の可能性と捉えることができます。

ECへの対応や投資などは、その可能性へのコミットでもあるんですね。


It can be said that the web and smartphone have accepted individual opportunism as a society and made it a normal state. In a situation where the relationship between brand and customer is completely flat and democratic, it is more unnatural to think that the traditional subordinate relationship can be maintained. That’s why new initiatives like digital commerce are inevitable.

However, in fact, retail business sales account for 95% of the market, while e-commerce and others account for only about 5%. Currently 5%. With only 5%, the logistics network is about to break through the critical point, but the growth is considered to be a huge growth potential that is too much trouble.

So, responding to EC and investing are also commitments to that possibility.


メディアコマースへ進化したビームス

最も成功した自社ECモデルとして「羨望の眼差し」で注目されるビームス。ZOZOTOWNへの出店や運営委託など、「今皆が取り組みかけている施策や運営方法」を先行し、真っ先に「辞めた」のもビームスでした。
ブランドサイトとECサイトを統合し、EC事業本格化の軸コンセプトは「ECのメディア化」を掲げています。


BEAMS has been attracting attention as the most successful in-house e-commerce model with an “environmental gaze”. Beams was the first to “quit”, prior to “measures and management methods that everyone is working on,” such as opening stores and commissioning operations to ZOZOTOWN.
The brand concept and the EC site are integrated, and the core concept of the full-scale EC business is “Mediaization of EC”.


・店舗スタッフで構築される3軸コンテンツ
ブログ
スタイリング
フォトログ

「運営を始めて2年で投稿数は約14万ほどあります。非常に大きい情報を顧客に提供できていますし、コンバージョンの高かった販売員にわざわざ会いに来てくれるお客様もいます」
デジタルの進化に反比例するように、アナログに価値を見出すこともあると。

・オムニチャンネル実現に「全社在庫自由化」を打ち出す
従来、店舗間も競争意識があり、人気商品や新作在庫は奪い合いをしているケースが普通です。ことECとなれば、店舗の存在意義を失いかねない危機意識が拒絶反応として現れ、在庫情報の共有化は依然としてハードルの高い問題です。

結局、客にとっては「全然カンケーないオメーたちだけの都合」でしかありません。この辺りは、店舗売上や社内部署間の縄張り意識を増長させた本社経営側の問題であり、スイッチ押して切り替わるほど容易な話ではありません。
閉店した店舗のスタッフがウェブ事業部に配属され、客の不都合に直面したことで、改善が進むというのも皮肉な話ではあります。


After all, it’s just for customers, “only for those who don’t care at all.” This area is a matter of headquarters management who has increased store sales and awareness of territory between company internal departments, and it is not as easy as switching with a switch.
It’s ironic that the staff at the closed store has been assigned to the Web Division and faced with customer inconvenience, and improvements are progressing.


スタッフの「個」とユーザーの「個」を結ぶアーバンリサーチ

成長戦略としてECを社内認識させているというアーバンリサーチ。社内のウェブ事業部もいわゆる「外人部隊の精鋭揃い」というよりは、店舗から移動したりと、デジタルスキルやITリテラシーがない人員でも学びながら経験を積む場として確立しているという。

・店舗スタッフ一人ひとりに紹介ページがあり、チャットボットでスタイング相談を可能に。
「お客様の中には、ここのスタッフが好きだからという理由でブランドを選ぶ方も多いんです。たとえスタッフが移動しても、EC上でお気に入りのスタッフとコミュニケーションをとったり、活動を知ることができます」

実店舗とECのシームレス化が進むオムニチャンネルにおいて、人という「個」とのコミュニケーションまでをも確立しているともいえます。この「個」の価値の成立が、ギフトECなどの派生サイトを成功させている秘訣なのかもしれません。

ファッション小売 所得から時間の奪い合いの小売へ。個への対応を可能にするテック導入が不可欠へ

ファッション小売を代表するビームスとアーバンリサーチ。基本的には2社とも「大手セレクト」であり「豊富な商品ラインナップ」と「人材」を有することにあります。
全国数多の実店舗販売でブランドや事業を確立し、「実店舗こそが事業中核」であるはずの両社が、ECを成長戦略に掲げるのも、時代の変化云々というより、「顧客が望むことに応える」を踏まえれば、ごく自然なこととなるのでしょう。

その顧客ニーズは、便利で効率的でスムーズなお買い物体験というEC初期から変質し、「一人ひとり個人」を容認し受け入れ対応する「個」への繋がりを重視している点が注目されます。

自分の好みや嗜好を汲み取った提案や情報提供など、超アナログ時代の実店舗では店員スキルに依存していた「接客」が、ITの進歩と普及により「パーソナライズ」として、ECに及んでいるのです。

コンビニ陳列宜しく整然とアイテムが揃うだけの「効率的なお買い物」だけをニーズとして満たすECサイトが見向きもされなくなるような事態は、そう先の話ではないのです。


BEAMS and Urban Research represent fashion retailers. Basically, both companies are “major select” and have “rich product lineup” and “human resources”.
Establishing brands and businesses through the sale of numerous physical stores across the country That’s going to be a very natural thing.

It is noteworthy that customer needs have changed since the early days of the EC, with a convenient, efficient, and smooth shopping experience, and that emphasis has been placed on connecting to individuals that accept and accept individual individuals.

In the super-analog era, customers who depended on store clerk skills, such as proposals and information provision that took out their preferences and preferences, have spread to EC as “ personalization ” due to advances and spread of IT is.

Convenience store display The situation where EC sites that meet only the needs of “efficient shopping”, which has just the items arranged neatly as a necessity, will not be considered, is not the story of the future.



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ウェブ接客ツール,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソリューション傑作選

    WEB接客ツール選手権 第2戦 シナリオ設計GP 導入効果事例まとめ | BCラボ ブランドEC研究…

    オモテナシの精神が宿るジャパンのECなら、ディスカウントな特典訴求の「…

  2. WEB接客ツール,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソリューション傑作選

    WEB接客ツール選手権 第1戦 ポップアップGP 導入効果事例まとめ | BCラボ ブランドEC研究…

    ニーズのヒアリングだったり、対応だったりと、接客は「受け身」であるはず…

  3. インスタコマースで売上UP ,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    ソーシャルコマース

    インスタコマースで売上UPを狙うなら検討すべきvisumoとその導入効果

    期待に溢れかえったインスタショップナウも今やすっかり沈静化ムード。カタ…

  4. ウェブ接客ツール,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソリューション傑作選

    WEB接客ツール選手権 第3戦 AI&高機能GP 導入効果事例まとめ | BCラボ ブラン…

    商用ビジネスは開始直後からレッドオーシャンに向かうワケで、コモディティ…

  5. MA事例,YOTPO ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    MAツール

    【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項

    MA事例 として、その主流は依然として「大手サイト」であるのが現実で…

  6. EC施策,PWA導入,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    マーケティングトレンド

    PWA導入 メリットを日経電子版に学ぶ| BCラボ ブランドEC研究所

    表示速度改善や体験の向上などの最終兵器とされる PWA導入 ですが、導…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 送料コスト高騰,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
PAGE TOP