通販売上ランキング,物流崩壊,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

マーケティングトレンド

通販売上ランキング 上位300社寡占が素敵 | BCラボ ブランドEC研究所

その市場拡大を支えているのが、物流であり配送であり交通インフラであリ、そのインフラの老朽化や構造など改善いかんによっては、 通販売上ランキング 上位社だけでなく、末端のEC業者にも「多大な影響」が生じると予想されます。エグすぎる成長を続ける通販市場から、近い将来生じるであろう弊害を予見してみましょう。


通販売上ランキング 上位300社でみる市場拡大具合が素敵すぎる件:通販新聞社が7月に実施した「第70回通販・通教売上高ランキング調査」によると、上位300社の合計売上高は7兆1912億円と7兆円を超えた。ネット販売企業の躍進が続いており、伸び率は昨年同時期と比べ9.3%増と過去5年間で最も高い。一方で値上げなど宅配便の問題も表面化し、今後の市場成長には課題も立ちはだかる。

情報源: 通販・EC売上ランキングまとめ【2018年夏版】300社合計7.1兆円、トップはAmazonで1.3兆円 | 通販新聞ダイジェスト | ネットショップ担当者フォーラム


本調査自体は、その対象をECだけに限っているワケではないので、紙面カタログや新聞、テレビショッッピングなども含めた広義の通販市場の状況を伺う資料となるワケです。
その市場拡大を支えているのが、物流であり配送であり交通インフラであリ、そのインフラの老朽化や構造など改善いかんによっては、通販上位社だけでなく、末端のEC業者にも「多大な影響」が生じると予想されます。
エグすぎる成長を続ける通販市場から、近い将来生じるであろう弊害を予見してみましょう。



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


通販売上ランキング 上位300社で7兆円に到達

市場拡大は誰しも理解しているので結果自体に驚きはありませんが、その推移がエグいのです。
調査対象を上位300社とした合計売上は、2010年で4兆1127億円でした。で2018年で7兆1912億円です。8年で3兆円を「上乗せ」したことになります。
売上構成のメンツ自体は変われど、上位300社という条件は変わりません。

加えてエグいのは、その上位10社で売上高3兆円を超え、その売上高シェアは44%に達します。その上位10社でもとりわけエグいのは、1位のアマゾンジャパンであり、2位に「1兆円」の大差をつける異次元並みの1位。増加率も13%台とこの後に及んでフタケタ成長をしている次第。

実際上位100社まではほぼ増率成長であり堅調である背景においても、アマゾンの寡占具合はエグいのです。

物流は限界を突破し構造変化へ

通販市場のエグすぎる成長にともなって物流市場も成長するワケですが、ニュース報道でもあるように、収益構造に伴う慢性的な人手不足やインフラの老朽化など、ニーズの受け皿としての状況は図らずも芳しくありません。

送料無料の当たり前のECにおいても、配送料の値上げはまったなしで実施されましたが、実施はクロネコヤマトのように組織的に「ぼったくり」していた次第で、なかなか業界全体でのインフラ改善や物流問題への取り組みは足並みは整いません。

そんな状況でも通販市場は拡大してゆきます。

まずアマゾンは自社で物流ネットワークを整え、ヤマトや佐川を利用せずに配送環境を完備してください。あなたたちの分を運ぶ分だけ他社が割りを喰うのです。
そして上位300社にも入らない末端のEC事業者は、「自分のところから配送する」という当たり前がなくなることを想定しておくべきでしょう。

指定倉庫に在庫を一括管理し、自らその倉庫に自分の足で補充することになります。これにより少なくとも、配送枚個別回収をする手間と時間と人員と配車を削減することででき、倉庫からの配送キャパ拡充に回せることになります。

マンションの一室でECビジネスをしているような規模に対して、物流は個別に荷物を引き上げには来ません。それなりなコストを要して指定倉庫に在庫を置いておくワケで、相応のコストが発生します。当然「片手間」でやれるようなビジネスではなくなるのです。

物流が限界を超えると、末端のEC事業社が排除される。
そんな直近の未来を予見しています。






BCLab.ソリューションラインナップ








 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. オムニ施策,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    オムニ施策のその先に、迫られるショールーミングへの覚悟と決意 | BCラボ ブランドEC研究所

    ECとリアル店舗での販売戦略統合となる オムニ施策 が小売業のデジタル…

  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研究所

    検索の支配者であるGoogle様は、ランキング要素やアルゴリズムのネタ…

  3. 巣ごもり消費,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    巣ごもり消費 今そこにある休眠客というお宝を掘り起こすのだ

    残念ながら、一度習慣性を失った消費行動を取り戻すことは容易ではありませ…

  4. ソーシャルコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルコマース 今そこにあるショッピングの新常識

    ソーシャルメディアがユーザー間のコミュニティで完結するだろう状況は過去…

  5. ポイントブランド,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    選ぶべき ポイントブランド その導入が選ばれるスマホECの条件 | BCラボ ブランドEC研究所

    ニッポンがポイント天国となった背景に、提供事業者の決算に関わるオトナな…

  6. 自社EC戦略,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    自社EC戦略 掲げる脱プラットフォームの先にあるD2C理想郷

    モールやプラットフォームの都合だけでなく、業界の常識や商慣習などカンケ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. EC構築システム市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. メジャーソーシャル最新動向,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP