ECCUBE4,Nint ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

EC News HeadLine

ECCUBE4 系はECサイト構築市場の流れを変えられるか | BCラボ ブランドEC研究所

ECサイト構築には様々な選択枝がありますが、システム連携やその自由度の面からオープンソース系が選ばれる理由があります。その筆頭がECCUBEなのですが、最新バージョンがリリースされました。 ECCUBE4 になります。

2系サイトの多くは3系へのアップデートよりも、他のレンタルカートへのリニューアルを選択したケースが多いようです。肝心の自由度はコスト負荷を高め、最新ソリューションの対応は遅れがちと、ほぼメリットが見出せませんから。

最新版のECCUBEは選ぶべきパフォーマンスを秘めているのでしょうか。


ロックオンは10月11日、ECサイト構築のオープンソース「EC-CUBE(イーシーキューブ)」の最新版「EC-CUBE 4」を正式リリースした。
「ECの色を」というコアコンセプトのさらなる実現のため、内部機構からの見直しを実施。カスタマイズ性や使い勝手を大幅向上させたメジャーバージョンアップとなっているという。正式リリースまで2年間、開発・準備に費やした。

情報源: ECのオープンソース最新版「EC-CUBE 4」をロックオンがリリース、何が変わった? | ネットショップ担当者フォーラム



ECCUBE4 系、そのパフォーマンスは3系の2倍以上に

・3系最新版と比較して「2倍の速度」で動作しちゃう。
 サーバー環境を同一で比較した場合、掲載アイテム9万点・画像点数1万点もの膨
 大な情報量と高い負荷でも、スムーズに動作しちゃうのです。

・基本機能は10%マシマシ
 商品一覧での購入機能
 デバイスまたぎでのカート保持機能
 管理画面のUI刷新で使いやしさを追求
 管理画面での一括処理や出荷伝票番号入力機能

・セキュリティ診断済で安心利用
 サイトのリリース前段階で、セキュリティチェック、専門家によるセキュリティ
 診断を実施。EGセキュアソリューションズとのアドバイザリー契約を締結。

・プラグインの充実化
 決済ブラグインを含めて、従来人気のあったプラグインを中心に30個以上を標準 
 搭載へ。今後対応プラグインは順次増加予定。

決済ASPカートと比較して

基本オープンソースなので、頑張ればサイト構築はサイト制作会社などを利用しなくとも構築可能です。ただし、いくら3系からプラグイン対応となったとはいえ、ワードプレスでブログを作るのとはワケが違います。実際のサイト制作は専門の制作会社に依頼することが現実的です。

その点は、どの決済ASPカートを選択しても違いはありませんが、機能追加においては、「提供されているプラグインが前提」となるため、かつてのECCUBEのようなカスタマイズ性は限定的です。
この時点で、最新版とはいえECCUBEを積極的に選ぶ理由は、およそのサイトにはありません。
本社システムと連携した、在庫連携や出荷管理などバックエンドシステムの使い勝手や連携向上させることが目的となります。内向けですね。

3系リリース直後の2年前から開発を進めたという今回の4系。この2年でのEC環境の変化は、堅実なパフォーマンスアップさえも「見劣り」させてしまうほどの大きなうねりにあったのかも知れません。

BCLab.ソリューションラインナップ





Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. GoogleShopping,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    GoogleShopping 全面刷新で広告強化よりもモール化が進んでしまう | BCラボ ブランド…

    「売り買いの場」が変化劇的のプレイヤーシフトなECにおいて、小売広告の…

  2. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    不正アクセスと情報漏洩 ヤマダとコジマを襲った異なる手口とリスク | BCラボ ブランドEC研究所

    不正アクセスと情報漏洩 ニュースの常習化は、その重大性が麻痺するほどに…

  3. ZOZOTOWN新事業戦略,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    ZOZOTOWN新事業戦略 独善的未来志向の日和り具合がガッカリな件 | BCラボ ブランドEC研究…

    事業売上は伸びたが、営業利益は減益というあくまで自社内の事業構図が問題…

  4. ソーシャルコマース,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    ソーシャルコマースのメインステージ LINEとインスタは新機軸へ | 4月第3週 トピックスまとめ

    新料金体系にシフトしたLINE、ソーシャルの軸ともいえる「いいね」のカ…

  5. Z世代の購買力,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    Z世代の購買力を牽引するYouTube、すべてはお前の仕業か | BCラボ ブランドEC研究所

    見聞きした時代の背景が違うワケで、世代間ギャップは隔絶のモノですが、溝…

  6. アパレル市場,キャッシュレス社会,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    スマホとおサイフは別よ キャッシュレス社会へのブレイクスルーは増税還元ポイント

    リアル店舗でのお支払い事情は依然として現金派が主流を占めているます、令…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. インスタ検索,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ウェブ接客,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. MEO,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. オムニ施策,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. クレカ情報漏えい事故,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP