ECリアルトレンド,PayPal決済,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

ソーシャルコマース

2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC研究所

毎年この時期になるとあらゆるマーティングサイトで展開される「ECトレンド」のお題目ですが、基本的にその対象は、大手向けサイト向けの最先端トレンドです。大体、先端すぎて数多くのサイトには不要のトレンドなので、当ラボでは「伸びしろと可能性を秘めた」これからサイトを対象に、「現実的」に取り入れておくべき ECリアルトレンド をラインナップしてゆきます。

逆に言えば、「やっとかないとマズいことなる」必須事項とも言えます。2019年のECシーンは、プレイヤーが生き残るか否かの分岐点となるかもしれません。


Every year at this time, the subject of the “EC Trend” that is deployed on all marketing sites is basically the cutting-edge trend for major websites. This is a trend that is generally too advanced and unnecessary for many sites, so our lab has a lineup of EC real trends that should be incorporated in a “realistic” way for sites that have “expanded potential” I will go.

Conversely, it can be said that it is a must-have if it does not work. The 2019 EC scene may be a turning point for players to survive or not.


MAツール,マーケティングオートメーション,インサイトハブ,insighthub,ロイヤルカスタマー,B2C,B2B,BCラボ,BCLab,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECサイト分析,分析,EC成長戦略,


ECリアルトレンド 1:インスタコマース

今年2018年の最大のトピックスとも言えるインスタグラムのショッピング機能実装ですが、その後の機能拡大の加速具合に、ソーシャルコマースの本命であり、新たなコマースエリアが確立されたと言えるでしょう。

自社ブランド独自のハッシュタグの浸透に努めたり、サーチヒットしやすいタグを欠かさず入れておくなどの地道な努力が身を結びそうです。また本質的にコミュニケーションであることはユーザー側に意識が強いようで、DMやコメントへのリアクションなど、何気ないつながりが最良のエンゲージメントを育んでいきます。


This is the biggest topic of 2018, and it is the shopping function implementation of Instagram.However, as the function expansion accelerates, it is the favorite of social commerce and it can be said that a new commerce area has been established.

It seems that steady efforts such as trying to penetrate hashtags unique to own brand and inserting tags that are easy to search hits will not be missed. In addition, it seems that users are conscious of communication in nature, and casual connections such as DMs and reactions to comments will foster the best engagement.



ECリアルトレンド 2:UGCでコミュニティ化

広告や企業発信メッセージが届きにくくなった要因として、対象ユーザーとの「立ち位置の食い違い」が挙げられます。ソーシャルによる「民主化」は、メディアや企業、ブランドの「ありがたい存在」であるが如き振る舞いを拒絶させているのですね。

そもそもクチコミやそれが有するインフルエンスは、日常での近しい存在から発揮されるワケで、ユーザーと企業の媒介にはインフルエンサーたちが役立ちましたが、今後その媒介役は、商品価値を理解し利用している「購入者」が担うことになるのです。
遠くのインスフルエンサーよりも近くの知人という、コミュニティ本来の姿にシフトしたとき、ECサイトがその集積地となり、「購入目的」以外の来店要素が不可欠となります。それがコミュニティ化ということです。

UGCを活用したECサイトは、購入者のベネフィトの証明場となり、「素敵❤︎」「カワイイ❤︎❤︎❤︎」「クール⤴︎」などの共感を育む「共創価値」を提供してゆくことになります。商品は共創を発生させる「養分」というワケです。


One of the factors that made it difficult for advertisements and corporate messages to reach customers was “difference in standing position” with target users. Social democratization rejects the behavior of media, companies, and brands as if they were “thankful”.

In the first place, word-of-mouth and the influence it possesses are a result of its close presence in everyday life.Influencers helped to mediate users and companies, but the mediator will understand and use the value of the product in the future. The “buyer” who will do it.
When the shift to the community’s original form of a nearby acquaintance rather than a distant influencer, the EC site becomes an agglomeration area, and visiting elements other than “purchase purposes” are indispensable. That is communityization.

An EC site utilizing UGC will serve as a proof of the buyer’s Benefit and will provide “co-creation value” that fosters empathy such as “nice”, “kawaii” and “cool” . The product is a product called “nutrition” that causes co-creation.



ECリアルトレンド 3:チャットコマース

LINEやソーシャルが普及した以降、顕著化した「テキストベース」の交流は、無人店舗に等しいECサイトに「接客」をもたらしました。

24時間365日対応可能で、自社商品データを素材、色、在庫などの情報を完璧に兼ね備えた「店員」は、自社情報だけでなく、来店客の購買履歴に加え、店舗内行動や好みまでをも把握して、接客し始めまたのです。さらに、店内接客だけでなく、お客の後を追いかけ、適切なタイミングでコミュニケーションを仕掛け、再度の来店を促すのです。
数年後、自我に目覚め、勤怠改善と賃金交渉をし始まるかもしれませんが。


Since the spread of LINE and social, “text-based” exchanges that have become prominent have brought “customer service” to e-commerce sites equivalent to unmanned stores.

A clerk who is available 24 hours a day, 365 days a year and perfectly combines in-house product data with information such as materials, colors, inventory, etc. We also started to serve customers. In addition to following customers in-store, they follow customers, set up communication at the right time, and encourage them to come back to the store.
A few years later, you may wake up to your ego and start working on time and wage negotiations.



ECリアルトレンド 4:グローバルEC

訪日客の増加は、首都圏・地方を問わずリアル店舗へ大きな恩恵となっていますが、それはECという海外通販の領域でも現れはじめました。購入のためにわざわざ来日するよりも、自宅でショッピングできた方がスピーディで都合がいいのは間違いありません。いわゆるインバウンド効果は、店舗売上への貢献に加え、ECで購入するために手にとって確認するショールームでもあるワケです。

中国独身の日の売上が楽天市場の年間売上額を超えたり、ブラックフライデーやサイバーマンデーのオンライン売上が6500億を超えるなど、この怒涛の消費意欲を支えるのがECであり、その意欲は言語、通貨、物流の壁を難なく乗り越えてやってきているのです。最大消費国である中国やアメリアの消費者たちのショッピング意欲の向かい先は、ほかでもないこのニッポンなのですよ。

買う気満々の消費者が店の前で待ち構えていますが、英語もドルも用意していないアナタのお店は、彼らを入店を拒んでいます。言語を英語対応して、PayPal決済を整えるだけで、国内市場の10倍ものユーザーを受け入れ体制が整うのです。
一体何を迷うというのでしょう?
代引き? ポイント提供? それは海外ユーザーには必要ありませんよ。


The increase in the number of visitors to Japan has greatly benefited real stores both in the Tokyo metropolitan area and in regions, but this has also begun to appear in the e-commerce area of ​​e-commerce. There is no doubt that shopping at home is faster and more convenient than visiting Japan for purchase. The so-called inbound effect is not only a contribution to store sales, but also a showroom that can be checked by hand for purchase on EC.

With the sales of China Single Day exceeding the annual sales of Rakuten Ichiba and the online sales of Black Friday and Cyber ​​Monday exceeding 650 billion, EC supports this tremendous consumer confidence, language, They have successfully overcome the barriers of currency and logistics. This is the only destination in Japan where consumers in the largest consumers, China and Amelia, are willing to shop.

Consumers who are willing to buy are waiting in front of the store, but some shops in Anata, where neither English nor dollars are available, refuse to enter. All you need to do is set up a PayPal payment in English and your language will be ten times the size of the domestic market.
What is going to get lost?
Cash on delivery? Point offer? It is not necessary for overseas users.



ECのリアルトレンド 5:モバイル決済

2019年はキャッシュレス化が最も騒がれる一年となることでしょう。EC利用においては「現金で支払う」という手法は、代引きやコンビニ支払いなどのいわゆる「後払い」がその用途となっていますが、この「後払い」のリスクは、リアル社会でのキャッシュレスが浸透することで軽減されるかもしれません。

リアル店舗でのキャッシュレス手段が増えれば、それはおのずとECでの支払い決済にも比例します。つまり、リアルで使っているキャッシュレスブランドがECでも使えることが重要となるワケです。

そのキャッシュレスの普及施策が、利用金額に応じたポイント還元に重点を置いている限りにおいて、整えておくべき決済ブランドは限られてくることでしょう。スバリ、楽天PayとYahoo!IDログインのPayPay、そしてLINEPayと。

そのサイトの商品しか利用用途のない限定的なポイントにさほどの価値はありません。インセンティブであるポイント付与は会員獲得と継続利用を促す重要施策でもありますが、キャッシュレス促進が、自社サイトポイントの価値を著しく引き下げることとなるでしょう。

いつもの支払い手段をリアルでもECでも。


2019 will be the year when cashlessness is the hottest. In EC use, the method of “paying in cash” is used for so-called “payment” such as cash on delivery and convenience store payment, but the risk of this “payment” is that cashless in the real society will spread May be reduced by.

If cashless means increase in real stores, it will naturally be proportional to payment settlement in EC. In other words, it is important that cashless brands that you use in real life can be used in EC.

As long as the cashless popularization policy focuses on rewarding points according to the amount spent, the payment brands that need to be prepared will be limited. Subari, Rakuten Pay, PayPay of Yahoo! ID login, and LINEPay.

A limited point where only the products on the site are used is of little value. While incentive point granting is also an important measure to encourage membership acquisition and continued use, cashless promotion will significantly reduce the value of your site points.

Your usual payment method is real or EC.



ECリアルトレンド 6:パーソナライズ対応

顧客が「個客」へと変わった今、販促施策においても従来のような「画一的」なアプローチをしていたのでは、誰にも響かないというのが現状です。
限りなく多様化した個客ニーズを正確に把握し、それに合わせて個々への施策を実施するのは、人に手によるアナログ的な手法では極めて困難です。
最適な個客に、最適な商品や情報を、最適なタイミングと最適導線で提供するOne to Oneマーケティングの実現には、EC自体が、個客の閲覧履歴、接触履歴、行動履歴を把握し、パーソナライズ化するシステムが欠かせません。
それがマーケティング・オートメーションなのです。


Now that customers have turned into “individual customers,” the current situation is that if sales promotion measures take the conventional “uniform” approach, it will not affect anyone.
It is extremely difficult to accurately grasp the diversified needs of individual customers and to implement individual measures in response to them, using analog methods that involve human hands.
In order to realize One-to-One marketing, which provides the best products and information to the best customers at the best timing and the best leads, the EC itself needs to understand the browsing history, contact history, and behavior history of each customer, A personalized system is essential.
That’s marketing automation.




2019年、ECのキーワードは進出と進化

ということで、2019年のECのリアルトレンドをまとめると、そのキーワードは「進出」と「進化」ということになります。

インスタコマースでグローバルECへ「進出」をすることで、国内些サイトとは別に、海外通販用サイトを展開することに。決済ブランドや代引き、ポイント施策、返品事情など、日本国内マーケットのローカル事情は「国内専用サイト」で優先すべきで、1URLで習慣の異なる国内外すべての消費者へつつがなく執り行うというのはいささか都合が良すぎる話ではあります。

拡大市場とはいえ、国内需要の減退ムードにすべての労力を注ぎ込むのも効率が悪いです。購買テンションが著しく低い方々に、クーポンやらセールやら値引きばかりと通知するよりも、買う気満々の消費者が、それこそ国内人口総数よりも多く存在する「海外」に対応し、労力を注ぐ方が建設的なのは明らかです。

その国内サイトも、大手サイトが続々と導入し実現している「パーソナライズ」という「進化」が利用者に体感されている状況であり、快適で利便性の高いサイトが優先されることは間違いありません。提供ポイントや設備投資など資本面で太刀打ちできないなら、量よりも質で勝負してゆくしかないのです。

大手サイトであっても、Amazonや楽天、ファッションであればZOZOTOWNに真っ向勝負して敵うはずもなく、そこで勝負を諦めるのではなく、自社サイトという「直営店」であるからこそ提供できるサービスやショッピング体験に注力して、価値を見出してもらおうと必死なワケです。

補正した商品画像をキレイに並べて訪問を待つだけ、来店しても「いらっしゃいませ」も言わない店で売れるハズがありません。これまでのECの常識は、消費者側が受け入れなくなってゆくのです。
初回訪問客と常連とでは異なる接し方が必要になります。パーソナライズという「進化」は、リアル店舗の接客やそのスキルによる提供サービスが、ECとシームレス化することを意味します。

優れた接客ノウハウを蓄積したカリスマ店員が24時間365日、複数の来店客を同時に接するようなものです。それが2019年、あらゆるジャンルの様々な規模感のECサイトでも求められる「進化」なのです。


So, if we summarize the real trend of EC in 2019, the keywords will be “introduction” and “evolution”.

By expanding into the global e-commerce market via insta commerce, we will develop an overseas mail-order site apart from the trivial sites in Japan. Local circumstances in the Japanese domestic market, such as payment brands, cash on delivery, point measures, and returns, should be prioritized on the “ domestic dedicated site ”, and it is somewhat inconvenient to have a single URL for all consumers with different customs in Japan and overseas. That’s too good.

Despite the expanding market, it is inefficient to put all the effort into the mood of declining domestic demand. Rather than notifying those with significantly lower purchasing tensions of only coupons, sales and discounts, consumers who are willing to buy are more likely to respond to “ overseas ” where there are more than the total population of the country, and to invest their efforts. Clearly constructive.

As for domestic sites, users are experiencing the “evolution” of “personalization” realized by major sites being introduced one after another, and there is no doubt that comfortable and convenient sites will be given priority. . If you cannot compete in terms of capital, such as points offered and capital investment, you have to compete with quality over quantity.

Even if it is a major site, if it is Amazon, Rakuten, fashion, it will not be able to compete against ZOZOTOWN directly, and instead of giving up the game there is a service that can be provided only because it is a “ directly managed store ” called its own site It’s a desperate reason to focus on the shopping experience and find value.

Just wait for a visit after arranging the corrected product images neatly, and even if you come to the store, there is no selling point at the store that does not say “Welcome!” The common sense of EC until now has become less acceptable to consumers.
First-time visitors and regulars require different treatments. The “evolution” of personalization means that customer service at real stores and services provided by their skills are seamless with EC.

It’s like a charismatic clerk who has accumulated excellent customer know-how and treats multiple customers 24 hours a day, 365 days a year. That is the “evolution” that is required in various genres of e-commerce sites of all genres in 2019.




BCLab.ソリューションラインナップ


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. メディアビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    メディアビジネス DMPで実現するPV至上主義からの卒業

    PV数という数値は、雑誌でいえば発行部数でもあり、メディア査定には欠か…

  2. SHOPNOW,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ中の人が語るSHOPNOW機能活用のポイント | BCラボ ブランドEC研究所

    SHOPNOW は待望のショッピング機能ですが、実装当初の待望感ほど…

  3. 会話データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    会話データ ヒアリングこそ体験価値を引き上げる最重要施策

    諸表数値を暗記するのは当然と、買ってことも触ったことさえもない商品を評…

  4. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    メジャーモール 出店数におけるファッション通信簿

    消費税増税の際もその恩恵は メジャーモール に集約された感がありますが…

  5. ファッションテック,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  6. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドEC研究所

    一斉配信メルマガで売れたあの頃が懐かしいですが、もう時代は後戻りしてく…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 給付金10万円,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. EC対実店舗,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  5. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
PAGE TOP