ECペイメント事情,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,,

マーケティングトレンド

ECペイメント事情 若年層の利用動向から開かれる未来の扉 | BCラボ ブランドEC研究所

支払い手段がないなら諦めるのが当然として、3割弱が購入行動を継続してくれるなんて素敵やん! ですが、クレカ以外の支払い手段を用意したところで、普及5%前後のニッチな ECペイメント事情 の為に、月額だったり管理手間が増えるなら、割が合わん無駄やん!、というのは早計なのです。


It would be nice to give up if less than 30% would continue buying behavior if there is no means of payment! However, if we prepared a means of payment other than Creca, the niche EC payment situation of around 5% spread For that reason, if the monthly fee or management time increases, it will not be worthwhile! That’s too fast.


ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービスは8月21日、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)における決済手段の利用実態に関するアンケート調査の結果を発表した。
それによると、ユーザーが最も利用する決済手段に対応していないECサイトでは、物販サイトで62.5%のユーザーが購入せず、「他のサイトで探して購入する」と回答。デジタルコンテンツサイトでも51.5%が「他のサイトで購入する」と答えた。



ECペイメント事情 今手持ちにあるご都合のすり合わせ

普段利用する決済手段に対応していない場合

・「他のサイトで同じ商品を探して購入する」行動へ:62.5%
・「また探すのは面倒だから、可能な支払い手段に応じる」順応へ:35.9%
・「カゴ落ち放置の刑」「ブラウザそっと閉じ」「日頃の鬱憤まで盛り込んだクレームをフォーム入力」などがあるだろうその他:1.6%

いずにしても購買行動は継続されるワケですからヨシとすべきでしょうけど、実際「他のサイトでも買える」という認識に至るまでの方が難しかったりしませんかね。もしくは「どうせこの程度の商品なら似たようなモンでもアマゾンか楽天で買えるんじゃね」というのが現実かと。

「ウチでしか売ってませんがな」とオンリーワンな魅力溢れる商品であれば、支払い手段に準じるに相応しいと判断されますが、どこでも買えるようなシロモノに「妥協する」ほど、今の消費者は寛容ではありません。

ならばと、ふんだんに決済手段を取り揃えたところで、「結局クレカしか使わないじゃん」という可能性も。

ECで最も利用する決済手段

・クレジットカード:79.1%
・コンビニ払い:6.6%
・キャリア決済:2.9%
・代金引き換え:2.8%
・後払い系サービス:2.0%
・銀行振込:1.2%
・その他の決済手段:5.4%

おわかりいただけたであろうか。
8割利用のクレカ以外、利用5%程度の手段が「ガン首揃えて」いるしかありません。それぞれがニッチな手段でしかなく、それへの対応投資に価値があるかといえば、疑問を抱かざるを得ません。

ECペイメント事情「その他の決済手段」の動向は若者次第

ただしこの決済動向は、年齢・性別で区分けしてみると、ちょっと事情が異なってきます。グラフデータ(※)はリンク元記事をご参照頂くとして、10代・20代とクレカ保有条件に乏しい若年層には、「その他の決済手段」となるモバイル&キャッシュレス決済ブランドが名を連ねている次第です。

今回のデータで「その他の決済手段」として枠入りしているのは、Yahoo!ウォレット、リクルートかんたん支払い、楽天ペイ、LINEPay、Pay-easy、電子マネー、プリペイドカード、ApplePay、Googlepay、永久不滅ポイント、パイパル、Alipayなどの錚々たる顔ぶれ。

10代・20代向けのレディース向けファッションECで、「何?このサイト、LINEPay使えないですけどウケるー、それでトレンドを提供しているつもり?」と小馬鹿にされるワケにはいきませんからね。

LINE公式アカウントでセール告知やクーポン発行しているのに、LINEPayでは払えません、というのは不条理というものです。

実際、AmazonPayなどの決済手段を提供してから、未払いリスクが残るコンビニ支払いの選択が減るなど、利用率20〜30%を占め、特にモバイルデバイス経由でのCV改善に貢献しているサイトも。

「ビジネスの対象となる世代や利用層への使いやすさ」への取り組みは、その対応コストが微々たるものと思えるほど売上に貢献すると判断されます。

ん?そういえば、その「他の決済手段」にAmazonPayが入っていないな、うーんこの調査やり直し!


However, the situation of this settlement trend is slightly different when it is classified by age and gender. As for the graph data (*), please refer to the link source article, and for teens and 20s and young people with poor Creca holding conditions, mobile & cashless payment brands that will be “ other payment means ” It is up to you.

In this data, “ Other payment means ” are included in Yahoo! Wallet, Recruit Easy Payment, Rakuten Pay, LINEPay, Pay-easy, Electronic Money, Prepaid Card, ApplePay, Googlepay, Permanent Immortal Point, Sharp, Alipay and other remarkable faces.

It’s a fashion EC for ladies for teens and 20s, “What’s this site, LINEPay can’t be used, but it’s ok, is it going to offer a trend?” .

It’s absurd that you can’t pay with LINEPay even though you’ve issued a sale or issued a coupon on your LINE official account.

In fact, some sites accounted for 20-30% of utilization, such as reducing the choice of convenience store payments that left unpaid risks after providing payment methods such as AmazonPay, and in particular, sites that have contributed to improving CV via mobile devices.

Efforts to “ease of use for the generations and users of the business” will contribute to sales so that the cost of responding to them will be insignificant.

Hmm? Speaking of which, that other “payment means” does not include AmazonPay, ummm this survey again!




AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    LINEマーケティング

    LINE広告 圧倒的リーチ力で実現する永続的なEC共栄圏

    当初 LINE広告 への投資は、資本豊富なナショナルクライアントを対象…

  2. アパレル市場,キャッシュレス社会,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    マーケティングトレンド

    スマホとおサイフは別よ キャッシュレス社会へのブレイクスルーは増税還元ポイント

    リアル店舗でのお支払い事情は依然として現金派が主流を占めているます、令…

  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研究所

    検索の支配者であるGoogle様は、ランキング要素やアルゴリズムのネタ…

  4. 売れる商品画像,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    売れる商品画像 ブツ撮りを制するモノ、ECを制す

    白バック影イキな商品単体を写すシンプルなブツ撮り画像の価値が見直されて…

  5. 給付金10万円,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    給付金10万円 アフターコロナの「新しい生活様式」に特需はあるか

    コロナ感染防衛の日々によって、自然と社会常識と化してきたアフターコロナ…

  6. キャッシュレス調査,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    キャッシュレス調査 進化する令和のお支払い事情

    一度でもキャッシュレスの支払いを経験すれば、現金という支払い行為にまつ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 給付金10万円,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. EC対実店舗,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  5. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
PAGE TOP