EC決済ブランド 全てを網羅するならSBペイメント一択という現実

EC決済ブランド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

EC決済ブランド | リアル店舗で現金を使う機会は減り、代わりにオンラインでの キャッシュレス決済市場 が急速に拡大した。クレジットカードを持たない若年層のスマホでの商品購入も増加しており、オンライン決済のニーズは今後も高まっていくことでしょう。



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


自社ECの決済は“クレカ+α”がマスト。統計が示す、いま求められる決済手段とは?|ECのミカタ


EC決済ブランド,キャッシュレス決済市場,オンライン決済,SBペイメントサービス,決済サービス,クレカ,PayPay,楽天Pay,LINEPay,コンビニ決済,代金引換,キャリア決済,銀行振込,電子マネー,後払い決済,
BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,

EC決済ブランド ECサイトでよく利用する決済手段


EC決済ブランド,キャッシュレス決済市場,オンライン決済,SBペイメントサービス,決済サービス,クレカ,PayPay,楽天Pay,LINEPay,コンビニ決済,代金引換,キャリア決済,銀行振込,電子マネー,後払い決済,
BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
・最も多く選ばれたのはクレジットカードで、その数は全体の8割弱と圧倒的。
・PayPayは、実店舗でもオンラインでも着実に利用者数を伸ばしている。
・コンビニ決済、キャリア決済、代金引換なども、依然として一定数の利用者が存在

結果的に、取り揃えるべき決済手段もブランドも、ユーザーの利用状況によって細分化している状態にあります。2割にユーザー都合に応える為に、あらゆるブランドを整えておくべきかは判断に迷うところです。

厄介なことに、ユーザーがひとつの決済手段に固執しているワケでもなく、利用頻度の高低によって、会員登録してクレカにしたら、ID決済でこと済ませるなど、多様性の受け入れ姿勢が機会損失を防止することは間違いないようです。

2018年比較 よく利用する EC決済ブランド の変化


EC決済ブランド,キャッシュレス決済市場,オンライン決済,SBペイメントサービス,決済サービス,クレカ,PayPay,楽天Pay,LINEPay,コンビニ決済,代金引換,キャリア決済,銀行振込,電子マネー,後払い決済,
BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
・圧倒的1位はクレカであるがシェアは5.4ポイント減少
・2018年にはエントリー枠もないPayPayが17.5%ものシェアを奪取
・代引、振込、キャリア決済などの変化の乏しさは、一定数の利用ニーズの堅持

LINE Payも統合するPayPayがID決済で優位的ポジションを獲得しつつあるようですが、ことオンラインではヤフーとPayPayモールを足しても楽天市場には及ばない分、楽天Payを蔑ろにする理由が見当たりません。

手間と不安を強いる個人情報やカード情報の登録が不要になる点をアドバンテージに、AmazonPayと楽天PayとPayPayがクレカに次ぐ、マストな決済手段として整えておくべきという結論は明白ですが、極めて厄介なことに、この3大ID決済を揃える現実的な選択肢は、決済代行社とSBペイメントと契約するほかありません。

また、コンビニ決済や後払い決済の減少は、ID決済の拡大の余波とも思われ、そもそもコンビニでの支払いが現金からPayPayを代表とするID決済に移行しているワケで、その手続きがオンラインで可能なら、コンビニに赴く理由を増やす必要性も見出せません。

EC決済ブランド 支払い方法の不一致、機会損失を招く


・男女とも約60%以上がそのサイトで購入を諦め離脱へ
・クレカ決済はできるハズなのにしないのは、登録自体が面倒だったり不安だったりするから
・他に使い道のないポイントなど貯める価値もないという冷徹で極めて現実的な思考能力の持ち主
・万が一のリピートの可能性さえも断ち切るセキュリティ絶対派

会員登録してもらわないことには、メルマガもCRM施策もままなりませんが、まずは購入してもらうことが絶対的な優先事項であるワケで、登録しないと支払いを拒む店舗などがないように、ECも限りなく手間を省くことが、今も先将来の機会損失を防ぐ最大の防衛措置であるのです。

リアルでもECでも無視できなくなったPayPayという決済ブランド

怒涛のADSL回線営業を彷彿とさせるPayPay営業の機動力を持ってしても、手数料ゼロだけが店舗利用の継続条件のように、キャッシュレス社会への歩みは、ソフトバンクだけが赤字を背負うような構造にありますが、8割ニーズのクレカに加え、残り2割をフルラインナップで決済手段を整える唯一の手段がSBペイメントとの契約にあるとすれば、還元イベントだけがアプリMAUを引き上げる手段だとしても、事業継続するだけの利益確保は可能なのだと願うばかりです。

情報源: 自社ECの決済は“クレカ+α”がマスト。統計が示す、いま求められる決済手段とは?|ECのミカタ

GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA