EC市場調査2019,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングデータ

EC市場調査2019 コロナビフォワー/アフターも変わらないEC成長力

実店舗の継続が困難となった今、ECは小売の必須チャネルとして、その存在の重要性が見直されました。 EC市場調査2019 は、もう「違う過去の話」かもしれませんが、少なくとも今後、熾烈を極めるEC競争社会へのプロローグ状態を示していることは間違いありません。

経済産業省は7月22日、2019年における電子商取引(EC)に関する市場調査の結果を発表した。国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、前年比7.65%増の19兆4000億円だった。BtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模は前年比2.5%増の353兆円に拡大した。

情報源: 2019年のEC市場規模(BtoC)は7.65%増の19.4兆円 EC化率は6.76%、経産省が発表



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


EC市場調査2019 主な数値がコチラ

・国内BtoC-EC市場:19兆4000億円 / 前年比7.65%増
 EC化率:6.76% / 前年比0.54ポイント増
・物販系分野:10兆515億円 / 前年比8.09%増
・サービス系分野:7兆1672億円 / 前年比7.82%増
・デジタル系分野:2兆1422億円 / 前年比5.11%増

2020年では20兆円超えが見込まれますが、コロナ禍での新規参入などによる加速が予想されますが、全体的な経済低迷がどこまで影響を及ぼすかが注目される点です。

これでも、EC化率はヒト桁台程度でしかなく、増加ペースも「さざ波」程度ですから、こちらのコロナ禍がどう影響を及ぼし、数値を引き上げるでしょうか。
EC化率10%台などまだまだ道半ばといったところで、物流限界ですから、その先に待ち受けている課題の解決は、一事業者の努力ではなく、社会的な取り組みとなるのは必然です。

物販系分野の詳細をランキングで見てみましょう

1位:衣類・服装雑貨等:1兆9100億円
前年比7.74%増/EC化率13.87%
2位:生活家電、AV機器、PC・周辺機器等:1兆8239億円
前年比10.76%増/EC化率
3位:食品、飲料、酒類: 1兆8233億円
前年比7.77%増/EC化率2.89%
4位:生活雑貨、家具、インテリア:1兆7428億円
前年比8.36%/EC化率23.32%
5位:書籍、映像・音楽ソフト:1兆3015億円
前年比7.83%増/EC化率34.18%
6位:化粧品、医薬品: 6611億円
前年比7.75%増/EC化率6.00%
7位:自動車、自動二輪車、パーツ等:2396億円
前年比2.04%増/EC化率2.88%
8位:事務用品、文房具:2264億円
前年比2.76%増/EC化率41.75%
9位:その他:3228億円
前年比6.26%/EC化率0.92%

市場規模では「アパレル系」、市場拡大の勢いでは「デジタル家電系」、圧倒的な化率で成熟に向かう「文具系」と同じB2C ECでも商材や業界によって、置かれた状況が異なるもの事実です。

化率の低い「飲食系」では可能性を感じるも、取扱の難しさで配送可能な商品を限定するに、その難しさを示しているとも言えます。

C2C、越境ECは

・C2C市場規模:1兆7407億円 / 前年比9.5%増
・越境EC市場
 中国消費者からの購入:1兆6558億円 / 前年比7.9%増
 米国消費者からの購入:2兆0094億円 / 前年比16.3%増

越境ECといえば中国ですが、実際はアメリカの方が市場規模も大きく堅調のようです。チャイナリスクに備えるよりも、英語圏へのマーケットリーチの方が可能性も高いと判断されます。しかしながらソレもコレもコロナでリセットされた感があります。

感染を抑え込み、ちゃっかり経済活動を再開させている中国に対して、未だ感染拡大の衰えを見せないアメリカでは、経済力にも影響を及ぼしてくるでしょう。また両国の緊張状態が続くことも懸念材料です。

先行きの不透明が漂うコロナ市況にあって、好調な市場データに浮かれる余韻もないというのが実際のところではないでしょうか。



腐りもしないのに、シーズン遅れの在庫品と「一般的には誰もそれが型落ちとはわからない」ものまでも破棄に追われる「アパレル系」の「自分の首を自分で絞める」かのような業界慣習を改善しない限り、実店舗分の売上をECでカバーするなどの非現実的で無謀な経営方針が、利益の見込めない疲弊業種への道をまっしぐらに突き進んでいるかのようで、このコロナ禍で広がるEC化の波は、悲劇のプロローグになりかねません。



GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. インバウンドビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    インバウンドビジネス Made in Japanバーゲンセール是正の好機へ

    世界が注目するMade in Japanは、ハイテクハードな完成品から…

  2. 大型セール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    大型セール ECイベントの恩恵は大手モールだけ説を検証

    EC界では恒例となった11月の 大型セール ですが、12月の年末商戦と…

  3. Yahoo!ショッピング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    メジャーモール

    Yahoo!ショッピング 楽天やアマゾンと同格に扱うのはもう無理なの

    ECモールの動向を語るに、楽天市場とアマゾンの2大メジャーは外せません…

  4. インターネット広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    インターネット広告 動画広告は本当にアゲアゲのトレンドなのか

    メディアの王者たるTVの広告費を超えたとして、 インターネット広告 に…

  5. ファッションEC,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    ファッションEC まずは「サイト内検索」という購買行動に隠された秘密

    サイトに訪問後の行動にはなにかしらの意図と意味があり、それがECであれ…

  6. LINE公式アカウント利用調査,LINE利用調査,LINE公式アカウント,LINE利用調査, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,

    ソーシャルコマース

    LINE公式アカウント利用調査 購入導線となる公式アカウントの実態

    LINE公式アカウント利用調査 で明らかになったお買い物プラットフォ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース効果,ソーシャルコマース,YouTube動画,インスタライブ,MMD研究所調査, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  2. アドビ調査,Adobe Analytics,デジタル経済指標, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  3. EC企業のSNS活用,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ダウンロードドキュメント

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP