EC通販事業課題調査,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングトレンド

EC通販事業課題調査 失われた希望と野望の彼方に抱く安定志向

ECを中心として通販事業が比較的新しい業態であることからも、時代の変化の波に順応しやすい特徴が挙げられますが、とはいえ、デジタルが及ぼす構造変化やトレンドシフトへの対応は、容易いことでjはなく、苦労も絶えません。そこで働く人々の意識を垣間見るのが「 EC通販事業課題調査 」です。


The fact that the mail order business is a relatively new business centered on e-commerce has a characteristic that it can easily adapt to the changes in the times, but the response to digital structural changes and trend shifts, It’s easy, there is no j, and there is no hard work. The e-commerce business problem survey provides a glimpse of the consciousness of the people who work there.


ECサイト構築/通販システム構築・支援を主要事業として手掛けている株式会社エルテックスは、通信販売事業関与者の実態調査を発表、EC/通販事業におけるSNSの活用実態、今後活用したいSNS、EC/通販事業者の担当業務、通販事業全般の課題、困り事・悩み事などを集計・分析した。



EC通販事業課題調査 3つの特徴

1:既存顧客満足度が大事
・ 3年連続で増加
・ この5年で10.4ポイントも増加
・ 増加したお悩みは、この「既存客満足度」と「広告メディアの使い方」だけ。

2:ECシステム導入の重要点の変化
・「導入や運用コスト」は大幅に減少し、12.4%程度に落ち着く
・「スタッフの業務知識」4.1増、「会社の信用」3.4%増と不安視

3:ビジネス重要点の変化
・ 唯一前年スコアを増加させたのが「コストの削減」3.7%
・「売上向上」「新規獲得」という事業命題は、直近5年で最低数値へ

つまり、就労状況に関わらず、右肩上がりに売上向上を目指した事業姿勢ではもう世間様にも通用せえへんのや、アカンねんと。そう無理して広告やっても新規獲得コストは割高だし、無駄も多いので、それよりも既存のお客様を大事にしてせなアカンでと。

なんとも達観の境地です。

なんて後ろ向きなんでしょう

なんてことでしょう、化率10%にも満たず、まだまだ環境整備段階の「初期レベル」でしかないというのに、もうカラダは仕上がったと、記録更新を諦めたアスリートのようです。

事業の重要点に「コスト削減」を掲げるのも、事業継続性を憂慮していると思われ、ビジネスや環境変化が激しく先行き不透明なデジタル現代社会では、致し方ないといった見方もありますが、「売上」や「新規顧客獲得」が直近最低数値という体たらくは、もう市場が完成完熟したという「勘違い」の表れでしかありません。

毎日変化も乏しい整った環境で従事する、平凡だけど安定した毎日を希望する方には、残念で仕方ありませんが、ECや通販市場が成熟するには「まだまだ道のり遥かなり」な次第です。国内NO.1ショッピングモールである楽天市場でされ、その地位が安泰とは言い切れる段階ではないのです。

消費市場において、化率10%にも満たない状態で「勝ち組」「負け組」の区別など、早合点でしかありません。ホイッスルが鳴って、相手チーム選手がドリブルし始めただけの段階で、勝負を諦める監督がいるでしょうか?

諦めたらそこで試合終了ですよ、いやこの場合、試合することを放棄しているのです。


It’s like an athlete who has given up on record-breaking, saying that the body is finished even though the conversion rate is less than 10% and it is still at the “initial level” of the environmental improvement stage.

It is thought that business continuity is a concern for raising the importance of “cost reduction” as an important point of business, and there is a view that it is not possible to do so in a digital modern society where business and environmental changes are severe and the future is uncertain. “Or” Acquisition of new customers “has the lowest value at the moment, but it is only an indication that the market has been completed and ripe.

It is a pity that anyone who works in a well-equipped environment with little change every day and wants a normal but stable life is a shame, but it is still a long way to go before the EC and mail order market matures. It is at Rakuten Ichiba, the No. 1 shopping mall in Japan, and its status is not at a stage where it can be said that it is safe.

In the consumer market, it is only an early meeting point, such as the distinction between “winners” and “losers”, with a conversion rate of less than 10%. Is there a coach giving up the game just when the whistle rings and the opponent starts dribbling?

If you give up, the game is over, or in this case, you abandon the game.



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 送料コスト高騰,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    送料コスト高騰 市場とニーズ拡大で高まるEC事業社の負荷

    コロナ禍でも拡大一方のEC市場ですが、サイト運営の人手不足や 送料コス…

  2. インターネット広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    インターネット広告 動画広告は本当にアゲアゲのトレンドなのか

    メディアの王者たるTVの広告費を超えたとして、 インターネット広告 に…

  3. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    WhatsAppビジネス で実現する訪日インバウンドのオムニチャンネル

    毎年観光客数を更新する観光立国ニッポンですが、訪日客にも買い物予算の限…

  4. D2Cトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    D2Cトレンド 問われるブランドビジネスの新基軸

    ファッションビルからの出店誘致や大手セレクトショップの取り扱いも増える…

  5. IDマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    IDマーケティング データ規制時代で実現するパーソナライズへの架け橋

    ウェブマーケティングにおけるマネタイズは、ユーザーデータの精度と活用を…

  6. 消費者行動調査データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    消費者行動調査データ 2020年ネットショップの歩き方

    消費者行動調査データ が示すとおり、基本彼らはわがままであり、身勝手…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ショッピングアプリ動向,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. FBAマルチチャネル,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ソーシャル購買行動,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. ウェブ接客ツール,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. 3C分析,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  5. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
PAGE TOP