国内メジャーECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

メジャーモール

国内メジャーECモール いまさら聞けないキホンの基

国内メジャーECモール という括りに、アマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングは納得の顔ぶれも、ここにZOZOTOWNを入れても「規模が違う」だけに違和感しかありませんが、実質的にアマゾンと楽天の一騎打ちというのが、出店も購入も「2択」という現実ではあります。

「楽天市場」は楽天株式会社が提供するショッピングモール。年間国内EC流通総額3兆4000億とインターネットショッピングモールの中では国内最大級の流通を誇っており、インターネット通販市場において高いシェアも獲得している。また、その他楽天のサービスを利用しているとポイントが最大で15倍つくなど利用者にとってお得であることも魅力的なポイントと言える。楽天会員ID数が9870万人と他のショッピングモールに比べて群を抜いて多く、圧倒的な集客力があることと、短期的な売り上げアップが可能であることが楽天市場の最大の特徴と言える。 | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。

情報源: 主要ECモール6社比較!~違いを理解し自社に合ったモールを見つける~|ECのミカタ



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


アマゾン

・フルフィルメント by アマゾン(FBA)により、保管・梱包・出荷・配送・返品を一貫して実施、これにより少人数でのEC事業運営を可能に。
・出店ではなく出品型なので、取扱商品が少なくとも利用可能。
・ユーザー利便性の為なら、出品者が広告出してもカート保持条件は一緒

楽天市場

・流通総額3兆4000億を誇る国内最大モール
・会員数9870万は国内最大規模
・出店初期でも上級会員がポイント狙いで購買へ
・送料問題で露見した公取ともガチンコな頑固具合

Yahoo!ショッピング

・初期費用・月額固定費・売上ロイヤリティが無料
・Yahoo!ジャパンのアクティブ利用率を活かした集客力
・自社ECサイト等への外部リンク掲載が可能
・顧客メールアドレスの自社保有が可能
・上位2モールとは大きく引き離されたとはいえ、国内3番手は堅持。
・モール内出広よりもYahooオンライン広告の方が効果あり

au PAYマーケット

・ガラケー時代から通販事業には強いau
・前進はガラケービジネスの進化版「au Wowma!」
・どんなにPayPayが強くてもキャリア決済は滅びない決意を抱えた名称変更
・当然ながらスマホ利用者で9割、30代・40代女性利用が突出
・日本商品特化型ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」で、中国向け越境ECが実現

Qoo10

・ebay、PayPalと越境ECネームを連ねるむ国内向けサービス
・スマホ、若年層女性、激安というボトムエンドEC
・美容コスメ関連の商品は売れやすい
・前進が韓国系ECでアパレルに強いハズもアパレル品揃えが一番微妙

eBay

・世界190か国に展開している世界最大規模のマーケットプレイス
・出店イコール世界進出
・トラブルからセラーを保護する「セラー保護プログラム」などサポートが充実



ことプラットフォームビジネスへの牽制が続くテック業界ですが、それはECも変わりなく、自分たちが築いて快適性と利益を追求した決め事に、間借りしている下宿人が意見くれてる次第で、大家としては「出て行け」というだけの話ですが、顔と資産の大きさは寛容さに比例するようですが、通信キャリアビジネスの成否に依存していることは間違いありませんので、楽天モバイルは始まる前から正念場といったところでしょうか。



GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド

    ECリアルトレンド と称して、多くのEC事業社にとって身近になるだろう…

  2. 会話データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    会話データ ヒアリングこそ体験価値を引き上げる最重要施策

    諸表数値を暗記するのは当然と、買ってことも触ったことさえもない商品を評…

  3. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    コマースアプリ 増加する購入率 その代償は高い施策コスト

    顧客の購買プロセス多様化によって、コマースシーンはオンライン、オフライ…

  4. セカンドハンドマーケット,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    セカンドハンドマーケット C2Cで見直される新品市場活性化の源泉

    新品購入機会を奪う厄介者扱いの中古市場。実際のところ、中古品に市場価値…

  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BCラボ ブランドEC研…

    数は正義であり、規模は評価であったりしますが、どちらを有しても「売り場…

  6. 特化型ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    特化型ECモール ニッチなビックデータで小売を変える

    30万件にも及ぶ化粧品のオンライン購入データには、マーケターなら専門外…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. コマースアプリ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 送料コスト高騰,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
PAGE TOP