表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングトレンド

表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研究所

検索の支配者であるGoogle様は、そのランキング要素やアルゴリズムを明らかにすることを嫌いますが、 表示速度 が遅いモバイルサイトは「不利」になると明言されました。 表示速度 が遅く対策も放置するような怠惰なサイトは消費者にとって不利益だとおっしゃっているのです。「不利」とは「制裁」であり、事業にとっての悲劇しか想像できません。


Google, the search dominator, dislikes revealing its ranking factors and algorithms, but has stated that mobile sites with slower display speeds are “disadvantageous.” They say that lazy sites that are slow to display and take no action are disadvantageous for consumers. “Disadvantage” is “sanctions” and you can only imagine the tragedy for the business.





表示速度 の遅いサイトの悲劇 1 新たな消費者に見向きもされない

スマホアクセスなモバイルスクリーンにおいて、消費者たるユーザーたちはその検索結果を吟味することも延々とスクロールすることもなくなりました。
検索結果の上位5つで67.6%のクリックを占めることを考えれば、最低でも検索結果の10位以内に入らなければ、ウェブ上での集客やビジネスを成立させることは困難を極めることでしょう。当然、新たなユーザーは下位サイトの存在を知ることも興味を抱くきっかけさえも与えてはくれないのです。

表示速度 の遅いサイトの悲劇 2 無駄に割高になる広告費

Google様が「表示速度の遅いサイトはアカンで」と明言しているだけに、改善の放置の対価は「クオリティスコアの下落」という制裁であり、検索結果を「下に下に」押しやられるだけでなく、リスティング広告などのCPCコストを無駄に引き上がる要因となります。そりゃ同じ入札単価なら品質の高いサイトを優先表示することは間違いありませんから。

昨年2018年のモバイル広告の支出は、その半分が小売関連サイトだったといいます。つまり大半のリスティング広告の出広主はEC関連サイトであり、アナタのサイトの競合先はほぼ確実に広告を打ち出しているといって間違いありません。

競合先がクオリティスコアを引き上げ、広告コストを最適化した暁には、表示改善を放置したアナタのサイトが競合に打ち勝つ術は皆無に等しくなるということです。事業的には「完敗」ですね。


Just as Google has stated that “ sites with slow display speeds are Akan ”, the price of neglecting improvement is sanctions of “ falling quality score ”, just pushing search results “ down down ” Instead, it is a factor that raises the cost of listing advertisements and other CPC wastefully. Well, given the same bid, there is no doubt that quality sites will be given priority.

According to the report, half of spending on mobile advertising last year went to retail-related sites. In other words, the majority of listing advertisers are e-commerce related sites, and there is no doubt that your competitors are almost certainly advertising.

According to the report, half of spending on mobile advertising last year went to retail-related sites. In other words, the majority of listing advertisers are e-commerce related sites, and there is no doubt that your competitors are almost certainly advertising.




表示速度の遅いサイトの悲劇 3 時代遅れの烙印を押される

EC事業において、競合他社を出し抜いたり、1円でも売上に効果的な施策への取り組みに必死である事業サイトに共通するのは、「変化に対する柔軟性と積極性」にあります。変化こそがそれまでのビハインドを解消できるチャンスであると知っているからです。その前向きな姿勢による「新たな規格や技術への投資」がアドバンテージとなるです。

モバイルサイトを最適化することで、流入の中心である自然検索トラフィックは32.1%も向上し、新規ユーザーにもリピーターにも欠かせない「安定した導線」として確立されることになります。安定したトラフィックは、直帰率や滞在時間などのサイト内エンゲージメント数値を良化させ、CVRを引き上げることにつながります。

モバイルサイトで読み込みに3秒以上の時間がかかる場合、53%がサイトを離れ、読み込みが1秒遅れるとコンバージョンが7%落ちるといった定説を、信じるか信じないかはアナタ次第です。



In the e-commerce business, one of the most common business sites that strives to outperform competitors or work on measures that are effective for sales at just ¥ 1 is “flexibility and aggressiveness for change.” Because we know that change is the opportunity to resolve the behind-the-scenes. The advantage of investing in new standards and technologies is its positive attitude.

By optimizing the mobile site, natural search traffic, which is the main influx of traffic, will increase by 32.1%, and will be established as a “stable lead” that is essential for new users and repeat customers. Stable traffic improves on-site engagement numbers, such as bounce rate and stay time, leading to higher CVR.

If your mobile site takes longer than 3 seconds to load, it’s up to you to believe or not to believe that 53% leave the site and a 1 second delay results in a 7% conversion loss.


表示速度の遅いサイトの悲劇 4 ブランドイメージは著しく失墜、遅延は嫌悪へ

昨年7月の検索アップデート以降、およそ1000ほどの様々なジャンルのECサイトを閲覧しました。誠に残念で皮肉なことに、ブランディングや世界観など「ブランドイメージ」を掲げるファッション系ECサイトほど「絶望的なまでの時代遅れ感」と「デジタルマーケへの無関心さ」と「イメージの代償としてはあまりにも遅すぎる表示速度」なサイトに満ち満ちていました。

トップページやメイン画像に未だに「フラッシュ」を使うという愚挙。最終更新はいつだったのでしょうか。

恐るべきことに個人情報登録や決済機能を有するECにも関わらず、「SSL非対応サイト」の多さは驚愕に値します。
「安全ではありません」と明言されたお店で、クレジットカード番号を登録する物好きがいるのでしょうか、罰ゲームにしてはあまりに酷というものです。

サイトチェック依頼を受けた100サイト中、その表示速度で「平均」とされたサイトはわずに10サイト弱、残りほとんどは改善急務な「遅い」赤文字判定となるワケです。その結果を伝えても、担当者の多くは、

「ワタシのスマホで確認しましたけど別に遅くありませんよ」

アナタのデバイスで確認することにあまり意味はありません。Googleが遅いといえば遅いのであって、遅いと判定されればビジネスメリットは消失されるワケです。

驚嘆に値するデジタルリテラシーですが、その低さと無関心さこそが、ブランド毀損そのものであり、将来の購入者やブランドのファンを遠ざけていることに他ならないことに気づくべきなのです。

Google様がサイト表示速度を検索結果に左右させると明言した以上、それはサイトのパフォーマンスを測るものから、ビジジネスや事業の成否を分ける「主要素」になったといえるでしょう。

ちなみにアップデート以後、その判定は3G通信から4Gに変わり、判定基準は「厳しく」なったという印象です。競争犇めくECシーンにおいてて、この表示速度改善は小手先の「手直し」程度では、競合を出し抜くほどのアドバンテージを得るの難しいと思われます。「次世代サイト規格対応」や「サイト構造」から抜本的に見直してみることをオススメします。

サイト表示速度に言及したGoogle様の意図としては、AMPやPWAといった次世代型サイト規格の波及によって、ネイティブアプリからのモバイル覇権の奪還を狙ったものではないでしょうか。



Since the search update last July, we have browsed about 1000 EC sites of various genres. Unfortunately and ironically, fashion EC sites that have a brand image, such as branding and a world view, are too old-fashioned to be hopeless, indifferent to digital marketing, and too expensive as an image. Too slow display speed “was full of sites.

The stupid use of “flash” for the top page and main image is still available. When was the last update?

Amazingly, despite the EC with personal information registration and payment functions, the number of “non-SSL compatible sites” is astonishing.
At a store that claims to be “unsafe”, do you have a lover of credit card numbers, which is too harsh for a punishment game.

Of the 100 sites that received the site check request, just 10 sites were rated “average” for their display speed, and most of the remaining sites were judged as “slow” red letters that need urgent improvement. Despite the results, many people in charge

“I checked with my smartphone, but it’s not too late.”

It doesn’t make much sense to check on your device. If Google is slow, it is slow, and if it is determined to be slow, business benefits will be lost.

It’s a marvelous digital literacy, but you should realize that its lowness and indifference are brand destruction itself and nothing but keeps future buyers and brand fans away.

Since Google has stated that the speed of site display depends on search results, it can be said that it has become the “key factor” that separates business and business success from measuring site performance.

By the way, after the update, the judgment changed from 3G communication to 4G, and the impression that the judgment criteria became “strict”. In the competitive EC scene, this improvement in display speed seems to be difficult to get the advantage of overcoming the competition with a small amount of “rework”. It is recommended that you take a thorough review of “next-generation site standard support” and “site structure”.

Google’s intention of referring to the site display speed may be to regain mobile hegemony from native apps by the spread of next-generation site standards such as AMP and PWA.


BCラボ ソリューションラインナップ





Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    データ規制トレンド 事業継続リスクを高める個人情報保持数

    2020年代が データ規制トレンド にあるのは間違いなく、我が世の春を…

  3. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    不正アクセスと情報漏洩 ヤマダとコジマを襲った異なる手口とリスク | BCラボ ブランドEC研究所

    不正アクセスと情報漏洩 ニュースの常習化は、その重大性が麻痺するほどに…

  4. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    EC不正注文 高ニーズに比例するリスクとセキュリティコスト

    コロナ禍でも好調なEC業界に潜む影は、不正アクセスと情報漏洩という「ウ…

  5. 小売テックトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    音声検索

    小売テックトレンド プラットフォームで生きる潔さを身に付けよ

    モバイルスクリーンで展開されるアプリは、あらゆるサービスの入り口として…

  6. Amazonマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    Amazonマーケティング 競争市場を勝ち抜くタフネスブランドに鍛える

    ECの覇者であり、小売の帝王となったAmazon。商品購入のためだけで…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. YouTube,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. バーチャサイズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. ECのアプリ化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. チャット決済,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. デジマのビジネス貢献度,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP