データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングトレンド

データ規制トレンド 事業継続リスクを高める個人情報保持数

2020年代が データ規制トレンド にあるのは間違いなく、我が世の春を謳歌していたテック系企業もそのマネタイズ手法を変わらざるを得ません。GDPRに始まったデータ規制の流れをおさらいすると共に、企業がデータを保持し活用することの意義を再確認してゆきましょう。

いずれ日本にもやってくるCookie規制。欧米で先行する「GDPR」「CCPA」をきっかけに考える、新しい企業像を再考する

情報源: Cookie規制で企業のデータ保持はどう変わる? GDPR・CCPAの動向もおさらい | 【レポート】デジタルマーケターズサミット2020



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


それはGDPRから始まった

GDPRとは「General Data Protection Regulation」の略で、日本では「EU一般データ保護規則」などと訳される。2018年5月に欧州で施行された法律。

主とした目的は、ヒトの領域で勝手に個人データで稼ぎまくるワリに、まともに税金を払う気もサラサラないヤンキーITどもに「喝」を加えてことであります。
・2018年5月施行
・Cookieなど個人を特定しない識別子データも個人データの対象に
・暗黙的でない同意が前提
・違反への制裁金が巨額

暗黙的でない同意
『このままサイトを見続けていると、Cookieポリシーに同意したことになる』というのは暗黙的な同意で、GDPRの考え方からすると騙していることにあたります。

制裁金ランキング
1位:ブリティシュエアウェイズ
サイバー攻撃で約50万人の個人情報が流出し、約257億円の罰金。
さらにカード情報を非暗号化保持で、個人補償に約875億円の支払い。

2位:マリオット / スターウッドホテル
システム脆弱性により3億人分の個人情報が流出。約139億円の罰金

3位:グーグル
ターゲティング広告の透明性や説明責任が欠如しているとして
約62億円をカツアゲされる。

規制の州カリフォルニアが産んだCCPA

「CCPA」(California Consumer Privacy Act)は米国カルフォルニア州で2020年1月に施行されたばかり。生活者の知る権利に比重が置かれた法律となっており、生活者から預かった情報を適切に管理・運用していくことが求められる。

具体的には、生活者から「私の情報がどう使われているか教えてほしい」と求められたとき、広告ターゲティングの根拠などになっている情報を企業は開示しなければならない。そして、生活者がそうした情報の利用を希望しない場合、企業は情報を速やかに削除する必要がある。

・2020年1月施行
・消費者の知る権利に重要性
・消費者から預かった情報は、適切に「管理」「運用」が必須
・カリフォルニア単州から連邦法へ。

個人データの保護と管理の重要性は、世界的な流れですから、規制してこそ存在感を発揮するカリフォルニアが動かないワケがありません。

生活者は自らのデータの利用方法について開示請求権や、削除要求権を持つことになりますが、企業の視点から見ると、これは、生活者より預かった情報を適切に管理・運用していく仕組みへの投資が必要であることを意味います。

これでは、実質的に「消費者の雇用コスト」が発生しているようなもので、データを取得する意味そのものを問い直すべきでしょう。

そして、さらばCookieと言おう

プラットフォーマーのプライバシー強化
・アップルの「ITP」(Intelligent Tracking Prevention)では、Cookie利用に従来と比べて大幅な制限が課されている。
まぁ実質的にはその利用は諦めた方が賢明な具合です。

・Googleも、ChromeブラウザにおけるサードパーティCookieの利用をおよそ2年後に停止すると発表した。
代替手段の確立を2年内に目処をつけたということであります。

・Twitterは、位置情報やキーワードに基づいたターゲティングの廃止を広告主向けに発表。サイバー○ージェントにはその爪の垢を煎じて渋谷の上空から降り注いてあげたいくらいです。



ビックデータ時代にあって、個人を特定しえることもないデータでさえ、保持することは、相応のコストとリスクを内包することを認識すべきでしょう。
これからは、企業のサーバーからデータを抜き出すのではなく、すでに流出したデータを勝手に潜り込ませて、補償を請求するような不正アクセスが現れるかも知れません。(おっ?)



GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. CVR基準,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    CVR基準 業界&施策平均を知ってベンチマークせよ

    担当責任として真摯に業務に向き合っても、ふと不安に襲われるのですね、「…

  2. ファッションショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. Cookie規制,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    Cookie規制 リタゲから王座を奪う意外な伏兵、チャットコマース

    GDPRを象徴とする個人情報規制の流れは、Googleを筆頭にしたテッ…

  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化

    マスマーケの「不特定多数」には、多勢に・同時に・同一内容を発信する情報…

  5. AppleCard,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    AppleCard 不正アクセスを撲滅し、泥酔ショッピングを増長させる仕様 | BCラボ ブランドE…

    デバイスで世間を賑わすApple発表会ですが、サービスに徹した今回の最…

  6. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    EC不正注文 高ニーズに比例するリスクとセキュリティコスト

    コロナ禍でも好調なEC業界に潜む影は、不正アクセスと情報漏洩という「ウ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. EC構築システム市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 国内化粧品市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. ソーシャルトリガー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. メジャーソーシャル最新動向,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  5. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
PAGE TOP