D2Cトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングトレンド

D2Cトレンド 問われるブランドビジネスの新基軸

ファッションビルからの出店誘致や大手セレクトショップの取り扱いも増えるらしいと他力本願な D2Cトレンド が後を断ちません。その本質が「事業の主体性」にある点から自社ECはマストですが、その運営さえも完全委託するというジョークが、ジャパンのブランドビジネスの奥深さを物語ります。

D2Cのパイオニア的企業のディスカッションを通してD2Cトレンドの本質を見つめ、これからのブランドが事業を成長させるヒントを提供するイベント「D2C最前線」。今回は、株式会社SUPER STUDIO共同創業者の真野氏が登壇、

情報源: なぜ今「D2C」がトレンドなのか?ーSUPER STUDIOが語る、今企業が「D2C」に取り組む意義とは?【D2C最前線 イベントレポート/オープニングセッション】



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


それでは改めまして、D2Cブランドのイイこと言いたい、あるあるを言いたい! D2Cブランドが注目されるのは当然ながらの理由があるのです。

・デジタルファーストな消費行動に最適なマーケティングフレームワークである
・新興企業であっても、ユニークな商品やアプローチで、既存マーケットに新規参入が可能。
・広告やメディア価値が変わり、新規ブランドでも業界への参入障壁が下がった。
・独自のストーリーやコンセプト・世界観を持ち、ユニークな体験を提供できる商品・サービスが消費者に選ばれるようになった。
・サブスクの普及が、モノからコトへの消費体験を変質させ、価格競争を旧態化させた。

デジタルファースト

・コスト、スピード、再現性において合理的
・事業拡大フェーズで、リアル店舗の出店や小売への卸を行うことがブランドの定石に
・ファンコミュニティの創出と継続はロイヤルカスタマーを醸成

これらは段階を経たフェーズ毎の最適化ですが、事業拡大する前から、出店と卸が事業ベースな従来のファッションビジネスとは、そもそのもプロセスが異なるのです。

ユニークな体験を与えるプロダクト

・それは世の中のニーズと合致している
・機能的価値商品と情緒的価値のある商品では、LTVベースで価格差が2倍あっても売れるという実態。
・イイモノの定義は完全に変わった。

ここが一番難しいですね。律儀に真面目に真摯にモノ作りを向き合っても、それを生み出す技術の集大成や経験の蓄積は、素材や製法の説明だけでは全く価値が見出されないというワケです。

また何を持ってユニークで価値ある体験なのかは、ユーザー側に委ねられた次第で、なんらコントロール権はないのです。

垂直統合サプライチェーン

デジタルファースト=自社ECを持つことを意味するため、物流やコールセンターなどのあらゆるサプライチェーンを運営の管理下に置く必要が出てくる。

これが現実的な選択とも思えませんが、「管理下」におくというのが、専門の事業社との契約体系にあるならば、あらゆる配送商品と業務を、事務所内で完結させる必要性がなくなるということです。

顧客とのダイレクトな対話が可能

顧客と直接対話でき、そこから得られた顧客の声を商品改善やマーケティング施策に活かすことは大きなメリットに。

直接対話とうコミュニケーションをビジネスとして受け入れられないなら,
D2C云々関係なく、そのブランドの存続は危ういのかも知れません。その機会とデータ蓄積の場である自社ECの運営を「完全委託」するのも同様でしょう。顧客はアナタの商品に価値があることを主張し、自身の存在を認めてもらうことを望んでいます。顧客は個客となったことで、それを受け入れる体制を整える必要性があります。当然その体制に必要なデータはモール出店では得られません。

データ・ドリブン

・自社EC運営であらゆる確度から精度の高いデータドリブンにより意思決定ができる。
・ECのデータは消費者のアクティビティログ=消費者によるもう一つの声とも言い換えられる。

向き合うべき個客の声は、チャットやメールなどのテキストデータだけはありません。サイト内の遷移や滞在時間などの行動ログは、その分析から購買体験にある障害を発見したり、導線とプロセスの改善を促すことになります。

資金調達がしやすい

資金を投資してこれだけ踏み込めば、これだけ事業が伸びる」という絵を描きやすい。D2Cと資金調達は相性がよいと言える。

そうらいしいです。成果への保証も責任も負えませんが、スコア評価の仕方が金融方面に浸透していないNPSよりも、ミニマムスタートのプロジェクトの右肩上がりなシナリオの方がを成功の架け橋を描きやすいのは間違いありません。

ただしプラニングで資金を集めるという点では、10倍程度のリターンを要求される金融機関やVCよりも、クラウドファンディングでの実績作りの方がプレスリリース向けのネタとしても有益です。



とりあえずD2Cと明記しておけば、それなりの資金調達が可能な点においては、最良のスタートを切ることができますが、そのリターンノルマは極めて高く、そのほとんどが3年内のリミッターが設定されている点でも、達成すべき成長スピードは業界基準からも尋常ではないので、そもそもファッション業界が手を出すべきではないとも。店舗や工場などの資産を持つ大手なら買収する方が理にかなっているのですね。



GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. ECペイメント事情,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,,

    マーケティングトレンド

    ECペイメント事情 若年層の利用動向から開かれる未来の扉 | BCラボ ブランドEC研究所

    支払い手段がないなら諦めるのが当然として、3割弱が購入行動を継続してく…

  2. クレカ情報漏えい事故,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    クレカ情報漏えい事故 危機意識乏しい中小ECサイトにロックオン | BCラボ ブランドEC研究所

    拡大一途の クレカ情報漏えい事故 ですが、その増加ぶりは危機意識を麻痺…

  3. AppleCard,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    AppleCard 不正アクセスを撲滅し、泥酔ショッピングを増長させる仕様 | BCラボ ブランドE…

    デバイスで世間を賑わすApple発表会ですが、サービスに徹した今回の最…

  4. アパレル市場,キャッシュレス社会,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    マーケティングトレンド

    スマホとおサイフは別よ キャッシュレス社会へのブレイクスルーは増税還元ポイント

    リアル店舗でのお支払い事情は依然として現金派が主流を占めているます、令…

  5. LINE配信,LINE公式アカウント活用,LINE機能,売上拡大,集客,販売促進,基本機能,便利機能,オプション機能,メッセージ配信,通知メッセージ,LINE Official Account Manager,Messaging API, BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,

    LINEマーケティング

    LINE配信 今知っておくべきメッセージ機能のキホン

    何も考えず一斉配信の方がお手軽お気楽であるのは間違いありませんが、無料…

  6. データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    データ規制トレンド 事業継続リスクを高める個人情報保持数

    2020年代が データ規制トレンド にあるのは間違いなく、我が世の春を…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. CVR基準,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. IDマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 新型コロナショック,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. ソーシャルコマース時代到来,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  5. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
PAGE TOP