越境EC購入総額,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングデータ

中国の日本向け越境EC購入総額が出版市場と同規模と判明しました | BCラボ ブランドEC研究所

インバウド需要が日本経済のカンフル剤的な位置付けとして訪日客増加に躍起な観光庁のレポートによると、中国人消費者による日本事業社からの 越境EC購入総額 は、前年比25.2%増の1兆2,978億円と発表されました。これはニッポンの出版市場と「ほぼ同規模」であり、内需経済の規模感などグローバル市場においては「指標としても無価値」なぐらい圧倒的で決定的な「差」をまざまざと見せつける次第です。



バイドゥは中国在住の中国人2,000人を対象に行った、越境ECサイトの利用実態に関する調査の結果(抜粋版)を発表した。

情報源: 中国人の越境EC購入、日本の商品が最多「越境ECサイトの利用実態調査」【バイドゥ調べ】 | Web担当者Forum

越境EC購入総額 越境EC利用のキッカケ

・家族・友人・知人にオススメされたから:53.9%
・海外の商品を使ってみたかった:39.1%
・興味がある商品が越境ECサイトにあったから:37.3%
・SNSなどの口コミ評価が良かったから:30.4%
・商品が偽物でないから:30.2%

これらの上位は、購入金額が高くなるほどその傾向を強めるようで、
比較的裕福な家庭が日本に来日観光し、その先で購入した商品や気になった商品をみんなに紹介。
ここで買えるよと越境ECサイトを紹介している様子が伺えます。

また回答にも極端な偏りがなく、利用のきっかけは生活の様々なシーンに存在する模様。元記事のレポート詳細では、「日本製品が良かった」という回答は全体で5割に達し、北京や天津・広東省などの女性で7割近くに達するという。商業圏近郊に居住し、情報感度が高く、所得も高い層においては、訪日時もその後の越境EC利用につながることを示してします。

越境EC購入総額 越境EC利用者像

越境EC市場において最もアクティブな消費者は中国人ですが、その中国人が最も購入する商品先は、日本が最も多く、特に「北京・天津に住む女性」で「高額購入者」が多いという結果です。全体的にも「購入金額が高いほど日本商品への購入率が高くなる」傾向にあります。デフレ下に苦悩するニッポンにおいて、その製品としての価値を最も高く評価しているのは、中国人であるという現実です。

選ばれる越境ECサイトの条件とは

越境ECでの基本的な障害に「言語」「決済」「物流」が挙げられますが、まずは「そのサイトの存在」と「商品価値が伝わる」状態であることが最低条件となります。
訪日時にリアル店舗に訪れ、帰国後にサイトを利用するなど最も理想的ではありますが、そもそも来店するキッカケは何だったのでしょう。
観光ガイドブックでしょうか、情報サイトでしょうか?
いずれにしても「読まれない」状態では、認知もキッカケもありません。

Google的には自動翻訳サイトは低評価ですが、少なくとも、日本語、英語、中国語の選択可能な言語環境を整えておくことは必要です。9割ほどの中国越境ECユーザーが自動翻訳されているサイトを選ぶ次第であり、購買の可能性と鑑みれば、Googleの評価などを気にしている場合ではありません。

ただ現地であろうと訪日時であろうと、その手に常備されたスマホで検索するのはバイドゥであり、インバウドも越境ECも実はバイドゥ検索に登録することが最重要な次第でありますので、「中国検索市場No.1のバイドゥに検索登録したい」というご相談は別途個別に機会を設ける所存なのでアルよ。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. モバイル表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ソーシャルの口コミ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルの口コミでお買い物したよ!購買転換率選手権 | BCラボ ブランドEC研究所

    ソーシャルの口コミ によって物欲や購買意欲が動くなら、日々コツコツと投…

  3. ファッションショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. B2B取引,展示会,広報宣伝,検討トリガー,MAツール,メルマガ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    B2B取引 新規獲得機会は展示会よりもウェブマーケティングにあり | BCラボ ブランドEC研究所

    B2B取引 において、新たな取引先の獲得に欠かせないのが「展示会」へ…

  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BCラボ ブランドEC研…

    数は正義であり、規模は評価であったりしますが、どちらを有しても「売り場…

  6. インスタショッピング,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタショッピング 公式資料から考察する「これからの姿」 | EC CUBE DAY 2019

    インスタグラム公式資料から、インスタの今を知りどう活用すべきかを考察し…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. インスタ検索な20代女子,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. サイト調査,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. マーケティングオートメーション導入,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. LINEcheckout,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略
  5. プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP