コロナ禍のアパレル 供給不足と在庫過剰の両局を味わう地獄絵図だった

コロナ禍のアパレル,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

経営指標となるのは売上高ですが、その健全性や実態を掴むのは、消化率だったり、利益率だったりと、それは「在庫」に起因した指標までも読み解く方が正しいと言えます。 コロナ禍のアパレル は、それまでの不都合な指標を浮かび上がらせ、改善か撤退かを促すかのような無慈悲な現実を叩きつけるのです。

フルカイテン株式会社は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売上が大きく落ち込んだアパレル企業について、需要の消失が経営に与えたインパクトを在庫量の視点から定量的かつ客観的に計測するため、2020年3~5月期を対象に在庫月数と在庫回転率を分析した。

情報源: コロナが影響?主要アパレルの在庫月数が最大2.5倍に増加|ECのミカタ



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


データ確認の前に、用語を確認しておきましょう

在庫月数とは、
売上と比較して何ヵ月分の在庫を持っているかを示す指標。
つまり、「在庫をすべて売り切るまでに必要な月数」を指すので、無論数値は少ない方が良好。指標期間が四半期の場合、イーブンは3ヶ月間となり、それ以上の月数の場合、「売り切れない在庫を抱えている」と言えます。

在庫回転率とは、
一定期間に商品が何回転したかを示す比率。 その期間の売上原価を商品平均在庫高で除して求める。 比率が大きいほど販売効率がよいとなります。
簡単に言えば「在庫/商品が一定期間で何回転したか」です。
誰にでもわかりやすくいえば、ケンドー・カシンのローリングクレイドルが回転数に比例してダメージを与えるのと一緒です。

アパレル大手12社の在庫指標 / 2020年3月-5月期

コロナ禍のアパレル,フルカイテン,在庫量,在庫月数,在庫回転率,アパレル大手12社,ファーストリテイリング,しまむら,良品計画,オンワード,西松屋,アダストリア,TSI,パルグループ,クロスプラス,バロックジャパン,ライトオン,三陽商会,
• 大手12社のうち11社で在庫月数が前年同期と比べ増加しており、最大で前年の2.5倍に。増加率は23%~150%
• これにともない、11社の在庫回転率が悪化。
• 12社のうち10社で5月末の在庫が前年同期よりも増加。最大で1.3倍に
• 想定される売上に対して在庫が過大な状態であるといえる。

2020AW予測とコロナ禍が及ぼした影響

・在庫が多すぎれば、売れ残りによる棚卸資産評価損の計上リスクが増大するほか、資金繰りも悪くなる。
・各社とも2020年6~8月期以降、20年秋冬ものをはじめとして仕入れを抑制し、在庫水準の適正化に務めるとみられている。

すでに著名ブランドの撤退や店舗数縮小などネガティブトピックスが飛び交い、コロナ禍によるアパレル惨状が明白に晒されております。

大手の逼迫した状況は、取引先への波及も警戒水域を突破し、一方的な発注取り消しが取り座されるなど、もはや「倫理観も絆も棚上げされたサバイバル」の様相に、殺伐としたオンライン展示会が繰り広げられる疲弊した日々が続いているのであります。








新型コロナがダイヤモンド・プリンセス号で猛威を振るう頃、すでに都市封鎖に踏み切る段階の中国での問題は、春夏新作商品の入荷状況にあり、生産可能かいつ届くが争点となり、その時点では「SS新作がシーズンに間に合わない在庫不足」にあったはず。毎日の確認作業も虚しく、予定の先送りと見通し立たずの回答が繰り返されるばかり。よやく中国生産分が入荷した頃の、緊急事態宣言での実質的な店舗封鎖。潮目は在庫不足から消化不良と入荷制限へ。この時ほど、通年で同じ商品を売る単品通販がこんなにも羨ましいと思ったことはありません。


GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA