企業公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

ソーシャルコマース

企業公式アカウント ソーシャルミスマッチを解消しコマース収益を見込む

SNSは企業が宣伝する場所ではないとする通説がありますが、ユーザーが 企業公式アカウント をフォローするきっかけは、キャンペーンの参加であり、紛いもなく企業宣伝活動への賛同なワケですから、単なる情報発信提供だけでなく、収益性を見込んだ実益活動の場としての可能性を追求すべきときが来たのです。


SNSはインターネットの世界で、確固たる地位を築いています。一方でビジネス、特にデジタルマーケティングの分野では必ずしも有効なものとはなっていないという声が多いのも事実でしょう。この記事では効果的なSNS運用と事例を紹介していきます。

情報源: 企業における成功するSNSの活用法と事例について



ソーシャルユーザーの企業公式アカウントとの接し方

企業公式アカウントをフォローしている:55.7%
・10代:57.6%
・20代:57.1%
・30代:53%
・40代:49.5%
・50代:53.8%

意外なことに50代の企業フォローが高い数値を示していますが、そのきっかけがキャンペーン参加という理由が多く、それはフォローだけでなく、購買のキッカケとなる可能性を秘めているようです。

SNS閲覧での購買行動

SNSでの閲覧をきっかけに商品やサービスを購入したことがある:76.9%
・菓子:44.3%
・コスメ系:38.3&
・外食チェーン:37.5%
・ドリンク類:37.4%
・食料品:35.9%

コンビニなど身近に入手可能なマスプロダクト系が上位を占める感があり、ナショナルチェーンとSNS施策の親和性が伺えます。

服:17.4%
靴・財布:13.7%
アクセ:13.2%
とファッション商材も可能性を感じさせる結果であり、認知も購買も共感も一導線上で完結可能なソーシャルコマースこそが、最重要収益チャネルとなることは間違いありません。

企業公式アカウントの運用目的

1位:商品や事業の紹介や宣伝:68.7%
2位:定期的な情報提供:53.6%
3位:会社案内・人材募集:40.6%
4位:マーケティング:17.3%
5位:消費者の評価・意見の収集:8.3%

つながりや絆であろうとそれが企業活動である以上、そこには一定の成果と収益性が見込まれなければなりません。広告掲載で反響具合を気にするように、いいね数やシェア数は、成果要素として必要不可欠ですが、直接的な収益を確約するワケではありません。反響から売上数と、企業の公式アカウントの運用は、リアルな実益重視とシフトするときが来たのです。


実益重視なSNS活動となるソーシャルコマースでは、従来の販売手法や接客が通用するとは限りません。企業・ブランドと一般消費者の立場はフラットな関係性においてこそ成立する領域です。
見え透いたエゴは、築き上げた企業価値を完全炎上させるに十分な可燃性を秘めているワケで、その収益と裏腹に、最もリスキーなショッピングエリアであつことは肝に命じておかねばなりません。ひとつ売って、ふたつ燃えるようでは利益は遠のくばかりです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. EC決済サービス市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    EC決済サービス市場 描くミライ予想図はリアルにあり

    実店舗の存続を危うくし、その雇用や景況感までも一変されたコロナショック…

  2. 令和のEC市場,2018年EC市場,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    令和のEC市場 ターニングポイントEC化率10%への攻防は長期戦へ | BCラボ ブランドEC研究所…

    平成という時代がついに拭えなかった「不況」「市場縮小」という構造変化は…

  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ダウンロードドキュメント

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド

    ECリアルトレンド と称して、多くのEC事業社にとって身近になるだろう…

  4. EC不正注文,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    EC不正注文 高ニーズに比例するリスクとセキュリティコスト

    コロナ禍でも好調なEC業界に潜む影は、不正アクセスと情報漏洩という「ウ…

  5. セカンドハンドマーケット,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    セカンドハンドマーケット C2Cで見直される新品市場活性化の源泉

    新品購入機会を奪う厄介者扱いの中古市場。実際のところ、中古品に市場価値…

  6. EC利用状況調査,フュチャーショップ,コロナ禍,利用デバイス,注文件数,新規客利用状況,購買単価,決済手段, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,

    自社ECプラットフォーム

    EC利用状況調査 コロナ禍を経たニューノーマルをキャッチせよ

    緊急事態宣言発出による外出や店舗営業自粛は、その余波として、ショッピン…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. EC改善ニーズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC決済ブランド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. クチコミ意識調査,レビュー,ファンくる,ECサイト意識調査,ファンくる(株式会社ROI)調べ, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  3. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ダウンロードドキュメント

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
PAGE TOP