自社ECサイト,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

自社ECプラットフォーム

自社EC のリアルを伝えるフューチャーショップ2018年総括データ | BCラボ ブランドEC研究所

EC構築プラットフォームのフューチャーショップが2018年の 自社ECサイト の総括をインフォグラフィックで公開しました。アマゾン、楽天などのメジャーモールが決済ブランドを擁してリアルへの進出を押し図る今、自社ECには何が求められているのでしょうか。調査データから利用顧客像を探ってゆきます。



情報源: 17の数字で振り返る 2018年自社EC | E-Commerce Magazine

ファッション系 自社ECサイト で3割を占めるフューチャーショップ

正直それほどフューチャーショップにファッション商材に特化したような機能はありませんけどね。右にならう業界の習慣性なのでしょうか、確かに「好調とされるアパレルEC」はフューチャーショップを利用しているケースが多いです。2018年の稼働店舗数が2,400店というので、およそ720店もファッション系自社ECが存在していることになります。

流通総額は大台を突破し、1,085億円に。1店舗あたり約4,500万円年間月商にして376万程度。当然サイト毎に売上は異なりますが、月商100万規模から億レベルまでも同プランで利用可能なのがフューチャーショップの最大特徴ともいえ、夢と可能性だけは膨らみます。

稼働2,400店舗での受注件数は1,017万件と、1店舗あたり4,237件年間と、こちらも増加傾向。ひと月あたり350件の取引見込みを平均購買単価と掛け合わせれば、おおよその自社ECでの月商ベンチマークが弾き出されます。

無論、モールではなく自社ECなので、集客力や広告投資規模、運用体制など「全く異なる次元」で取り組まれている店舗と同列に語ることは出来ません。また売上も受注件数もおおよそ上位社の2割で占められますので、フューチャーショップで売れるサイトを構築することは可能と認識すれど、それを保証するモノではありません。

自社ECのトレンドとは?

フューチャーショップがまとめた2018年の利用状況から見える「自社ECを利用する顧客像」とは、ブランド愛好家というポジティブな面よりも、状況に応じてサイトを使い分ける利己的消費者像が浮かび上がります。
モバイル利用ベースによって情報リテラシーは格段に引き上がり、使えるサイトとそうでないサイトを適時判断し取捨選択している状況です。

欲しいモノを見つけたサイトだから会員登録してまで買おうという積極姿勢は薄まり、「自分が構築している買える状況」に適さないサイトは利用されません。

決済手段の利用状況でもその変化は現れ、個人情報や住所などを新たなサイトに登録しようなどの可能性は今後ますまず乏しくなることでしょう。

これによって「会員獲得施策」や「ポイント施策」など、自社ECにおける獲得会員の意味合いも異なってくることが予想されます。そのサイトでしか使えないポイントの有効性は極めて限定的である点において、また決済ブランドがリアルとECをまたぐことをベースにしている点においても、ポイントの価値は「その利用範囲の多様性」に比例するワケです。

決済への柔軟性と多様性の提供は、自社会員へのサービスのあり方を変えてゆきそうです。

詳細データをご参照の場合、下記リンクから資料ダウンロードを手続きください。


Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. CVR基準,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    CVR基準 業界&施策平均を知ってベンチマークせよ

    担当責任として真摯に業務に向き合っても、ふと不安に襲われるのですね、「…

  2. 大型セール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    大型セール ECイベントの恩恵は大手モールだけ説を検証

    EC界では恒例となった11月の 大型セール ですが、12月の年末商戦と…

  3. 主要SNS関連データ,SNS利用状況,Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,若年層のSNSの活用法,商品の認知に関する調査,休日と平日のSNS利用の違い,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,
  4. 3大メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    3大メジャーモール 売上伸長ランキングが映し出すコロナ市況のリアル

    新型コロナによる行動自粛は、「巣篭もり」という消費スタイルを確立させ、…

  5. EC決済サービス市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングデータ

    EC決済サービス市場 描くミライ予想図はリアルにあり

    実店舗の存続を危うくし、その雇用や景況感までも一変されたコロナショック…

  6. EC市場データ,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    グローバルEC

    EC市場データ 伸び代とトレンドと抱える課題の中心で愛を叫ぶ

    スマホが世界的なライフデバイスである以上、消費者向けビジネスの主戦場は…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 給付金10万円,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. EC対実店舗,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP