問い合わせ数70%削減・対応時間75%短縮 yutoriのECサイトでチャネルトークが成果|ECのミカタ

熱度の高いファンをつくる接客チャット「チャネルトーク」(株式会社Channel Corporation、所在地:東京都新宿区、CCO:坂本彩、以下「チャネルトーク」)は、株式会社yutori(本社:東京都渋谷区、CEO :片石 貴展)が展開する『9090』『centimeter』などShopifyで […]

チャット決済,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

チャット決済 BOTCHAN PAYMENT ブランド人な炎上要件は未達な件

勝手都合的解釈を施策成果というなら、炎上マーケティングほど万能な手法はありませんが、そこには当然相手がいてこそ施策が実施されるワケで、お客と向き合う チャット決済 が炎上上等なら、それはシュ○○リームなブランド人戦略なのかも知れません。

LINE公式アカウント利用調査,LINE利用調査,LINE公式アカウント,LINE利用調査, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,

LINE公式アカウント利用調査 購入導線となる公式アカウントの実態

LINE公式アカウント利用調査 で明らかになったお買い物プラットフォーム化の実現性ですが、サービスの充実化よりも、公式アカウントというユーザーの日常性に忍び込む導線が販売チャネルとして成立するか否かであり、スタンプよりもクーポンが欲しいという我欲に正直なお友だちの方が有難いのです。

デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

デジタル接客 ニューノーマルに欠かせないヒトとECの関係性

そもそもサイトに設置したツールを積極活用したりしてくれるユーザーなら、CV頻度や購買単価が高かったりと、ロイヤリティが高いの想定内ですが、 デジタル接客 という双方向のやりとりこそが購買意欲に関与するならば、割引のインセンティブがファーストタッチにする必要もなくなります。

Chat接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

Chat接客 ユーザーの意識変化に向き合い売上に貢献する

オフラインだからこそ実現できたサービスまでもが、ECで提供することが求められています。 Chat接客 の導入と運用によって、利用率は平均2.5倍、購入金額も1.5倍増えたという事例も。 Chat接客 はユーザーの消費意識の変化にどのように関与しているのでしょうか。