チャットコマース,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

デジタルソリューション傑作選

【ソリューション傑作選】チャットコマースを切り開く会話広告fanp

「2019年に抑えておくべき6つのECリアルトレンド」でも掲げた チャットコマース 。LINEやFacebook上のインフィード表示からアカウントに誘導し接客する「会話広告」のfanpは、LINEPayやクレカ決済、後払い決済までに対応を実現。インスタに続き、アプリ内での購買行動を完結させる新たなEC領域が注目されます。




会話広告「fanp」が「LINE Pay」と連携 LINE公式アカウントのトーク上で チャットコマース を実現

LINEおよびMessengerを活用した“会話広告”パッケージ「fanp(ファンプ)」を展開するZEALS(ジールス)は、LINE上で展開されているモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」と連携し、LINE公式アカウントのチャットボット上で、LINE Pay決済連携機能の提供を開始した。

そもそもがコミュニケーションインフラなLINEなので、利用者がアカウントと会話すること自体になんら違和感は抱かないでしょう。これまでのLINE公式アカウントの利用法は、メルマガに変わる一斉通知手段に終始していた次第で、そちらの方が本質から外れいるとも言えます。情報伝達やサイト送客には一定の効果があったとしても、購買を完結するものではありませんでした。

現在の取り組み方のままで従課金制に移行すれば、お友達の数だけ利用額の高騰を招くという悪循環に。その意味でも、LINE公式アカウントが「接客」し「購入プロセス」に関与し、「購入手続きまでも完了」できる場となれば、獲得したお友達数はそのまま「お客様数」と変換されます。

もちろん、従来のメッセージ配信でもURL付与で商品購入ページへの送客は可能ですが、ユーザー側からすれば、「ページ行って買おうにも会員登録とかクレカ登録とかメンドウじゃね」とプロセスの煩雑さにウンザリすることでしょう。

当然のことながらLINEを利用していれば最も使いやすく好都合なのがLINE Payなワケです。

キャシュレス時代への決済ブランドの主役となるべく、各社しのぎを削っていますが、サービス事業社の過熱ぶりを冷静に見極め、活用すべきプラットフォームか否かを判断するのは、ユーザーと同様、ECサイトにとっても「他人事」ではないのです。

LINE上での認知・発見・会話での理解・お支払が普及すれば、ネイティブなブランドECアプリの必要性は極めて限定的になるると予想されます。オムニ施策だってLINEのショップカードで対応できますし、それこそポイント付与も利用先が広がる方がユーザーにも歓迎されるでしょう。

インスタのチェックアウトしかり、このfanpによるLINEチャットコマースに共通する「プラットフォームアプリ内購買行動完結型」は、自社ECの重要拠点が拡大しただけでなく、集客や会員獲得などのEC施策そのものだったり、アプリ施策にも大きな及ぼす説を唱えておきますね。






Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. ソーシャルの口コミ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    ソーシャルの口コミでお買い物したよ!購買転換率選手権 | BCラボ ブランドEC研究所

    ソーシャルの口コミ によって物欲や購買意欲が動くなら、日々コツコツと投…

  2. LINE公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. インスタ検索,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    ソーシャルコマース

    インスタ検索 ファッションもレジャーもタグってキャッチ | BCラボ ブランドEC研究所

    「ググれカス!」が検索万能感を誇示すように、ソーシャルスキルを嘲笑う「…

  4. ソーシャルコマース,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    ソーシャルコマースのメインステージ LINEとインスタは新機軸へ | 4月第3週 トピックスまとめ

    新料金体系にシフトしたLINE、ソーシャルの軸ともいえる「いいね」のカ…

  5. インスタコマースで売上UP ,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    デジタルソリューション傑作選

    インスタコマースで売上UPを狙うなら検討すべきvisumoとその導入効果

    期待に溢れかえったインスタショップナウも今やすっかり沈静化ムード。カタ…

  6. LINEチャットボット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    チャットコマース

    LINEチャットボットでエンゲージメント自動化の夢を見る | BCラボ ブランドEC研究所

    LINEの有効活用は「ユーザーとの重要タッチポイント」に位置づけされ、…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. インスタ検索,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ウェブ接客,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. MEO,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. オムニ施策,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. クレカ情報漏えい事故,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP