カート落ち.BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングトレンド

カート落ちがアナタの過ちでないと確信される5つの理由 | BCラボ ブランドEC研究所

安心してください、あの カート落ち も、その カート落ち も、運営担当であるアナタに過失ではありません。おおよそ7割近くがカート落ちするのが「あたり前」という現状は、消費者とサイト自体のミスマッチが要因である他に、ほとんどは「サイト自体が有する技術的な問題」だったりするのです。


Please be assured that that cart drop and that cart drop are not negligible to you, the operation manager. The fact that nearly 70% of carts drop in the “natural” state is not only due to mismatches between consumers and the site itself, but also mostly due to “technical problems of the site itself”.


サイトの技術的な問題が、カート離脱(カゴ落ち)の原因になるのはよくあることです。しかし、幸いなことにこれらの問題は修正可能です。修正すればオンライン小売事業者はより多くのサイト訪問者に購入してもらえます。今回はカート離脱に関する5つのポイントを紹介します。



カート落ち 75%の無慈悲な実態

日本とは異なる返品上等なヤンキーショッピングにおける分析データがベースのお話なので、やや誇張気味な面もありますが、スマホの台頭と普及が、ECサイトプラットフォームへの技術的改善にペースアップを要求していますし、ミレミアム世代とZ世代とか世代対応が過敏気味なマーケティング事情を背景に、テックのイノベーションは、既存サービスのリプロダクトに注力されています。

つまり、ECに関連性の高い技術要件やスキルは、マーケティング領域に傾倒している次第で、サイトに潜む技術的な問題の存在や、その解決法を知る術は有していないのです。

理由1:デバイスをまたがない支払いページ

モバイルからのEC売上シェアは拡大を続け、2012年には53.9%に増加するとの予測も。表示速度やUI/UXなどモバイルフレンドリーに努めたとしても、ユーザーログインがデバイスやブラウザをまたがなければ意味はありません。


理由2:SSL証明書の期限切れ

天下のGoogle様のブラウザでも「安全ではありません」と、お金と個人情報を扱うECサイトへは、「近寄るな危険」か「死亡宣言」にも近い表示ですが、なぜかいまだに存在します。
未対応でEC事業を行う勇気には、無知の軽蔑しかありませんが、クレカでの支払い手続きがが成立しているハズもありません。この時点で8割近くユーザーに「買うな」と宣言しているようなものです。

理由3:アドフラなハイジャックたち

不正な広告請求は、いわゆる無許可広告に活かされますが、その恩恵を預かるのがECという「何の因果かアドフラの手先」な始末です。

実際、ハイジャックは消費者たるユーザーたちのPCにマルウェアとして潜んでいるので、なんら防止策どころかその存在され事業者側は知り得ないのです。

仕組まれた不正広告による低価格クーポンなどで吊られた「さしたるニーズもない」方々がカート落ちするので、年間5%程度の利益回復には、「エロやアダルトと一切決別したオーガニックな潔癖主義者しかサイト閲覧できません」という方針が必要だと力説しましょう。

理由4:amazonの真似事

リコメンドをECに広めたamazonですが、関連商品の「関連性」は訪問ユーザーに委ねられているワケです、運営側の思惑と都合は大方無視されています。そのレベルのアップセルをどこで行おうと結果は見えていますが、運営責任者としては与えられた立場から責任を果たさなければなりません。

ユーザー行動を分析する接客ツールの導入を、まさかワタシひとりで10万PVを相手にしろと?

理由5:カート落ちにも地域性

グローバルECでのお話しですが、ウェールドワイドウェブなECにとって、カートに入れるが自国消費者だけとは限りません。世界を相手にしていると世界のお支払い事情と傾向があるワケです。各々の常識が各々の正義である以上、各々の言い分に対応する必要があるかもしれませんが、大半は「無視すべき」レベルでしかありません。

リビンクソファで、ポテチとビールですっかり酔いが回った状態でのアメフト観戦を横目に、ガンガンアクセスし、おぼろげな手つきでクリックしても、返品可という連中ですから、そもそもカートインした意味合いは、日本人のソレとは違いすぎるのです。カートをポチるのに飲酒検問でもしろと?

カート落ちの機会損失?そんなの関係ねー笑

いかがでしたか? 少なくともこれら5つの理由を掲げるに限り、カート落ちによる機会損失額が月商額を超えているとしても、そもそもの問題は、選んだシステムがクソなのか、ワードプレスのブログサイトよろしくフレンドにフレンドリーすぎるギャラでECを作らせたせいかなのです。

5つの理由は、少なくとも5回の責任回避を確実としますが、それ以上は保証外ですので、5回の言い訳のうちに問題の本質を理解してもらいましょう。

いくらマーケティングで未来の売上たちを呼び込んで育もうが、技術的な問題が放置される限り、7割は支払い完了を拒み続けるので、目前の売上が逃げゆく様をマーケティングでは指を咥えて眺めているしかないです。運営担当者であるアナタがエンジニア兼任でもない限り。

サイトの使いづらさなどは常に改善に向けた努力が必要ですが、カート落ちの発生金額だけに気をとられても本質的で解決すべき問題は見えてこないということです。

はじめから確度の低いカートインのために、割引きしたり特典を提供するって、普通に買う顧客にとって不公平でしかないですもの。


As long as you list at least these five reasons, even if the amount of opportunity loss due to cart drop exceeds the monthly sales amount, the problem is in the first place whether the system selected is shit, WordPress blog site It’s probably because I made my friend make EC with a too friendly gala.

Five reasons ensure at least five avoidances of liability, but more are not warranted, so let’s get the essence of the problem understood in five excuses.

How much marketing will bring in future sales and nurture them, but as long as technical problems are neglected, 70% will continue to refuse to complete payment, so watch your fingers with marketing to see how the immediate sales escape. I have no choice but to stay. Unless you, the operator, are also engineers.

It is always necessary to make efforts to improve the site’s usability, but even if you only pay attention to the amount of dropped carts, you can not see the essential problems to be solved.

Offering discounts and offers for cart-ins that are less accurate from the start, which is unfair to the average buyer.



AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 売れる商品画像,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    売れる商品画像 ブツ撮りを制するモノ、ECを制す

    白バック影イキな商品単体を写すシンプルなブツ撮り画像の価値が見直されて…

  2. 広告予算,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    アドテク

    広告予算 その拡大と将来性に紙媒体の排除がトレンドと化す

    日本でも世界でも広告費を牽引するのは、「モバイル」で「運用型」で「ソー…

  3. ウェブ広告Candy,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    ウェブ広告Candy 自然言語AIを駆使しディノス・セシールから出資 獲得成果を実証

    Cookie制限により、次世代アドテク王座に注目されますが、「ネイティ…

  4. Yahoo!トップページに広告掲載,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    アドテク

    Yahoo!トップページに広告掲載 成功者の証をアナタに

    ほぉ Yahoo!トップページに広告掲載 って、何百人の諭吉さんを派遣…

  5. データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    データ規制トレンド 事業継続リスクを高める個人情報保持数

    2020年代が データ規制トレンド にあるのは間違いなく、我が世の春を…

  6. ECペイメント事情,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,,

    マーケティングトレンド

    ECペイメント事情 若年層の利用動向から開かれる未来の扉 | BCラボ ブランドEC研究所

    支払い手段がないなら諦めるのが当然として、3割弱が購入行動を継続してく…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Amazonキラー,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 給付金10万円,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. メジャーモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE広告,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. EC対実店舗,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP