HOT TOPICSマーケ&コンサルサービスマーケティングデータ

検索広告で存在感を高めるAmazon、広告主都合など見向きもしない説

検索広告 ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

eコマースをリードし、検索広告チャネルとして重要性を増しているAmazonへの広告支出が増えることで、検索広告への支出は2018年第2四半期、前年比で13%増加した。

情報源: Amazonの広告プラットフォームとしての影響力が検索広告市場拡大を後押し | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


Amazon 検索広告 で存在感を発揮する

商品への購入導線がスムーズで一元化されているほど便利なワケで、増加し続けるプライム会員数に比例して、Amazonの検索広告がその存在感を発揮し、デジタル広告予算奪いつつあるということです。

デジタル広告管理プラットフォームを提供するMarjin Softwareは、自社のクライアントの有料検索、ソーシャル、モバイル、ECに関わる広告費用の動向をレポートしていますが、年間何十億ドルにものぼる広告投資のうち、Amazonはその20%を獲得しているといいます。

その内、Amazon広告メニューの「スポンサープロダクト広告」に79%、ヘッドライン広告に21%に投下されていると。

GoogleとFacebookは、デジタル広告市場でこの後も重要なチャンネルで存在し続けるであろうが、Amazonの検索広告は、彼らに並ぶ「選択肢」となり、増加するデジタル広告予算でシェアを伸ばすことになるでしょう。

Amazonで検索して、表示されない商品はこの世に存在しない、もしくは販売機会を失うに等しいという時代が訪れようとしているのです。

アマゾンの 検索広告 は顧客のためにある

広告主において、広告とは自社商品の販売機会促進であり、売上促進を見込んだ投資に他なりません。当然ながら投資したリターンの最大効果は「自社」に持ち込まれるべきものです。

ところがアマゾンのプラットフォームシステムと顧客至上主義においては、広告と名がつくサービスであっても、その利益最大者は、購入者となる顧客であり、広告顧客ではないのです。

配信した広告から導かれる商品ページには、「競合他社の同製品」が平然と並びますし、カート状況によっては、別の出品業者のページに流れ込みます。

実質的な価格決定権は、アマゾンにあり、アマゾンはウェブに存在する商品情報を収集・比較して「最安値」を構築します。どんな額を投資しようが、自社で決めた販売価格よりも、他社が同商品を安値で提供していれば、その価格以下を設定するのがアマゾンです。無論、欠品・在庫がない商品に至ってはカート誘導などしません。在庫のないカートへの遷移は、顧客に不便を強いるからです。

従来の広告の常識的にはあまりに広告主に寄り添わないアマゾン広告ですが、投下される予算が増え続ける状況、当然のように「成果」が伴います。正直、従来のどのメディアと比較しても「投資価値と実売リターンの高い」広告商材はないでしょう。

無論、商品内容や価格にも左右されますが、単純に言って「10万投資して100万の売上」という驚くべきハイリターンは非現実的なおハナシではあリません。

100万の純広枠に掲載して、10件程度問い合わせを獲得するのが関の山な雑誌広告の予算が奪われ続けるの至極当然なのですね。






BCLab.ソリューションラインナップ

Site Check 無料サイト診断お申込みフォーム


ユーザー行動も競合も丸裸にする総合分析サービス「ANALYTICS PLUS / アナリティクスプラス」のご案内


AMP to PWAで実現するアプリライクな次世代サイトへ「Sippli / シプリ」のご案内


インスタグラムでグローバルECを実現する。そう、Shopify/ショッピファイならね





 

関連記事

  • インスタ活用 ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC2018年3月5日 EC利用4割超が「インスタやTwitter上に購入ボタンがあったら使いたい」 ジャストシステムは、同社が毎月実施している『Eコマース&アプリコマース月次定点調査』の2017年4月から12月までの調査データをまとめて分析し直し、『Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2017年総集編』として発表した。 情報源: […]
  • 最新データからグローバルEC市場の動向を読む2018年5月27日 最新データからグローバルEC市場の動向を読む 世界の越境ECで最も多く利用されているECサイトは「Amazon」、主要10か国の越境EC利用者数は約1億8200万人――。 経済産業省が2018年4月にまとめた「電子商取引に関する市場調査」から、最新の越境EC市場の動向を読み解く。 情報源: […]
  • 施策 ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC2017年10月13日 ユニクロのEC売上高は487億円、EC化率は6.0% カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが10月12日に発表した2017年8月期通期連結決算によると、国内ユニクロ事業におけるEC売上高は前期比15.6%増の487億5300万円だった。同事業の売上高は8107億円。EC売上高が占める割合を示す […]
  • ECアプリ、利用時間増に比例して収益も増加という当たり前が正直シンドい2017年11月1日 ECアプリ、利用時間増に比例して収益も増加という当たり前が正直シンドい アプリは小売業者にとって顧客に商品を閲覧してもらうのに有効な手段であり、利用時間の増加に伴い収益も増加する傾向にあることが判明した。さらにスマートフォンは消費者と直接つながることを可能にするものであり、アプリの有効な利用でコンバージョンに繋げることが可能ということも […]
  • BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC2017年9月14日 ネット通販の送料 、販売側が負担すべきと6割。送料値上げへの理解は3割 日本労働組合総連合会(連合)が8月31日に公表した「日本の社会と労働組合に関する調査2017」によると、ネット通販の配送料を負担するべきなのは「消費者」と回答した割合が37.8%だった。 情報源: […]
  • BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC2017年9月6日 QRコード決済 BASE店舗の80.9%が「知らなかった」 Eコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」を展開するBASE社は2017年9月6日、ECを展開するユーザー店舗に対し「QRコード決済」について調査しその結果を公開ました。 情報源: […]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

facebookでコメントを

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA