事例集

安易な導入がオススメできないMAツールのキモ

投稿日:
MA ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

マーケティングオートメーションを導入する際に、最も気にかける情報はなんでしょうか?今回は、マーケティングオートメーションを導入した3つの事例に注目して、導入後の実情に迫ってみたいと思います。 情報源: マーケティングオートメーション3つの事例から見る導入後の実情 | エビスマーケティングカレッジ-E […]

モバイルトレンド

サイト内検索は訪問客を逃がさないための接客術よ

投稿日:
サイト内検索 ,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

ECサイトにおける「サイト内検索」は、ショップに訪れた人が欲しい商品を探す際にその手助けを行うものである。手薄になっていると、「ショップページ内にあるはずの商品を訪問者が見つけることが出来ない」といった状況を引き起こし、離脱率の増加や機会損失を生む危険性がある。ここではECサイトの「接客の質」を左右 […]

マーケ&コンサルサービス

ECに効果的な「7つの施策」をチェックしよう

投稿日:
施策 ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

カゴ落ちしたユーザーをメールでフォローしたり、アフィリエイトを活用してサイト流入を増やしたり、モバイルユーザーの利便性を高めたりすることで、小売事業者は売り上げを伸ばすことができます。 情報源: ネット通販ビジネスの成長に効果的な7つの施策 | 海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ | […]

マーケ&コンサルサービス

自社ECの会員ポイントプログラムを見直すべき理屈

投稿日:
会員ポイント , BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

会員制度やポイントプログラム/マイレージプログラムといった顧客のロイヤリティを高めるCRM戦略の1つ「メンバーシップマーケティング」について解説します。 情報源: デジタルマーケで顧客ロイヤリティとLTVを向上させるCRM「メンバーシップマーケティング」入門 | 電通デジタルマーケティング 鳥の目・ […]

モバイルトレンド

インスタマーケの残念具合を引き上げるInstagramGraphAPI移行の悲劇

投稿日:
InstagramGraphAPI ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

Instagram APIの機能が廃止されることは、以前より告知されていました。しかし2018年4月に廃止された機能は、元々は2018年7月と12月に廃止予定とされていたものです。なぜ突如予定が早まったのでしょう。 今回はInstagram APIの一部機能の廃止が早まった理由、具体的にできなくなっ […]

ソーシャルログイン

ソーシャルPLUSのログイン利用状況から見るLINEログインの重要度

投稿日:
LINEログイン ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、ソーシャルログイン/ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」を導入したサイトにおいて、過去1年間(2017年2月~2018年1月)のソーシャルログイン利用回数が1100万回、利用ユーザー数が37 […]

自動接客

ファッションテックに欠かせないA.Iは、ウェブスタイリストとして自我に目覚める

投稿日:
A.I .BASE ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

(株)ジャストシステムが8日発表した「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査/2017年総集編」によると、「スマートスピーカー」の認知率は、12月度調査では70.9%となり、17年6月度調査時から半年で30ポイント近く増加していることがわかった。また、46%の人が「AI家電をぜひ購入したい」または「 […]

マーケ&コンサルサービス

フューチャーショップからモバイル決済進捗報告書(2017年版)が届く

投稿日:
モバイル決済 ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

ECサイト構築プラットフォームFutureShop2を運営する株式会社フューチャーショップは、2017年のFutureShop2の運営状況を流通総額や稼働店舗数、時間帯別購入状況等でまとめた「17の数字で振り返る2017年自社EC」を発表した。 FutureShop2全店舗の流通額は昨年から約17. […]