アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

マーケティングトレンド

アマゾンジャパン 全商品ポイント1%付与から見える強かなローカライズ | BCラボ ブランドEC研究所

第3者出品も含めて、あらゆる商品の購入には、1%のポイントを付与することを「強制的」に決定した アマゾンジャパン 。ポイント負担は「出品者側」となり、自動的な同意が求められます。独禁法抵触、プラットフォームの傲慢さなどが指摘されますが、昨今の「ローカライズ強化」への活発な動きは、仮想敵・楽天市場との競争だけではない思惑があると陰謀説を展開してみます。


Amazon Japan has decided to “compulsively” award 1% points for all product purchases, including third-party listings. Points will be paid on the “seller side” and automatic consent is required. It is pointed out that antitrust violations and arrogance of the platform are pointed out, but I will develop a conspiracy theory that the recent active movement to “ enhance localization ” is not only competition with virtual enemies / Rakuten market .



Amazon.co.jpで、全商品に5月23日から、1%のAmazonポイントが付与される。Amazon直販商品、出品者からの商品すべてが対象という。Amazon.co.jpの出品者向けポータル「セラーセントラル」で2月20日に発表されたもの。出品商品のポイント費用は出品者の負担になるとあり、出品者の間で衝撃が走っている。

情報源: ネットショッピングの支出額は前年同月比22.2%増の11,688円 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

アマゾンジャパン 日本独自のポイント施策に本格参戦する意味

昨年のPayPay100億キャンペーンから俄然注目が集まった「キャシュレス」の波は、民間企業による促進というよりは、国策として進められているキラいがあり、ローテクなQRコード決済を鬼推し推進するのも、すべては訪日外国人、とりわけ「中国人」の支払い環境にマッチさせることが目的とも思われます。

消費税増税のタイミングも相まって、キャッシュレス化を底辺民間人にも普及されるには、毎日の買い物への増税負担を軽減するという「アメ」に、ポイント提供を画策している次第で、思惑通りに進めば、そう遠くない先には、現金での支払い先こそが少なくなり、ポイント還元を目的として「複数の決済ブランド」が確立・浸透している次第です。

QRコード決済という「時代に逆光」するかのようなローテクを今更、各社が採用するのも、国策推進を手助けし、その後も継続的に利用される「国民のお財布」として選ばれる為の、エントリー行為に過ぎません。

無論アマゾンもアプリにQRコード決済対応を実装し、ECだけでなくリアルでも支払いな可能なブランドとして手を挙げた次第です。ここにアメリカ本国の意思決定要素は甚だ薄く、あくまでの日本法人の施策意思ビジョンが採用されてことを意味します。

アマゾンジャパンにとって「国民のお財布」たる役割は、ECでもリアルでも支払い手段として選ばれ、アメとしてポイントを提供する仕組みとして、認知・確立しなければならないのです。

ちなみに、アマゾンでの買い物時に、ドコモのケータイ払いを選択すれば、ドコモとアマゾンの両方でポイントが付与され、増税分の2%は消化することも可能。※今後料率設定は可能性はありますが。

国策推進の「キャシュレス化」に欠かせないQRコードという機能とポイントというアメ。訪日中国人向けとはいえ、あからさまに「WeChatPay」なんかを推進するワケにもいかず、国内企業が優遇されるでしょうが、アマゾン・ジャパンのような外資な「余所者」は、国内企業と連携することで、有利なポジションを確保し、覇権拡大の障害を少しでも排除しておく必要があります。

本国の1/3程度のアマゾンプライム会員費で、送料で支払い額の変更を気にすることなく選べ、映画もドラマもアニメも音楽も流し放題というサービスメリットを堪能できるジャパンの消費者に、ポイントまで付与する意味は、本国視点では乏しそうですが、アメを与えてもジャパンの消費者を獲得しておくべきメリットがアマゾンには存在するのです。
ローカライズが強化された意図はこちらの方が重要だったりします。


The wave of “ cashless ” that suddenly attracted attention from last year’s PayPay 10 billion campaign is not a promotion by private companies, but rather a national policy, and it is also possible to promote low-tech QR code payments It seems that the purpose is to match the payment environment of foreign visitors to Japan, especially “Chinese”.

The timing of the consumption tax hike and the spread of cashlessness to the bottom civilian are also thought to be based on providing points to “ Ame ” to reduce the tax increase burden on daily shopping If you follow the path, you will find that there are fewer cash payment destinations in the not-too-distant destination, and that “multiple payment brands” have been established and spread for the purpose of rewarding points.

The adoption of low-tech QR code payment, which seems to be “ backlit to the times, ” is now being adopted by each company to help promote national policies and to be selected as a “ public wallet ” that will be used continuously thereafter. , It is just an entry act.

Of course, Amazon has also implemented QR code payment support in their apps, raising their hands as a brand that can pay not only in EC but also in real life. Here, the decision-making elements in the United States are extremely thin, which means that the policy and vision of the Japanese corporation has been adopted.

For Amazon Japan, the role of “the wallet of the people” must be recognized and established as a mechanism for providing points as a means to be chosen as a means of payment in both EC and real life.

By the way, if you choose to pay by DOCOMO mobile phone when shopping at Amazon, points will be awarded at both DOCOMO and Amazon, and 2% of the tax increase can be used up. * There is a possibility of setting a rate in the future.

Ame: QR code functions and points that are indispensable for “cashless” national policy promotion. Although it is aimed at Chinese visitors to Japan, Japanese companies will be preferentially treated without explicitly trying to promote “ WeChatPay ”, but foreign “ extraordinary people ” like Amazon Japan will work with domestic companies So, we need to secure a favorable position and eliminate any obstacles to expanding hegemony.

With an Amazon Prime membership fee of about 1/3 of the home country, you can choose without worrying about changing the payment amount with shipping fee, points for Japanese consumers who can enjoy the unlimited service of movies, dramas, animations and music. The meaning of granting up to it seems to be scarce from the home country perspective, but there is a merit in Amazon that you should acquire Japanese consumers even if you give candy.
The intention of enhanced localization may be more important here.


グローバル市場の大海で、日本の消費者を泳がせたいアマゾン

本国Amazonにとって会員ポイントプログラムなど重視すべき顧客サービスには該当しませんが、ことジャパンにおける施策としては、国策と相まって「対応せざるを得ない」という比較的消極的な施策ではあります。なんせ海外のECシーンにおけるポイント価値は、利用者の11%程度しか有効でないのです。それでもジャパンへのローカライズ対応、すなわち「ニッポンの常識」を認めたのは、世界3位のEC市場であるジャパンの消費者を海外EC市場に巻き込むことが目的と考えられるのです。

当然ながら世界のEC市場を牽引する巨大市場は、Amazonが利用者の半分を獲得した本拠地アメリカと中国大陸です。ジャパンが世界3位とはいえ、その差は「絶対に埋まることのない差」です。

世界NO.1市場のアメリカをほぼ支配したとはいえ、僅差の2位中国市場ではそのシェアわずか1%と、アリババ王朝の前に成す術はありません。

仮にアメリカ本国でリーマンショック級の不況が突如到来したとしても、Amazon自体に壊滅的な影響には及ばないものの、利益の原資たる出品事業社の回復を待つ必要があります。これではAmazonの成長要因を阻むことに。

「もしもの場合の保険」としては、上手く立ち回れない中国は「置いといて」、先進国であり、金融機能も社会的インフラも整った「消費状況下」にあるジャパニーズたちの財布から購入されるのが最も効率的で手っ取り早い次第です。

アメリカEC利用者の実に75%は海外ECの経験者ですが、日本のソレは厳か1割程度という事実。その日本のEC市場では楽天市場やYahoo!ショッピングと分け合うとはいえ、EC利用者の半分を手中に収めている現状、利用者確保の促進として、相手の得意領域で勝負を仕掛けるという選択肢は、市場シェア拡大に合わせ、本国利益に寄与することが公算されます。

ついでに訪日中国人が利用してくれてもオイシいワケです。

リアルでもECでも隔てなく決済ブランドとして選択される可能性は、そう多くの事業者が抱けるものではありません。
EC視点ではその候補者は、AmazonPay、楽天Pay、LINEPay、実施的なYahoo!IDとなるPayPayぐらいでしょうか。キャリア決済などその他の決済ブランドや事業社は、これらのブランドの傘に収められるパートナーブランドとなるでしょう。

結論としては、アマゾンから強制されるポイント付与から逃れたとしても、消費者の選択肢に「使えるポイントの優遇」がある限りにおいて、ブランドイメージがどうであろうが、メジャーモールから離脱するという選択肢はありえないのです。

自社ECサイトに設置したAmazonPayでもポイント付与を義務付けすることも想定され、アマゾンジャパンのプラットフォームプレイヤーとしての立場は強固になりますが、そこはグッと堪えても得られる売上は無視できるレベルではなくなるでしょう。


Although it is not a customer service that should be emphasized such as a member point program for Amazon in the home country, it is a relatively passive measure that Japan has to deal with, as well as national policies. Anyway, the point value in the overseas EC scene is effective only about 11% of the users. Nevertheless, the reason for accepting localization for Japan, that is, “Nippon’s common sense”, is considered to be to involve Japanese consumers, the world’s third largest e-commerce market, in overseas e-commerce markets.

Naturally, the huge markets that drive the world’s e-commerce market are the United States and mainland China, where Amazon acquired half of its users. Although Japan ranks third in the world, the difference is “an absolutely unfilled difference.”

Despite almost dominating the United States, the world’s No. 1 market, the second-largest Chinese market has only 1% of the market, with nothing to do before the Alibaba dynasty.

Even if the Lehman shock-class recession suddenly arrives in the United States of America, it does not have a devastating effect on Amazon itself, but it is necessary to wait for the recovery of the exhibiting company that is the source of profit. This is to prevent Amazon’s growth factors.

As an “insurance insurance case,” China, which can not handle well, is purchased from wallets of Japanese people who are “ leaving out ”, developed countries, and have “ under consumption ” with financial functions and social infrastructure. Is the most efficient and quickest.

In fact, 75% of U.S. e-commerce users are experienced in overseas e-commerce, but Japan’s sole is about 10%. In the Japanese e-commerce market, even though it is shared with Rakuten Ichiba and Yahoo! Shopping, the current situation is that half of e-commerce users are in the hands, and as a way to secure users, the option of playing a game in the other party’s specialty area is It is likely that it will contribute to home profits as the market share increases.

It is also a good idea if a Chinese visit to Japan uses it.

The possibility of being selected as a payment brand in both real and e-commerce is not something that many operators have.
From an EC point of view, the candidates are AmazonPay, Rakuten Pay, LINEPay, and PayPay, a practical Yahoo! ID. Other payment brands and businesses, such as carrier billing, will be partner brands within these brand umbrellas.

The bottom line is that even if you escape from Amazon-enforced points, no matter what your brand image is, as long as your choices include “preferred points available,” the option of leaving major malls is not. It is impossible.

It is assumed that AmazonPay installed on its own EC site will also be required to give points, and Amazon Japan’s position as a platform player will be strengthened, but at that point, even if you can bear it, the sales you get will not be negligible Let’s go.



Shopify,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    デジタル接客 ニューノーマルに欠かせないヒトとECの関係性

    そもそもサイトに設置したツールを積極活用したりしてくれるユーザーなら、…

  2. データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    データ規制トレンド 事業継続リスクを高める個人情報保持数

    2020年代が データ規制トレンド にあるのは間違いなく、我が世の春を…

  3. Amazonマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    Amazonマーケティング 競争市場を勝ち抜くタフネスブランドに鍛える

    ECの覇者であり、小売の帝王となったAmazon。商品購入のためだけで…

  4. 不正アクセスと情報漏えいの方程式,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    不正アクセスと情報漏えいの方程式 に加えられるECシステムその名は、

    疑わしきすべては捜査対象とするのが警察であれば、捜査線上に上がった事件…

  5. Z世代の購買力,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    Z世代の購買力を牽引するYouTube、すべてはお前の仕業か | BCラボ ブランドEC研究所

    見聞きした時代の背景が違うワケで、世代間ギャップは隔絶のモノですが、溝…

  6. 巣ごもり消費,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    巣ごもり消費 今そこにある休眠客というお宝を掘り起こすのだ

    残念ながら、一度習慣性を失った消費行動を取り戻すことは容易ではありませ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. デジタル接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. 自社EC強化,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 総合ECモール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. アパレルEC利用実態,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP