AmazonJapan,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

メジャーモール

AmazonJapan 1.7兆円売上高も3兆円流通総額も評価されないワケ

Amazonの2010年代は「成長と支配」の軌跡でありますが、 AmazonJapan も長期的デフレ不況下の縮小市場いう逆境においても、コーマス市場の覇権を握り続け、1.7兆円もの売上と3兆円規模の流通総額を誇ることとなります。ただ、その成果が評価されるか否かは別のお話かも。

ドルベースの売上高は160億200万ドルで前期比15.7%増(2018年の日本事業売上高は138億2900万ドルで、前期比16.1%増)

情報源: アマゾン日本事業の売上高は約1.7兆円【Amazonの2019年実績まとめ】 | 大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ



アマゾンジャパン事業構成

まずはグローバルでの売上高の内訳を見てみましょう。

・仕入れ商品などの製品売上(デジタルコンテンツ含む)
 1412億4700万ドル / 前期比14.9%増
・第三者販売サービス売上(マーチャント売上手数料)
 537億6200万ドル / 前期比25.8%増
・サブスク売上(AmazonPrime会員費など)
 192億1000万ドル / 前期比35.6%増 / 1億5000万会員
・AWS
 350億2600万ドル / 前期比36.5%増
・実店舗売上
 171億9200万ドル / 前期比0.2%減
・広告など他
 140億8500万ドル / 前期比39.3%増

実店舗はまだ日本では展開されていませんし、AWSなどのクラウド事業を国別で仕分ける必要性もありません。ということで、日本事業であるアマゾンジャパンの売上高の内訳は、「直販ビジネス」「マーチャント」「プライム会員費」と想定されます。ザックリですね。

アマゾンジャパン事業成績

AmazonJapan,アマゾンジャパン,アマゾン日本事業,売上高,直販ビジネス,マーチャント売上手数料収入,定期購入サービス,アマゾンプライム会員費,
2019年売上高 1兆7442億1900万円 / 前期比13.6%増
グローバルシェア 5.7% / 前期比0.2%減

アマゾンジャパン 流通総額3兆円を握るってさ

・全体の流通額のうち4割超が第三者による販売
・手数料収入は平均して第三者の販売額の約10%
・Amazonマーケットプレイスでの日本企業流通総額は9000億円超(2018年)

ということから推測するに、ニッポンのアマゾンにおける流通総額は、3兆円規模だろうと。
謎は解けたよ、ワトソン君。


成長性に乏しい日本市場で3兆円を支配したにも関わらず、グローバルシェアが前年割れした点において、本社から厳しいご指導御鞭撻のほど賜る状況ですが、売上高自体は伸びているので、本国よりも相当安いプライム会員費やAmazonPayの手数料の見直しが予想されます。
それでも他国の成長性にスポイルされることは間違いなく、上層部へのプレッシャーは継続される見込みです。
デイワンのスピリッツに「前年割れ」など許容されるハズもありませんから。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BCラボ ブランドEC研…

    数は正義であり、規模は評価であったりしますが、どちらを有しても「売り場…

  2. シニアSNS事情,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソーシャルコマース

    シニアSNS事情 趣味も終活も健康長寿もYouTubeで情報収集

    マホ登場から10年を経過し、幅広い世代でスマホが使われていてもなんら不…

  3. インスタコマースで売上UP ,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略

    ソーシャルコマース

    インスタコマースで売上UPを狙うなら検討すべきvisumoとその導入効果

    期待に溢れかえったインスタショップナウも今やすっかり沈静化ムード。カタ…

  4. Chat接客,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    Chat接客 ユーザーの意識変化に向き合い売上に貢献する

    オフラインだからこそ実現できたサービスまでもが、ECで提供することが求…

  5. 売れるチャットコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    売れるチャットコマース 企業アカウント運用の分岐点を探る

    LINE公式アカウントへの移行に合わせて、話題に上がりつつあるのがチャ…

  6. 大型セール,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    メジャーモール

    大型セール ECイベントの恩恵は大手モールだけ説を検証

    EC界では恒例となった11月の 大型セール ですが、12月の年末商戦と…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Shufoo!の意識調査,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. YouTube,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. バーチャサイズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. ECのアプリ化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. チャット決済,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
PAGE TOP