AmazonJapan,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

メジャーモール

AmazonJapan 1.7兆円売上高も3兆円流通総額も評価されないワケ

Amazonの2010年代は「成長と支配」の軌跡でありますが、 AmazonJapan も長期的デフレ不況下の縮小市場いう逆境においても、コーマス市場の覇権を握り続け、1.7兆円もの売上と3兆円規模の流通総額を誇ることとなります。ただ、その成果が評価されるか否かは別のお話かも。

ドルベースの売上高は160億200万ドルで前期比15.7%増(2018年の日本事業売上高は138億2900万ドルで、前期比16.1%増)

情報源: アマゾン日本事業の売上高は約1.7兆円【Amazonの2019年実績まとめ】 | 大手ECモールの業績&取り組み&戦略まとめ



アマゾンジャパン事業構成

まずはグローバルでの売上高の内訳を見てみましょう。

・仕入れ商品などの製品売上(デジタルコンテンツ含む)
 1412億4700万ドル / 前期比14.9%増
・第三者販売サービス売上(マーチャント売上手数料)
 537億6200万ドル / 前期比25.8%増
・サブスク売上(AmazonPrime会員費など)
 192億1000万ドル / 前期比35.6%増 / 1億5000万会員
・AWS
 350億2600万ドル / 前期比36.5%増
・実店舗売上
 171億9200万ドル / 前期比0.2%減
・広告など他
 140億8500万ドル / 前期比39.3%増

実店舗はまだ日本では展開されていませんし、AWSなどのクラウド事業を国別で仕分ける必要性もありません。ということで、日本事業であるアマゾンジャパンの売上高の内訳は、「直販ビジネス」「マーチャント」「プライム会員費」と想定されます。ザックリですね。

アマゾンジャパン事業成績

AmazonJapan,アマゾンジャパン,アマゾン日本事業,売上高,直販ビジネス,マーチャント売上手数料収入,定期購入サービス,アマゾンプライム会員費,
2019年売上高 1兆7442億1900万円 / 前期比13.6%増
グローバルシェア 5.7% / 前期比0.2%減

アマゾンジャパン 流通総額3兆円を握るってさ

・全体の流通額のうち4割超が第三者による販売
・手数料収入は平均して第三者の販売額の約10%
・Amazonマーケットプレイスでの日本企業流通総額は9000億円超(2018年)

ということから推測するに、ニッポンのアマゾンにおける流通総額は、3兆円規模だろうと。
謎は解けたよ、ワトソン君。


成長性に乏しい日本市場で3兆円を支配したにも関わらず、グローバルシェアが前年割れした点において、本社から厳しいご指導御鞭撻のほど賜る状況ですが、売上高自体は伸びているので、本国よりも相当安いプライム会員費やAmazonPayの手数料の見直しが予想されます。
それでも他国の成長性にスポイルされることは間違いなく、上層部へのプレッシャーは継続される見込みです。
デイワンのスピリッツに「前年割れ」など許容されるハズもありませんから。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. 売れるチャットコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    売れるチャットコマース 企業アカウント運用の分岐点を探る

    LINE公式アカウントへの移行に合わせて、話題に上がりつつあるのがチャ…

  2. 越境ECのPayPal,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    越境ECのPayPal ジャパンの片隅で開国を宣言す | EC CUBE DAY 2019

    EC CUBE向けプラグインを提供したことで、ジャパンの自社ECサイト…

  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選

    従課金制移行が着目されるLINE公式アカウント。顧客とのエンゲージメン…

  4. FBAマルチチャネル,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,

    メジャーモール

    FBAマルチチャネル EC事業社が知っておくべきその先の物流シーン

    ヒトケタ台のEC化率にあって、すでに限界を向かえている物流事情。社会イ…

  5. 小売トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コマーストレンド

    セールスフォース消費レポート これがジャパンの 小売トレンド 4選

    名実共に世界NO.1のCRMツールであるセールスフォースではありますが…

  6. Cookie規制,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    Cookie規制 リタゲから王座を奪う意外な伏兵、チャットコマース

    GDPRを象徴とする個人情報規制の流れは、Googleを筆頭にしたテッ…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. 業界別平均指標,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. メールマーケティング,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. EC改善ニーズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. EC決済ブランド,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. クチコミ意識調査,レビュー,ファンくる,ECサイト意識調査,ファンくる(株式会社ROI)調べ, BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,D2CEC,
  1. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    メジャーモール

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    コマーストレンド

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    ソリューション傑作選

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP