Amazonマーケティング,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

マーケティングトレンド

Amazonマーケティング 競争市場を勝ち抜くタフネスブランドに鍛える

ECの覇者であり、小売の帝王となったAmazon。商品購入のためだけでなく、販売価格の確認、新商品との出会い、レビューによる商品リサーチと、あらゆる消費行動に接する Amazonマーケティング は、収益性の高いブランドを構築するという独自の役割を担っているのです。

Amazonは、米国で毎月2,000万人以上の個人がアクセスするトップのeコマースサイトである。今日消費者は、Amazonを商品購入のためだけに利用するのではなく、価格を確認したり、新商品を探したりと、購入したいと考えている商品をリサーチするためにも利用している。

情報源: Amazonマーケティングの基礎 ー 商品ページの最適化、広告の活用法、A+コンテンツ



INSIGHTHUB,インサイトハブ,マーケティング運用支援サービス,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


本記事からAmazonマーケティングには欠かせない重要ポイントをピックアップし、実践的なノウハウを確認してましょう。

商品ページの最適化

・明確で詳細な商品タイトル
・具体的な使用感を想起させるライフスタイル画像
・高評価を伴う多くの商品レビューの掲載

具体的にはモバイル強化前の楽天市場ライクなSEOタイトルが最適なのですね。マスク詐欺の中華出店者のようなカタコト具合がブランド毀損を招きかねませんが、まずはリーチが優先という覚悟も必要です。

広告の活用

・ページビューの分析からインサイトの考察
・CTRの最適化
・自動キャンペーンと手動キャンペーンの併走

広告クライアントになったからと言って、出店都合を優先してくれるなどの忖度は全くありませんが、アマゾン内検索の利用度の高いユーザーほど購買確度が高いということもあり、アマゾン検索で優位性を獲得するのは広告を実施するしかありません。また、競合先が有名で人気で売れ筋であるほどリーチが増えるという後出しジャンケンも成立しますので、自動配信と合わせて、思い切った入札単価で手動配信を強化するのが常套手段です。

商品説明の強化

・ブランドや商品が生み出すストーリー
・セールスポイントの視覚的訴求
・蓄積されるFAQの充実化

動画強化の推進は、どのプラットフォームでも共通ですが、アマゾンでさえもそれは例外ではありません。伝達情報量としてはテキストや画像を圧倒するのは当然としても、購買利点や商品特性をより理解したいというアマゾンユーザーのニーズを満たすに必要不可欠なコンテンツなのです。




顧客志向のAmazonにおいて、サービスアルゴリズムの変化に素早く正しく対応することは、容易なことではありません。ただし、自社商品へのロイヤリティを掲げたり、高い関心度を示すオーディエンスをAmazon内から見出すことはそう難しいことではありません。リターンの確実性こそ、Amazonへ投資すべき理由なのです。



GLOWTH TECK KK,グローステック株式会社,BCラボ,ブランドEC,B2C,ECマーケティング,マーケティング,コラム,


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  2. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  3. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  4. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  5. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…

関連記事

  1. EC通販事業課題調査,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    EC通販事業課題調査 失われた希望と野望の彼方に抱く安定志向

    ECを中心として通販事業が比較的新しい業態であることからも、時代の変化…

  2. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    不正アクセスと情報漏洩 ヤマダとコジマを襲った異なる手口とリスク | BCラボ ブランドEC研究所

    不正アクセスと情報漏洩 ニュースの常習化は、その重大性が麻痺するほどに…

  3. Cookie規制,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    チャットコマース

    Cookie規制 リタゲから王座を奪う意外な伏兵、チャットコマース

    GDPRを象徴とする個人情報規制の流れは、Googleを筆頭にしたテッ…

  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研究所

    検索の支配者であるGoogle様は、ランキング要素やアルゴリズムのネタ…

  5. ライブコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    ライブコマース これも接客術 配信前に知っておくべき3つのポイント

    中華の小売トレンドでもある ライブコマース 。ヤフーショッピングでさえ…

  6. データ規制トレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    マーケティングトレンド

    データ規制トレンド 事業継続リスクを高める個人情報保持数

    2020年代が データ規制トレンド にあるのは間違いなく、我が世の春を…




人気記事

  1. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

パーソナライズを仕組み化 / INSIGHT HUB

インサイトハブ,INSIGHTHUB,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

最近の記事

  1. Shufoo!の意識調査,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  2. YouTube,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  3. バーチャサイズ,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  4. ECのアプリ化,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  5. チャット決済,BCラボ,ブランドコマース,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,セールスプランニング,B2CEC,
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    MAツール

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングトレンド

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  4. ECリアルトレンド,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    コラム

    2020年に押さえておくべきたったひとつのECリアルトレンド
  5. Google表示速度スコア,Googel PageSpeed Insights,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    自社サイト分析

    Google表示速度スコア 「低速無反応で離脱」の激オコを代弁する
PAGE TOP