バナー広告,商品検索 ,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

EC News HeadLine

商品検索 の覇王Amazon攻略法 | BCラボ ブランドEC研究所

あらゆる情報が存在するインターネット。企業、ブランド、製品を知るために我々は「Googleで検索」することが「普通」の消費行動と思い込んでいます。確かにそれは間違いないのですが、こと 商品検索 という特定行為においては、スムーズな消費行動を減退させるノイズも沢山存在するのも事実なのです。

インターネットユーザーが消費者に変質するには、このあらゆるノイズをかき分ける必要がありますが、ことamazonで 商品検索 するにおいて、そのノイズは省かれ、適切な検討と選択が行われるようです。

Google検索でヒットしない情報はこの世に存在しないも同じですが、同様に「amazonに存在しない製品は購入できないのと一緒」という時代を迎えつつあるようです。


消費者はもちろん、ビジネスで必要な商品を購入する際、企業もAmazon(アマゾン)やAmazon Business(アマゾンビジネス)で 商品検索 を始めることが増えています。このような状況を踏まえ、アマゾンの検索結果で一番に掲載される方法を学びましょう。

情報源: プライム会員のCVRは70%以上! 商品検索エンジンと化したアマゾンで露出を増やす方法 | 海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ | Web担当者Forum



BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略


商品検索 の覇者・Amazon

Googleは世界の検索市場の80%のシェアを占めていますが、こと「商品検索」に関しては、amazonが検索エンジンを凌駕しました。消費者の52%が最初にamazonで商品検索をすると回答し、検索エンジンは22%とそのニーズを大きく下落させています。

この為、あらゆる企業、ブランドにおいて、売るべき商品がamazonに存在しないことは、機会損失を拡大させてゆくことを意味しています。

日本アマゾンでも送料の一部値上げが伝えられ、プライム会員への誘導施策とも思われますが、その会員CVRは74%という驚愕の数字をマーク。非プライム会員でさえ13%と高CVRなので、いかにamazonが「購入目的地」と化しているかは明らか。通常の自社ECでは1%、高くても3%程度が平均CVRなので、購買意欲の差は歴然。

買う気満々の消費者が集う場所を目前にして、自社の商品を並べないと判断する事業者がいるなら、相当の自信家か単なる怠惰なのか、いずれにしてもライバルの商品は、その存在を認知され、購入か購入予定のリスト入りしているのです。

ただしその巨大さから「ウチの商品に辿り着くのは奇跡に近いのでは?」という不安も当然でしょう。元記事から「amazon内で商品露出を高めるポイント」をチェックしてみましょう。

商品検索 1:商品データ

 詳細な商品データが欠かせないのはGoogleでもamazonでも一緒ですね。

・商品利点をまとめたキャッチコピー
・詳細な商品説明
・サイズや重さなどの基本情報
・5枚以上の商品画像
・商品使用や説明動画

商品検索 2:接客

 はぁ?出品すればamazonが勝手に売ってくれるんじゃないの? そうコトは簡単ではありません。

・ポジティブな商品レビューを増やす為に、レビュープログラムの活用
・販売者ランキングと検索結果に影響を及ぼすフィードバック対応
・競合先を確認し、ガイドラインに則した商品詳細文の最上級表現
・再販業者によるディスカウント価格チェック
・ブランドページの作成

商品検索3:マーケティングツールの活用

 わかりやすく言えば有料の広告利用です。

・スポンサープロダクトの出稿
・ヘッドライン検索広告/バナー広告の掲載
・商品ディスプレイ広告
・リターゲティング

商品検索4:フルフィメントの整備

 商品発送ですね。プライム会員の高CVRを実現しているのは、amazon全体のサービスへの信頼に基づくもの。特に商品発送に関して厳格性を求める為、FBAフルフィメントbyアマゾンを利用する必要性があります。
 つまりFBAを利用しないと、推定7,000万人の高CVR顧客にリーチすることは難しいでしょう。

4つのポイントが共通するもの

 実は特にamazon経済圏での特出したコツではありません。普通に自社ECを運営していれば、重視すべき視点や施策と根本的にはなんら変わりません。

 つまり、自社ECサイト運営で培ったノウハウは、amazonでも利点として機能するワケです。逆を言えば、自社ECが売れないからといってamazonに出品しようといっても成果が出る公算は少ないのですね。

 自社ECサイトに設置できるamazonログインペイメントの利用率は、サイトによっては購買者の6割にも達する事例があるように、自社サイトとamazonが「売り上げを奪い合う」状況ではありません。amazonで売れなければ自社ECも売れていないのです。

 共通して重要なのは、顧客利便性を高めるコト。

amazonを消費者リーチポイントとした施策運用はまだ本格化していません。ウェブ施策は先行者利益の享受と継続がメリット。
では、いつやるの?今でしょ






BCLab.ソリューションラインナップ








 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  2. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  3. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  4. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…
  5. Chatbot を導入すべき6つの理由とブランド導入事例 | BCラボ ブランド…

関連記事

  1. LINE公式アカウント,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. ECペイメント事情,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,,

    EC News HeadLine

    ECペイメント事情 若年層の利用動向から開かれる未来の扉 | BCラボ ブランドEC研究所

    支払い手段がないなら諦めるのが当然として、3割弱が購入行動を継続してく…

  3. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    アマゾンジャパン 全商品ポイント1%付与から見える強かなローカライズ | BCラボ ブランドEC研究…

    全商品の1%ポイントを付与することを強制的に決定した アマゾンジャパン…

  4. 令和のEC市場,2018年EC市場,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    令和のEC市場 ターニングポイントEC化率10%への攻防は長期戦へ | BCラボ ブランドEC研究所…

    平成という時代がついに拭えなかった「不況」「市場縮小」という構造変化は…

  5. AppleCard,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    AppleCard 不正アクセスを撲滅し、泥酔ショッピングを増長させる仕様 | BCラボ ブランドE…

    デバイスで世間を賑わすApple発表会ですが、サービスに徹した今回の最…

  6. 不正アクセスと情報漏洩,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    不正アクセスと情報漏洩 ヤマダとコジマを襲った異なる手口とリスク | BCラボ ブランドEC研究所

    不正アクセスと情報漏洩 ニュースの常習化は、その重大性が麻痺するほどに…




人気記事

  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. プラットフォームチャット,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  2. 不正アクセスと情報漏えいの方程式,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. EC通販事業課題調査,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. カート落ち.BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. インスタマーケツール,BCLab,BCラボ,ビーシーラボ,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC,アナリティクス,ANALYTICS PLUS,Sippli,Shopify,分析,EC成長戦略
  1. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  4. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  5. 新規獲得,ECリアルトレンド,BCLab,ECマーケティング,ECコンサルティング,ECサイト分析,AMPtoPWA,グローバルEC

    EC News HeadLine

    2019年に押さえておくべき6つのECリアルトレンド | BCラボ ブランドEC…
PAGE TOP