2018EC市場,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

EC News HeadLine

2018EC市場 18兆円規模に拡大し個人消費を支える存在に

2018EC市場 は18兆円規模で全体の6.2%に。ファッション関連(4.1%)や宿泊業(4.8%)、医療業(4.0%)よりも上で、交通(10%)、レジャー関連(8.1%)よりも下という位置付けです。10%超のインフラ化を視野に、ECへの投資は成長へと成功への架け橋というワケです。


MM総研がこのほど公表した個人消費動向に関する市場規模調査の結果によると、2018年度の個人消費市場規模の推計は約298兆円で、このうちのEC市場規模は18兆円余りと推計され、全体の6.2%となった。



2018EC市場 利用デバイス別規模

個人消費市場に占めるEC市場規模:18兆5680億円(全体6.2%)
・PC利用:12兆1350億円
・スマホ利用:5兆3370億円
・その他:1兆960億円

依然としてPC利用が市場の6割以上を占めていますが、利用デバイスの伸びを踏まえれば、ECの成長要因はスマホ利用をベースにならざるを得ません。

予測では、2024年度に27兆760億円に達するEC市場のうち、スマホ利用は12兆6500億円となる見込みでパソコン利用を抜く予想されます。牽引役は5Gという大容量回線による表現力や可能性の拡大でしょう。

またこの予測を大幅に早める要素として注視すべきは、モバイル決済・キャッシュレス決済の普及具合ですね。

2018EC市場 QRコード決済認知利用状況

最も利用するサービス
1位:PayPay:27.2%
2位:d払い:23.1%
3位:楽天Pay:15.6%
4位:LINEPay:13.8%

キャッシュレス決済のキモとしては、実店舗でのモバイルデバイスを利用した支払いであり、インフラや設備投資面を考えると、最もその普及利用率に貢献するだろうシステムが「QRコード決済」という次第です。

ご存知の通り、その普及モデルケースは中国であり、アリペイを流用したとも言われるPayPayが、認知も利用率も1位を獲得しているのも、赤字三昧なキャンペーンのお陰でもありますが、基本訪日観光客対策でアリペイと連携効果が効いているとも。

いずれにしても上位4ブランドで8割を占めるワケで、QRという簡易手段を中心にした利用客獲得の争奪戦の大勢は「決まった」と言えるでしょう。今後は交通規格系との生存争いを繰り広げつつ、ECサイトへの導入拡大展開が予想されます。

先行しつつもEC界隈だけで、利用範囲拡大に苦戦しているAmazonPayを凌駕する最大のチャンスとばかりに、今後数年間は、熾烈な天下取りの様相を眺めることとなるでしょう。

支払いのオムニ化 上位3ブランドが個人市場とECを牽引する

つまり、PayPayと楽天PayとLINEPayが個人の財布となって、実店舗でもECでもあらゆる支払いのブランドと確立し、購入時に付与される利用ポイントが、円と並行する「決済通貨」ともなり、サービスやインフラへの支払いに利用されるというのが、予想される「ちょいと先の未来」です。

日本で決済の覇権を握ること、それすなわち国際信用通貨と同等価値の通貨流通量のコントロール権を得ることになるワケで、そういった意味でも、Suicaの発行が可能となった楽天Payを中心とした楽天経済圏に身を投じるのが正しき選択なハズなのですが、始まりの一歩の楽天モバイルで「歩み出す前からコケる」という失態は、笑うに笑えないのですよ。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
  2. 【 MA事例 】ファッションECの導入成果を探ると見えてきた共通項
  3. 【 MA用語集 】明日から使えるMA通を振る舞う用語講座
  4. 【 MA導入 】MAツールをECサイトで導入すべきタイミングと規模感とは | B…
  5. サイト内検索 の機能を極めるより「接客」が合理的なワケ | BCラボ ブランドE…

関連記事

  1. カート落ち.BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    カート落ちがアナタの過ちでないと確信される5つの理由 | BCラボ ブランドEC研究所

    安心してください、あの カート落ち も、その カート落ち も、運営担当…

  2. オムニ,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    オムニに躍起なレガシーアパレルもEC全力のZOZOもブランドランク50圏外という現実に向き合おう

    オムニ チャンネル化で存在感を発揮する大手アパレルの動きと、それに反旗…

  3. 消費税増税,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    消費税増税の恩恵はECに!? 1万人調査が示す消費の行方 | BCラボ ブランドEC研究所

    余程の情勢変化でもない限り実施される 消費税増税 。令和元年10月増税…

  4. ポイントブランド,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    選ぶべき ポイントブランド その導入が選ばれるスマホECの条件 | BCラボ ブランドEC研究所

    ニッポンがポイント天国となった背景に、提供事業者の決算に関わるオトナな…

  5. アマゾンジャパン,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    アマゾンジャパン 全商品ポイント1%付与から見える強かなローカライズ | BCラボ ブランドEC研究…

    全商品の1%ポイントを付与することを強制的に決定した アマゾンジャパン…

  6. サブスクEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    マーケティングデータ

    サブスクEC 若年層で利用増加も大人世代から厳しい現状

    スマホが全世代共通した「欠かせないデバイス」となった今、サービスの利用…




人気記事

  1. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  3. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  4. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,
  5. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

次世代サイト規格対応 Sippli / シプリ

AMPtoPWA,AMP,PWA,アプリライク,Sippli,シプリ,ホームアイコン,オフライン表示,高速表示,サービスワーカー,次世代サイト規格,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,

最近の記事

  1. インバウンドビジネス,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  2. SNS Marketing,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  3. スマホだけ民,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  4. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  5. チャットコマース,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,
  1. パーソナライズEC,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    パーソナライズECが実現するオムニなマーケティング最適化
  2. 表示速度,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    自社サイト分析

    表示速度の遅いモバイルサイトに訪れる4つの悲劇とは | BCラボ ブランドEC研…
  3. 個客対応,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    Marketing Automation

    個客対応 待ったなし!MA運用で気をつけたい8つのこと | BCラボ ブランドE…
  4. EC勢力図,BCラボ,ECマーケティング,マーケティングコラム,

    EC News HeadLine

    【2019年版】 EC勢力図 国内モール・カート・システムの稼働店舗数 | BC…
  5. LINE公式アカウント運用術,BCラボ,マーケティングコラム,自社EC,ブランドEC,マーケティング運用代行,販促プランニング,

    COMMERCE TREND

    LINE公式アカウント運用術 自動化を実現するMessageAPI拡張ツール選
PAGE TOP